【@ JAM EXPO 2018レポート】callme、洗練された完成度の高いパフォーマンスで魅了

【@ JAM EXPO 2018レポート】callme、洗練された完成度の高いパフォーマンスで魅了

【@ JAM EXPO 2018レポート】callme、洗練された完成度の高いパフォーマンスで魅了<@JAM EXPO 2018>8月25日の「callme」キウイステージの模様をレポート

2018.09.10

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月25日のキウイステージでのcallmeのライブレポートをお届けしよう。

<@JAM EXPO 2018>8月25日「callme」キウイステージ

「Way I am」でスタートしたcallmeのステージ。無駄を一切削ぎ落としたかのような、洗練されたパフォーマンスが美しい。会場全体も自然と手拍子の数が増える。

彼女たちのパフォーマンスは、しなやかであり、ゆったりとしつつも緩急がハッキリとしている。

音色の1つひとつが煌めく「Hello No Buddy」、「In my dream」と続く。英語詞であっても発音が綺麗なため、耳馴染みがとてもいい。

細かい部分にまで神経を行き届かせ、そこに伸びのある歌声が乗ることによってパフォーマンスが完成する。

ラストは「Don't be afraid」。会場一体が手を挙げて手拍子やジャンプなど、思い思いに楽しむ姿が印象的であった。

<@JAM EXPO 2018>8月25日「callme」キウイステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月25日「callme」キウイステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「callme」キウイステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月25日「callme」キウイステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「callme」キウイステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月25日「callme」キウイステージ

取材・文:永山あるみ