けやき坂46、日向坂46に改名「空まで高く跳べるようにという意味も込められています」

けやき坂46、日向坂46に改名「空まで高く跳べるようにという意味も込められています」

けやき坂46、日向坂46に改名「空まで高く跳べるようにという意味も込められています」

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.02.11

けやき坂46が、日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)に改名することを発表した。

この発表は、本日2月11日(月・祝)に柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が出演した動画配信アプリ・SHOWROOMの「ひらがなからのおしらせ」内で行われたもの。

事前に今後の活動における重要な発表を行うということを告知した上で配信された同番組。

配信が始まると、メンバーが
(1)3月27日に単独シングルデビュー
(2)デビューシングルがファッションサブスクリプションサービス、メチャカリのCMソングに決定
(3)2019年3月5日(火)、3月6日(水)に、単独公演としては初めての横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブを開催
(4)単独のオフィシャルサイトとファンクラブの開設
(5)デビューカウントダウンライブのチケット先行予約決定
という発表を次々と行っていた。

SHOWROOMも終盤へ差し掛かると、スタッフより1通の手紙がメンバーに手渡される。そこにはメンバーも知らされていなかった6個目の発表が書かれていて、メンバーが“何? 何? 怖い!”と息を飲んで見守る中、準備されたサプライズ動画でグループ名が『けやき坂46』から『日向坂46』に改名することが発表された。

あまりの驚きに悲鳴を上げるメンバーもいる中、齊藤京子は“(日向坂46という名前が)めっちゃ良い! めっちゃ良い!”と喜びを爆発させた。

その後の囲み取材で、日向坂46としての意気込みを聞かれると、キャプテンの佐々木久美は“日向坂46と言う名前を聞いた時は暖かいイメージを感じました。すごく可愛い名前だし、グループカラーも空色で、空まで高く跳べるようにという意味も込められているそうで、考えてくださった方への感謝を持ちながら、その名前にふさわしいグループになれるように頑張りたいです”と、喜びと意気込みを口にした。

日向坂46はシングルデビューに向けて新たな坂道を上り始める。

SHOWROOM「ひらがなからのおしらせ」より(2019年2月11日)
SHOWROOM「ひらがなからのおしらせ」より(2019年2月11日)
SHOWROOM「ひらがなからのおしらせ」より(2019年2月11日)
SHOWROOM「ひらがなからのおしらせ」より(2019年2月11日)
日向坂46
日向坂46