AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48[イベントレポート]<東日本大震災復興支援配信>で誓った“誰かのためにできること”「活動拠点に限らず、全国に元気や笑顔をお届けできる存在に」

AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48[イベントレポート]<東日本大震災復興支援配信>で誓った“誰かのためにできること”「活動拠点に限らず、全国に元気や笑顔をお届けできる存在に」

AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48[イベントレポート]<東日本大震災復興支援配信>で誓った“誰かのためにできること”「活動拠点に限らず、全国に元気や笑顔をお届けできる存在に」

2021.03.11

AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48が、東日本大震災から10年となる本日3月11日(木)にオンラインで集い、AKB48公式YouTubeチャンネルにて、<東日本大震災復興支援配信 〜誰かのためにプロジェクト 2021〜>と題したライブ配信を実施した。本記事では、同配信のオフィシャルレポートをお届けする。

AKB48G<東日本大震災復興支援配信 〜誰かのためにプロジェクト 2021〜>より

AKB48劇場から始まった配信では、AKB48グループ総監督・向井地美音が、“2011年3月11日に発生した東日本大震災から本日で10年を迎えます。震災が発生した14:46分に、48グループのメンバーで、1分間の黙祷を捧げたいと思います”と挨拶。

AKB48の1期生として、2011年より被災地支援活動を続け、メンバーの中で最多18回の参加となる峯岸みなみは、“さまざまな景色やたくさんの方の笑顔を見て心を動かされました。時が経ち、その記憶が薄れてしまうのがもどかしいので、本日のように振り返り考えることができる機会がありがたいです。改めて周りの方々に感謝して、今日という日を過ごしたいです”とコメントした。

また、峯岸に次いで17回の参加となる横山由依は、“被災地支援活動の中で、1番印象に残っているのは「365日の紙飛行機」を披露させていただいた時のことです。目の前の方が涙を流して聴いてくださっていて、歌を通して心が繋がりあえた瞬間でした。私たちは歌を通して、メッセージを伝えられるということをすごく感じました”と『誰かのためにプロジェクト』を振り返った。

再び、向井地が“会いに行けるアイドルとしてできること、「誰かのために」「未来のために」できることを、精一杯行なわせていただきました。その模様を黙祷までの間ご覧ください”と紹介し、同プロジェクトの10年の活動記録をまとめた1時間弱に及ぶ映像を公開した。

©AKB48
ツイート
©AKB48
©AKB48
ツイート
©AKB48

映像の後には、各グループの代表メンバーがそれぞれ復興支援活動についての想いを語る。

まず、劇場に集まった28人とリモート参加メンバー27人の総勢55人のメンバーが参加したAKB48。

第1回岩手県大槌町・山田町の支援活動から参加している柏木由紀は映像を観て、“印象に残っているのは震災から2ヵ月後に行った最初の訪問です。被災直後に行くことが正解なのかどうか、不安を抱えながら6人のメンバーと訪問しました。そんな中、被災地の皆様は温かく迎えてくださり、「私たちも頑張るのでAKBのみなさまも頑張ってください!」と声をかけてくださり、この活動を続けていきたいなと感じました”と、当時を振り返った。

中学生の時に震災を経験し、避難をしている時に、AKB48の訪問ライブを観て、AKB48 チーム8のオーディションを受けることを決意したという仙台市出身の佐藤朱は“被災当時は両親にも会えず、情報も少なく余震が続く中、ずっと学校で過ごしました。つらくふさぎこんでいた中、大好きなAKB48が来てくれて、歌や踊りを観ていると楽しい気持ちがたくさん湧いて貴重な経験でした”と語った。

AKB48グループは岩手県の“三陸鉄道応援大使”を務めており、今年は三陸鉄道にポスターとビデオメッセージを制作し、寄贈。3月10日(水)に行なわれた三陸鉄道の記者会見にリモート参加した福岡聖菜は“AKB48グループの思い出を詰め込んで、ポスターと動画をお贈りしました。いつかまた三陸鉄道に乗りたいですし、一緒に盛りあげる企画ができたらいいなと思います!”とコメントした。

©AKB48
ツイート
©AKB48

SKE48は、27人のメンバーが登場。キャプテンの斉藤真木子は、“私自身、まだ被災地訪問をしたことはないですが、AKB48グループの今までの支援活動を振り返る映像を観て、自分も参加したい、先輩たちがやってきた活動を繋いでいきたい”と想いを語った。

32人のメンバーが参加したNMB48からは、白間美瑠が“幅広い年齢のたくさんの方がライブに来てくださり、笑顔と温かさでいっぱいでした。逆に私たちが背中を押していただいたり、奮い立たせていただいて、素敵な機会をいただきました”とこれまでの活動を振り返った。

HKT48は、22人のメンバーが参加。田中美久が“被災地訪問に伺った時のみなさんの笑顔が今でも心に残っています。今を大切に、私たちにできることをやっていきたいと思います”とコメントした。

©AKB48
ツイート
©AKB48
©AKB48
ツイート
©AKB48

NGT48は、20人のメンバーが参加し、震災当時は小学校5年生だったという本間日陽は、“被災地支援活動を通じ、被災地のみなさまから逆にパワーをもらっていて感謝しています。私たちはこれからも被災地にパワーを届けられるように活動していきたいです”と想いを言葉にした。

STU48からは31人のメンバーが参加。キャプテンの今村美月は、“STU48は、『誰かのためにプロジェクト』の一環として被災地に向けての公演を行ないました。また、瀬戸内エリアでも2018年に西日本豪雨災害が起き、募金活動などを行ないました。活動拠点に限らず、全国に元気や笑顔をお届けできる存在になれるように、これからも活動を続けていきたいと思います”とコメント。

東日本大震災の発生時刻である14:46には一斉に黙祷を捧げ、6グループのメンバー全員で、復興支援ソング「掌が語ること」を披露。

最後に、向井地が“新型コロナウイルス感染症の影響により、満足に活動できない状況が続いておりますが、私たちアイドル・AKB48グループとして、「誰かのためにできること」を引き続き行なっていきたいと思います。2011年3月11日、今から10年前に起こったことを風化させることなく、これからも被災地支援活動を続けてまいります”と挨拶し、<東日本大震災復興支援配信>を締めくくった。

©AKB48
ツイート
©AKB48
©AKB48
ツイート
©AKB48
©AKB48
ツイート
©AKB48
©AKB48
ツイート
©AKB48
©AKB48
ツイート
©AKB48
©AKB48
ツイート
©AKB48

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48[イベントレポート]<東日本大震災復興支援配信>で誓った“誰かのためにできること”「活動拠点に限らず、全国に元気や笑顔をお届けできる存在に」