東京女子流、ステージで脱いだ!? 新曲「光るよ」の斬新な演出にファン歓喜

東京女子流、ステージで脱いだ!? 新曲「光るよ」の斬新な演出にファン歓喜

東京女子流、ステージで脱いだ!? 新曲「光るよ」の斬新な演出にファン歓喜

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.02.10

東京女子流が、2月9日にMt.RAINIER HALL 渋谷 PLEASURE PLEASUREにて行われた<新*定期ライブ>にて2月27日にリリースする新曲「光るよ」を初披露した。

メンバー庄司芽生が「光るよ」の曲振りをして暗転すると、ステージには東京女子流ではない4名の少女が登場。明転とともに4名が背を向けて1列に並び、左右に広がると、東京女子流の4人がステージに姿を表し、一糸乱れないパフォーマンスで新曲を披露した。

サビに入るタイミングで空気は豹変。メンバーが着ているコートの襟を引っ張ると、コートがすべて脱げ落ちたのだ。会場は騒然となるが、脱げたコートの下には新しい衣装が。そのままサビへ突入する演出となっていた。その光景を目の当たりにした観客は大きな歓声を上げた。

2月27日にリリースするニューシングル「光るよ/Reborn」は、これまでの東京女子流のイメージとは一線を画す作品。メンバーを含めてクリエイティヴチームが徹底的に真新しさを追求した結果、“見ちゃいけない東京女子流”というキャッチコピーとなり、“見ちゃいけない”ほど“見たくなる”演出を作ることを追い求めた作品が完成したという。

衣装制作にはメンバーの山邊未夢も参加。山邊は“今回も衣装の制作に携わらせていただいたのですが、可愛いだけじゃなくパフォーマンスに即した衣装とは何かを前提に考えたものになっています。まず、ネイビーのワンピースは少し毒があるようないつもの女子流らしい衣装ですが、衣装を脱ぐと女子流には珍しいそれぞれ色分けされている可愛らしいものになります。だけどそこにゴールドの色味があることで、ただ可愛いだけじゃなく上品さんも兼ね備えています。みなさんが女子流に抱いているイメージというものがあると思いますが、実は脱いだらすごいんです! まだ見たことない私たちを見せます!というワクワクさせる遊び心のある衣装にしました!”とコメント。

なお、ニューシングル「光るよ/Reborn」は、「光るよ」の作詞が前作に続き春ねむり、「Reborn」の作詞がSEAMOことNaoki Takadaが担当している。

メンバー含め全クリエイティブ陣が、東京女子流への想いを込めて完成させた作品。ぜひライブへ足を運んで、彼女たちが“脱ぐ”姿を観てみてほしい。

春ねむり コメント
“わたし”や“あなた”の不在をひしひしと感じる日常を壊して、音楽の中では歌って、踊って、光って、愛して、抱きしめ合うことがーーつまりわたしたちは“わたし”や“あなた”を見つけ合うことができます。その場所では命の1つひとつが輝き、それはこの世のなにより美しい光景です。ステージに立つ時に見えるそれを、なるべく正確に描写しました。

Naoki Takada コメント
“今までの楽曲のイメージを壊したい”。確かそんなイメージでのオファーだったと思います。僕自身はどこまでも振り切れるのですが(笑)。それでも、彼女たちをずっと応援してくれてるファンのみなさんには納得してもらえるような曲にしたい。そんなイメージで作詞して、出来上がったコンセプトが“羊の皮を脱ぎ捨てたアイドル”。アイドルだと思って舐めてると大火傷するぜ! 実は相当すごいんだぜ!という感じ。彼女たちはそんなポテンシャルを秘めてる、牙を隠し持ってるんじゃないかと勝手に想像を膨らませ書き上げました。新しい自分を見せるのは怖がることではなく、むしろドキドキワクワクすることなんだ。この曲を境に、新しい女子流を見せてほしい! 「Reborn」彼女たちとファンのみなさんが、ともに新しい景色を眺めることができるなら幸いです。

東京女子流<新*定期ライブ>(Mt.RAINIER HALL 渋谷 PLEASURE PLEASURE/2019年2月9日)
東京女子流<新*定期ライブ>(Mt.RAINIER HALL 渋谷 PLEASURE PLEASURE/2019年2月9日)

「光るよ/Reborn」
発売日:2019年2月27日(水)
AVCD-94288/B CD+DVD ¥2,160(税込)
AVCD-94289 CD ¥1,080(税込)

<マイナビBLITZ赤坂公演>
日程:2019年2月23日(土)
会場:マイナビBLITZ赤坂
時間:OPEN17:00 / START17:30