ミスいちご2021、いちご狩りの安全性をアピール!観光いちご農園支援のための企画を実施

ミスいちご2021、いちご狩りの安全性をアピール!観光いちご農園支援のための企画を実施

ミスいちご2021、いちご狩りの安全性をアピール!観光いちご農園支援のための企画を実施

全国各地のいちごの魅力をPRするミスいちご2021が、各農園の新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みを紹介する映像の公開や、フォトスポットの制作・提供を開始した。

この施策は、多くの観光いちご農園がハウスの常時換気を行なうなどさまざまな感染防止対策を実施しているが、なかなか伝わらない実情があり、“来園を検討している人によりわかりやすく、安全への取り組みを訴求したい”、“来園者にも感染防止対策の徹底をお願いし、双方で安全に取り組み、安心して来てもらいたい”という思いを実現するためのもの。

“直感的にわかりやすい映像の制作・提供”、“SNSを使った来園キャンペーンや、フォトスポット提供などの協力”、“そのほか、通信販売やSNSキャンペーンの支援”を実施していく。

なお、コロナ禍で各農園が集客を課題にしている状況から、これらの制作・提供は無償で行なわれる。

映像のモデルやナレーションを務めるのは、全国のミスいちごや、ファイナリストで構成されるいちごアソシエイツ。

事務局の呼びかけに高校生や大学生、現役アイドルやモデル、声優のたまごなどから多くの申し出があり、各地域ごとにチームを作って制作に臨んだという。

また撮影からナレーション、編集のほか、農園のフォトスポットの制作に至るまでのすべてを、ミスいちごと事務局スタッフが行なっている。