日向坂46 加藤史帆&富田鈴花、本格ホラー作品に挑む! smash.オリジナルドラマシリーズ『死幽学旅行』配信決定

日向坂46 加藤史帆&富田鈴花、本格ホラー作品に挑む! smash.オリジナルドラマシリーズ『死幽学旅行』配信決定

日向坂46 加藤史帆&富田鈴花、本格ホラー作品に挑む! smash.オリジナルドラマシリーズ『死幽学旅行』配信決定

日向坂46の加藤史帆と富田鈴花が出演するホラードラマ『死幽学旅行』の配信が、本日3月31日(水)18時よりバーティカルシアターアプリ『smash.』にてスタートする。

『死幽学旅行』
ツイート
『死幽学旅行』

同作は、加藤、富田らが初めて挑む本格ホラー作品。

楽しい修学旅行へと出発した女子高生たちは、旅の道中に立ち寄ったガソリンスタンドで、“泊まったら最後、2度と出てこられない旅館”の噂を耳にする。

仲間たちが興奮気味に話を加速させる中、主人公の須田優希(加藤史帆)は、1人浮かれない表情を浮かべる。得体のしれない恐怖と心霊現象を抱えていたのだ。

優希、そして女子高生たちを待ち受けるものとは一体?

古びた旅館を舞台に、畳のきしむ音や押し入れの隙間から覗く“何か“。背筋が凍るような”ジャパニーズホラー“要素をしっかりと組み込みながらも、スクールカーストやSNSでのいじめなど、昨今社会問題と化す“人間の持つ怖さ”も如実に表現。

目に見える恐怖と、女子高生たちの心の嘆きを立体的に描く、巧妙なホラーシリーズに仕上がっている。

原作を担当するのは、秋元康。放送作家として、原作・脚本家として、そして音楽プロデューサーとして、音楽作品や映画、ドラマシリーズなど幅広いジャンルのヒット作を世に送り出している。

昨今では、2019年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ『あなたの番です』で、企画・原作を担当。原田知世と田中圭主演のこの作品は、とあるマンションで巻き起こる“交換殺人ゲーム”を中心に、“誰が何のために仕掛けているのか“、多くの視聴者が先を予測しながらラストまで釘付けになっていった。

そんなサスペンスドラマの考察ブームを巻き起こした秋元は、多数のホラー作品を世に送り出してきたことでも有名。

代表作には、映画『着信アリ』(2004年)、『伝染歌』(2007年)、『クロユリ団地』(2013年)、『劇場霊』(2015年)などが挙げられる。

その時々の社会現象や心理描写をしっかりと反映させながら、視聴者の度肝を抜き、ラストまで観ずにはいられない仕掛けを投げ続ける秋元のサスペンス、そしてホラー作品。

彼が2021年に新たに生み出した『死幽学旅行』では、一体何が描かれ、どんなメッセージが語られるのか、楽しみにしたいところだ。

また、本作で監督を務めるのは、これまでに数々のCMやMVを演出し、国内外の賞を多数受賞してきた川上信也。

2019年に映画『最後の審判』で監督を務めたことでも知られ、短尺での映像表現を得意とする川上と、秋元とのタッグにも注目だ。

なお『smash.』では、毎週月曜日と水曜日に新たなエピソードをアップし、全30エピソードを配信する予定。

コメント

加藤史帆:
『死幽学旅行』の見どころは、追い詰められた女子生徒たちがどんどん変化していくところだと思います! 撮影は2週間という短い間でしたが本当にクラスメイト役のみんなと仲良くなれて女子高生に戻ったような気持ちになりすごく楽しかったです!

富田鈴花:
この『死幽学旅行』は、ホラーの恐怖感もあり、かつ登場人物1人ひとりが物語の中で変わっていく心情に人との繋がりを改めて考えさせられる作品です。雪の中での撮影はとても寒くて凍るかと思いましたが、みんなでだるまストーブを囲んだのがほっこりしました。たくさんの方に届くことを願っています!

川上信也:
タテ画面で観るホラー。これ、怖いです。ヨコ画面は映像を観ている安心感があります。でも、タテ画面は、窓を覗いている感覚になるんです。窓のすぐ向こうに、心霊現象に恐怖する主人公たちの息遣いや、叫び声が……新しい恐怖体験を『死幽学旅行』でたっぷり味わってください。イヤホンもお忘れなく……。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 日向坂46 加藤史帆&富田鈴花、本格ホラー作品に挑む! smash.オリジナルドラマシリーズ『死幽学旅行』配信決定