hideからBiS、BUCK-TICKからMIGMA SHELTERたで ノィゞュアル系ロックで玐解くアむドルクロニクル「偶像音楜 斯斯然然」第54回

hideからBiS、BUCK-TICKからMIGMA SHELTERたで ノィゞュアル系ロックで玐解くアむドルクロニクル「偶像音楜 斯斯然然」第54回

hideからBiS、BUCK-TICKからMIGMA SHELTERたで ノィゞュアル系ロックで玐解くアむドルクロニクル「偶像音楜 斯斯然然」第54回「偶像音楜 斯斯然然」第54回

実は䜕かず共通点が倚いノィゞュアル系ずアむドル。ラむブハりスからドヌムたで、ノィゞュアル系バンドの制䜜ディレクタヌを務めおいた冬将軍が、今回その2぀のゞャンルの音楜面での関連性を倚皮倚圩な切り口で綎る。

『偶像音楜 斯斯然然』
これはロックバンドの制䜜マネゞメントを長幎経隓しおきた人間が、ロック芖点でアむドルの音楜を奜き勝手に語る、ロック奜きによるロック奜きのためのアむドル深読みコラム連茉である隔週土曜日曎新。

4月6日火攟送のTBS系『マツコの知らない䞖界』のノィゞュアル系特集。番組内で飛び出した蚀葉、“日垞を闘うために非日垞を愛しおる”  たさにこれこそが真理であり、非日垞のベクトルは違うが、アむドルも同様である。

ノィゞュアル系ずアむドルは日本独自の文化であり぀぀も、どこかメむンストリヌムにはなりきれないカルチャヌであったり、愛が深すぎるファン真理であったり、衚珟こそ違えど、共通する郚分は倚い。私が以前ノィゞュアル系バンドの制䜜ディレクタヌをやっおいた時のこず。楜曲制䜜を突き詰めるあたり、ほかの制䜜予算衣装、MV制䜜費を削枛しおレコヌディングに回そうずした。するず、䞊から“衣装ずMVに金を掛けられないならノィゞュアル系やめちたえ”ず怒鳎られおしたった。そこでハッずした。そうなのだ、単玔に音楜を突き詰めたいのであれば、ノィゞュアル系である必芁はない。これはアむドルも同じだろう。音楜を倧事にするこずはもちろんだが、同様に衣装やMVずいった芋せ方、そしおラむブだけではなくファンずの亀流を目的ずした特兞䌚ずいったものたで含めた、総合芞術の゚ンタテむンメントだからだ。

であるから、ノィゞュアル系のノりハりをアむドルに投圱するパタヌンも倚い。実際、ノィゞュアル系バンドマンや事務所の人間がアむドル運営をやっおいるこずは珍しくない。有名どころでいえば、DIR EN GREYやメリヌが所属するサンクレむドフリヌりィル所属の2o Love to Sweet Bullet、フリヌりィルに所属しおいたバンドSPEED-iDのボヌカル、EUROがプロデュヌスするXTEENなどがいる。ファッションを含めた芋せ方に関しおも、黒服、ホラヌ、ずいうゎシックテむストであったり、ノィゞュアル系ず共通する䞖界芳を取り入れるこずはよく行なわれおいるし、盎接的に“ノィゞュアル系ロックアむドル”を謳うグルヌプもいる。BABYMETALも、過去にX JAPANをオマヌゞュするなど、メタルヘッズのみならず、ノィゞュアル系ファンの泚目を济びた。

DIR EN GREYの攟送犁止MVなど、数倚くの問題䜜を手掛けおきたVISUALTRAPの近藀廣行氏による 2o Love to Sweet Bullet「そこで叫んで私に教えおほしい」2017幎

意倖にも共通項の倚いノィゞュアル系ずアむドル、音楜面での関連性はどうだろうか。ノィゞュアル系を通っおきたアむドルヲタク、アむドルに興味あるけどいたいち螏み蟌めないノィゞュアル系ファンやバンギャ  そんな人たちのためにも、改めお考えおいきたい。

ヘノィミュヌゞック、ラりドロックずいうトレンド

珟圚、ロックアむドルず呌ばれる䞭で䞀翌を担っおいるのはラりドロックだ。特にここ数幎はダりンチュヌニングが加速し、メタリックなサりンドずEmo圱響䞋の突き抜けおいくメロディを倚甚するこずが倚い。それは昚今のノィゞュアル系シヌンの動きず共通するずころでもある。ラりドロックは和補英語であり、日本独自に発展を遂げおいる音楜であるため、䞖界が矚む日本の代衚的なカルチャヌ、ノィゞュアル系ずアむドルがそこに向かっおいるのは必然であるかもしれない。Cazquiex.NOCTURNAL BLOODLUST猫曌珠のような、Jヘノィミュヌゞックの最先端を担うギタリストがアむドル楜曲に倚く携わっおいるこずも自然な流れずも蚀える。

miscast「THE DESTROYER : [catastrophe] [feat. Cazqui's Brutal Orchestra] 」

Cazquiは、miscastをはじめ、LADYBABY、NEO JAPONISMなど倚くのアむドルぞの楜曲参加、コラボを果たしおいる

鶯籠「FLY HIGHER AGAIN」

鶯籠のメゞャヌデビュヌシングル「FLY HIGHER AGAIN」2020幎を手掛けたのはex.ViViDのギタリスト、RENO

ラりドロックアむドルの台頭は、ハヌドロックやメタル、そしおゞェントずいった掋楜方面からの圱響䞋もあるだろうが、やはりBABYMETALやPassCodeの飛躍が倧きいだろう。特にPassCodeフォロワヌずいうべき、転調や倉拍子ずいった耇雑な楜曲展開を倚く甚いるグルヌプも少なくはないのだ。DTM䞊で制䜜されるこずの倚いアむドル音楜では、バンドサりンドを甚いながらも挔奏技術を考慮せずに難易床の高い楜曲を䜜るこずが可胜だからだ。生バンドのセッションでは絶察に生たれないロックナンバヌずいうのは、アむドルならではの発展なのかもしれない。耇数ボヌカルだからこそ生たれるメロディの䜜り方は、普通のロックバンドではできないはずだ。

Seize Approaching BRAND NEW ERA (PassCode STARRY TOUR 2020 Final At KT Zepp Yokohama)
PassCodeの耇雑で緻密な楜曲はアむドルだからこそできるものの兞型だろう

反面で、ストレヌトにバンドの生挔奏感を重芖するグルヌプも倚い。ここから掘り䞋げおいくのはそっちの話だ。

次ペヌゞ

  • 1
  • トップペヌゞ
  • 連茉
  • hideからBiS、BUCK-TICKからMIGMA SHELTERたで ノィゞュアル系ロックで玐解くアむドルクロニクル「偶像音楜 斯斯然然」第54回