アプガ、新進気鋭の画家・腹黒ピカソとのコラボライブで切り拓いたパフォーマンスの新領域

アプガ、新進気鋭の画家・腹黒ピカソとのコラボライブで切り拓いたパフォーマンスの新領域

アプガ、新進気鋭の画家・腹黒ピカソとのコラボライブで切り拓いたパフォーマンスの新領域

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.02.11

アップアップガールズ(仮)(以下、アプガ)が、2月10日(日)に埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3にてワンマンライブ<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>を開催。このアプガの2019年最初の単独公演では、新進気鋭の画家、腹黒ピカソがライブペインティングをする中、アプガがノンストップライブを敢行するという新たな試みが行われた。2月19日に発売するトリプルA面シングル「アゲノミクス!!/キミロス/阿破乱舞」の楽曲が初披露され、また全国ツアーの詳細や、佐保明梨、関根梓のソロライブ決定など数々の発表もあり、昼公演、夜公演と1日を通じて密度の濃いライブがくり広げられた。

アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)

多くの観客が詰めかけた会場にメンバー5人が登場すると、ニューシングルからの新曲「阿破乱舞」(読み、アッパーランブ)の初披露でライブはスタート。命を燃やして狂い咲く想いを歌う和なフレイバーのポップチューンで、観客は早くも強烈にテンションをアップさせる。

MCで関根梓は、“今日のライブのタイトルの<5 to the 5th Power(5の5乗という意味)>は、2019年のアプガの合言葉でもあるんです”と声を上げた。このライブは、メンバー5人のパワーを幾重にも掛け合わせ、より大きなパワーを生み出していく2019年のアプガのファーストステップという意味合いがある。続けて関根は、“アプガは、今年で9年目に突入します。今年は、これまで出会った人たちやいろんなアーティストさんと力を合わせて、アプガをもっともっと進化させていきたいと思ってるんです”と語り、その最初のコラボアーティストの腹黒ピカソをステージに招き入れる。ステージ後方の黒い巨大キャンバスに、昼公演と夜公演を通じて彼女が1つの作品を描き上げるというのだ。関根が、“私たちのライブが進むにつれて、絵も同時進行で進んでいきます。みなさん、一緒に盛り上がっていきましょう!”と語ると、観客も大歓声で応えた。

メンバーは、キャッチーなアップチューン「PROMISE TRAIN」、ロックナンバー「キラキラミライ」、楽しさ溢れるポップソング「勝ってたいんだよ」、ディスコナンバー「アッパーディスコ」と、カラフルな楽曲を連続で披露。絵が徐々に形作られ、会場の熱気がぐんぐん上昇する中、アプガは力強いダンスナンバー「Shout!!!!!!!」、ソリッドなエレクトロニックチューン「唇はナイフ」で、カッコいい側面を見せる。ノンストップライブの勢いはさらに加速していき、怒涛の後半戦は、「アッパーカット!」「アッパーレー」「チョッパー☆チョッパー」「ジャンパー!」と、ブチアゲチューンの波状攻撃。メンバーも観客も、怒涛の汗と笑顔で振り切り度マックスだ。とどめの一撃は「愛愛ファイヤー!!」。会場全体でサビをシャウトし、最高の一体感が生まれてライブ本編は終了となった。

まだまだ熱量たっぷりの会場に、アンコールで再びメンバーが登場すると、新曲「キミロス」を初お披露目。去ってしまった人への切実な想いを、ラップを交えて歌うクールなダンスチューン。この楽曲の世界観を表現するメンバー5人の渾身のパフォーマンスに、観客もグッと引き込まれた。

MCコーナーでは、腹黒ピカソが昼の部に描いた絵のテーマについて答えていく。“アプガさんの“仮”という字の“反”には、まだ削っていない原石って意味があるんです。なので、みなさんの5色の個性の原石がどんどんいろんなことにチャレンジして飛躍するようなイメージで描いていきました”と語ると、メンバーは歓喜の声を上げた。古川小夏は、“私たちのイメージを描いてくださって嬉しいです!”と感激し、観客も大きな拍手を送る。佐保明梨は、“ライブって、なかなか絵に表せるものじゃないし、こういう感じでみんなと今日のライブを作れたのかと思ったらすごいなと思いました”と興奮気味に語った。

そして、ラストナンバーはニューシングルからの「アゲノミクス!!」。限界突破で盛り上がり続ける想いをノリノリで届けると、会場のテンションはさらにヒートアップ。最後のMCでは、新しい発表として、3月3日にAKIBAカルチャーズ劇場でのアプガの定期公演、佐保明梨と関根梓のソロライブが4月6日(佐保)と7日(関根)に初台THE DOORSで開催することが告げられた。

新井愛瞳からも、全国ツアーについての発表があった。“5月3日でアプガは8歳を迎えて、新宿BLAZE公演からツアーがスタートします。ツアーの日程と場所も決定しました。今回は東名阪に、札幌、福岡、仙台と6ヵ所回らせていただきます。ホントにツアーがやりたかったです。私たちの特徴でもある大好きなライブを、もっともっとたくさんの人と共有したいって想いがあるので、各地のみなさんとたくさんたくさん熱い空気を作っていきたいです。そのツアーが盛り上がって、もっとやってってみなさんの声があれば、もしかしたらツアーのライブの数が増えるかもしれないし、それが47都道府県ツアーになっちゃうかもしれないじゃないですか。そうなったら絶対楽しいと思うんです。5の5乗ということで、アプガファミリーのみなさんと一緒にいろんなことにチャレンジしたいし、もっともっと大好きな熱いライブをお届けしていきたいので、私たちはまだまだ突っ走っていきます。2019年は、去年以上にライブを増やせるようにしたいので、応援よろしくお願いします!”と声を上げ、会場は大きな拍手に包まれた。

アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
アップアップガールズ(仮)<アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power>|埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3(2019年2月10日)
昼公演目終了後のイラスト
昼公演目終了後のイラスト
  • トップページ
  • レポート
  • アプガ、新進気鋭の画家・腹黒ピカソとのコラボライブで切り拓いたパフォーマンスの新領域