ⓒ2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee

ⓒ2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee

日向坂46 丹生明里、初の長編映画声優に挑戦! 「本当に心の底から嬉しかったです」映画『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』詳細&特報映像解禁

日向坂46の丹生明里が、現在制作中の映画『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』にて、初の長編映画声優に挑戦する。

<Anime Japan2021>『DEEMO THE MOVIE』ステージより

このアナウンスは、本日3月28日(日)にオンラインで開催された<Anime Japan 2021>内のイベントステージにて発表されたもの。

同劇場アニメの原作となるアプリゲーム『DEEMO』は、全世界で累計2,800万ダウンロードを突破する人気ゲーム作品。劇場アニメ化のプロジェクトは『進撃の巨人』を世界的ヒットへと導いたポニーキャニオンとProduction I.Gグループの共同制作となる。

劇場アニメ化にあたって、主題歌とイメージソングは『Fate/Zero』や『鬼滅の刃』など数々のアニメ作品の楽曲や劇判音楽を手がけてきた梶浦由記が担当する。

この日、<Anime Japan2021>の『DEEMO THE MOVIE』ステージでは、劇場アニメ化プロジェクト発表時よりキャスティングとして唯一発表されていた主人公の女の子・アリス役を務める声優の竹達彩奈と映画の総監督を務める藤咲淳一が登壇。ステージMCのニッポン放送アナウンサー・吉田尚記のナビゲートで映画に登場する主要キャラクターの設定画が一部公開されたほか、劇場版アニメの正式タイトルが『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』に決定したことも発表。特報映像も初公開されるなど盛りだくさんな内容となった。

丹生は、作品の中では物語の鍵を握る謎多き”仮面の少女”役に抜擢。VTRコメントでは“初めてこのお話をいただいた時は本当に心の底から嬉しかったです。私が演じる仮面の少女は不思議な存在ですが、私もメンバーから「不思議だね!?」って言われるので、そこは共通点ですね”と映画に参加する喜びと見どころを語った。

また、トークの中で丹生明里のキャスティングが発表されると、以前より声優に挑戦したいと公言していた彼女の言葉を受けて、ファンからは驚きとともにお祝いの言葉がSNSや配信のコメント欄を埋め尽くしていた。

配信では、アフレコに挑戦する彼女の姿も公開されたが、現場で彼女の演技を目の当たりにした藤咲総監督は“アフレコ前はどうなるんだろうとドキドキしていましたが、丹生さんは発声もちゃんとしいる上に、演技も私の想像を超えてきたので、声優さんと同様に対等に扱おうと思って、逆に要求を上げていきました。そして、その要求にも答えてくれました”とベタ褒めのコメント。竹達彩奈も“可愛くてフニャってなっちゃいますね”と丹生明里との共演の喜びを語った。

ⓒ2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee
ツイート
ⓒ2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee

イベントの最後には、藤咲総監督が“スタッフがほんとに頑張っている作品。より優しく、切ない音楽映画になりますので、完成まで後ちょっとです”と作品の完成が迫っていることをコメント。

そして、竹達彩奈は、“ゲームの世界を1歩どころか2歩3歩飛び出して映画という形でDEEMOという作品に関わらせていただいてゲームのファンとしても本当に嬉しいです。原作ゲームのファンの皆さんにとっては数々の名曲がストーリーを彩っているのでそちらも楽しんでいただける作品となっていると思います。まだまだ発表できないことがありますが楽しみに待っていてください”と劇場公開の期待感を語った。

ⓒ2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee
ツイート
ⓒ2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 日向坂46 丹生明里、初の長編映画声優に挑戦! 「本当に心の底から嬉しかったです」映画『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』詳細&特報映像解禁