O-EASTに歌のチョコが飛び交った!<アイドル❤バレンタイン>ライブ放送も決定

O-EASTに歌のチョコが飛び交った!<アイドル❤バレンタイン>ライブ放送も決定

O-EASTに歌のチョコが飛び交った!<アイドル❤バレンタイン>ライブ放送も決定

バレンタインに 1日早く先駆け、アイドル・アーティスト20組が集結したイベント<アイドル❤バレンタイン>が2月13日に東京・TSUTAYA O-EASTにて開催された。スターマンビジョンがKawaiian TVとサウンドクルーの協力で開催した本イベントの模様は、後にKawaiian TVでライブ放送される。

<アイドル❤バレンタイン>フライヤー
ツイート
<アイドル❤バレンタイン>フライヤー

イベントに出演したのは、Ange☆Reve、愛乙女☆DOLL、Chu-Z、BANZAI JAPAN、CANDY GO!GO!、d-girls、Aphrodite、必殺エモモモモ!!、めっちゃ輝き隊!!、COLOR'z、No surprises、空想と妄想とキミの恋した世界、アストレイア*、AdFicTioN、ウィズプラス、中村仁美、おやすみセカイ、はぴか、松原みずき、SWAG NUTS BEATS ORCHESTRA(OA)という面々。一部出演者は<アイドル❤バレンタイン>への出場権を賭けSHOWROOMで行われた勝ち抜きイベントでチャンスをつかんでいる。

DJもアイドルが担当、HIP HOP/DANCE MUSICをベースにしたサウンドを魅力に、時に熱く、時にメロウに観客たちを煽ったSWAG NUTS BEATS ORCHESTRA。BANZAI JAPANは雅な音色に乗せ艶やかに、躍動する楽曲の上で華やかなステージングを投影。会場を煌めく宴の場へ導いた。

清純や清楚という言葉が似合うアストレイア*は、汚れなき心のまま、真っ直ぐな想いを観客たちへ届けてくれた。まさに、正統派という言葉が相応しいアイドルグループだ。ドキドキと高鳴る気持ちを膨らますように、温かい歌声を響かせた松原みずき。男装アイドルのウィズプラスが見せたのは、凛々しく力強いステージングと、ときどき零れ落ちる可愛らしさ。

激しくも幻想的、ドラマチックに物語を描く楽曲の上で、情熱抱いた歌声をぶつけたのが空想と妄想とキミの恋した世界。可愛いメンバーたちの情熱あふれるステージングに、気持ちを熱く滾らされた。温かい歌声に乗せ、心に優しさや元気を注いた、はぴか。

なんてエモーショナルなライブパフォーマンスだ。熱を持って駆ける演奏に乗せ、激情した想いをぶつけてきたAdFicTioN。熱を抱いた歌声は、確かに強く胸を揺さぶった。胸弾む軽やかさから躍動したステージングまで、つねに可愛らしさを描きながらも多彩な曲の表情を投影したおやすみセカイ。心揺れるままに歌声を優しくはべらせたのが、シンガーの中村仁美。暖かな歌声が、耳に温もりを伝えてくれた。

冒頭から観客たちと熱い掛け合いを始めた、めっちゃ輝き隊!!。グループ名通り、自分たちが…というよりも、触れた人たちに胸ときめかせる輝きを降り注ぐ彼女たち。親しみ覚える歌の数々とメンバーのキャラクターが魅力のグループだ。

身体中から沸き上がるエナジーをぶつけるように、雄々しいスステージングを見せてくれたのがNo surprises。気持ちと歌やダンスが直結。彼女たちの放つ気迫が、心や身体を嬉しく震わせる。終盤には客席へ降り、ファンたちと一緒にサークルを描く場面も。気持ちのまま弾けた姿も魅力的だった。

いつもは激しい表情を示すCANDY GO!GO!だが、この日はバレンタインのイベントという理由からか、比較的甘く親しみやすい楽曲を通しアプローチ。とはいえ、そのステージングは何時も通りとてもパワフルで挑発的。甘さを超ビターな刺激に変えてしまうところもCANDY GO!GO!らしさ。

会場を華やかなダンスフロアに塗り替えたのがd-girls。躍動するダンスビートに合わせ、脹らむ胸のドキドキ。ノンストップで繰り出す、心踊らせる歌の数々にテンションもアガりっぱなし。まさに、トキメキとハッピーを届けてくれる。

メンバーも観客たちも、身体中から沸きだす熱情をぶつけあう。華やかでキャッチー、でも、心一つになって繰り出すCOLOR'zの歌とダンスからは、魂を熱く揺さぶるギラギラとしたエナジーがあふれていた。COLOR'z、これはチェックしておきたい存在だ。

美しさの影には狂気が潜んでいる。激しく荘厳に唸る楽曲の上で悲嘆な物語を語るAphrodite。今にも壊れそうな儚い美しさと凛々しさが、激しく唸る漆黒な音の上で交錯。時折見せる美しさにも心惹かれてゆく。Aphroditeが生み出す幻想ゴシックシンフォニアな世界観が、この空間を黒い熱狂で呑み込んでいった。

つねに全力投球。その気持ちが暴走しすぎたのか、メンバーの珍☆おし子はTENGAの形をした帽子に全身金色のタイツ姿。観客巻き込み型のはちゃめちゃとしたステージングを魅力にしている必殺エモモモモ!!たが、楽曲は、どれもつかみを持ったキャッチーさ。電池満タンな女の子たちがエネルギーを持て余し騒ぐようなステージングが、とてもエモい。メンバーらのフロアへの乱入もお馴染みの風景。彼女たちの超絶明るい熱気に触発され、会場中の人たちが雄叫びを上げ、2STEPを踏みながら騒ぎ続けていた。

多様な魅力を放つメンバーたちの個性と同じように、楽曲もカラフルな色を放ちだす。Chu-Zのライブからは、気持ちを熱く鼓舞するヒップな曲から、疾走する演奏に飛び乗り届けたエモーショナルなポップチューンなど、胸はしゃぐキャッチーな歌が次々飛び出してゆく。フロアの観客たちも、メンバーの振りを真似ながら一緒に騒げば、時に肩を組みながらと、この空間で楽しむことを満喫していた。

愛乙女☆DOLLのライブは、何時も心に輝きを降り注ぐ。この日も、胸の疼く楽曲を真っ直ぐな情熱と共にぶつければ、同じく、情熱あふれるバレンタインナンバーをプレゼント。親しみ覚える姿に触れたら、沸きだす熱に心を燃やされた。そんな嬉しい衝撃を、愛乙女☆DOLLは次々と与えてゆく。ハートをドキドキ鳴らす歌の数々に、ギュッと心を抱き締める彼女たちのキュートな姿に、キュンキュンとした気持ちの高ぶりを抑えられなかった。

ベントのトリを飾ったAnge☆Reveのステージは、沸き出す感情を力強い歌とダンスに乗せ幕を開けた。熱情的なステージングに、視線が釘付けだ。熱した声を舞台へぶつけるファンたち。情熱が支配したこの空間が、とても愛おしい。途中、美しくも儚いバラードを織りまぜつつ、Ange☆Reveは曲が進むごとカラフルな歌声の絵筆で心をときめき色に染めあげていった。「あなたが好きよ」「俺もー」の声も飛び交うなど、光が集まり大きな輝きを成すように、どんどん輝きを増し続けたAnge☆Reveのライブ。まさに、“イトシラブ”な気分を味わえたステージだった。

今後もスターマンビジョンはKawaiian TV/サウンドクルーの2チームと共にイベントを開催していく予定とのこと。この日の模様はKawaiilan TVで後日放送される。

TEXT:長澤智典
編:Pop'n'Roll編集部