大島優子[イベントレポート]アイドル時代に得たものについて語る「AKB48での活動の中で度胸がついたと思います」<ブルガリ アウローラ アワード>発表記者会見にて

大島優子[イベントレポート]アイドル時代に得たものについて語る「AKB48での活動の中で度胸がついたと思います」<ブルガリ アウローラ アワード>発表記者会見にて

大島優子[イベントレポート]アイドル時代に得たものについて語る「AKB48での活動の中で度胸がついたと思います」<ブルガリ アウローラ アワード>発表記者会見にて

大島優子、柴咲コウ、ジャーナリストの伊藤詩織が、本日3月8日(月)、女性の自由と平等を掲げる日“国際女性デー”に行なわれた<BVLGARI AVRORA AWARDS / ブルガリ アウローラ アワード>の発表記者会見に登場した。本記事では、希望やポジティブな影響を与えるインスパイアリングウーマンについてトークディスカッションを行なった同イベントの模様のオフィシャルレポートをお届けする。

イタリアでは、国際女性デーは“FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)”とされ、男性が日頃の感謝を込めて、母親やパートナー、 会社の同僚の女性たちにミモザを贈っていることから、“ミモザの日”とも呼ばれている。

<BVLGARI AVRORA AWARDS / ブルガリ アウローラ アワード>は、ブルガリが、イタリア・ローマ誕生のハイジュエラーとして、国際女性デーに<BVLGARI AVRORA AWARDS / ブルガリ アウローラ アワード>の発表記者会見を開催したもの。

2020年度<ブルガリ アウローラ アワード>受賞者(推薦者:キャスティング・ディレクター、演出家:奈良橋陽子)の大島は、自身の貴重な経験や同アワードに対する想いを以下のように語った。

大島優子:
人生の中で大半を占めていたAKB48での活動の中で、自分が長けている部分を見つけなければならなかったこと、そして売れていなかった時代から仲間と一緒に手を取り合って成長し努力してきたことで、度胸がついたと思います。これからも新しいものにはどんどんチャレンジして吸収し、自分の経験にしていきたいと思います。本受賞を通して、これまでの人生や選んできたことに対して〇(マル)をいただけた気持ちになり、自信や勇気をもらいました。<アウローラ アワード>を受賞させていただき、自分自身のことを信じる強さをいただきました。今後も<アウローラアワード>にはたくさんの女性に勇気と自信を与えるような存在でいてほしいなと思います。

2016年度<ブルガリ アウローラ アワード>受賞者(推薦者:写真家 操上和美)の柴咲は、女性の輝く社会などのトークを通して同アワードへの想いを次のように話した。

柴咲コウ:
この1年で社会は大きくさま変わりし、どのように変えていくべきか、課題を突きつけられていますが、ピンチはチャンスと捉えて、こういう時だからこそ周りの人と手を取り合って協力して生きていこうという気概に繋がると思います。<アウローラアワード>を受賞することでさまざまな活動に注目が集まり、みんなで共有することができます。また、女性というのは共感力が強みで、心の深いところでくみ取って発信していく強さがあると思うので、職種や活動を超えて活躍していらっしゃる女性にまたスポットを当てていただけるといいなと思います。

2020年度<ブルガリ アウローラ アワード>受賞者(推薦者:音楽家 坂本龍一)の伊藤は、自身にとってのインスパイアリングウーマンや受賞の喜びを次のように述べた。

伊藤詩織:
世界中にたくさんのロールモデルがいますが、共通しているのは想像力があるところです。想像力があるからこそ相手の立場に立って考えることができます。そして自分の感じたことを信じて、その信念に基づいて行動する行動力のある方もとてもインスパイアリングだと思います。<ブルガリ アウローラア ワード>は、色々な分野からさまざまな女性が選ばれているということがとても素晴らしく、新しい発見ができる機会になると思っているので、今後も楽しみにしています。

なお、ブルガリジャパン代表取締役社長のウォルター・ボロニーノは、次のようにコメントを述べている。

ウォルター・ボロニーノ:
国際女性デーである今日、経済、文化、政治の世界で活躍する日本の女性たちに称賛を送りたいと思います。社会が急速に変容している今、今日という日は女性だけでなく、私たちみんなにとって大切な日です。そのように意義深い日をみなさまとともに祝福し、また第6回を迎える<ブルガリ アウローラ アワード>の発表ができますことを大変嬉しく存じます。<ブルガリ アウローラ アワード>は現代社会で女性が果たす役割を讃えたい、という願いから創設されました。知性、情熱、創造力に満ち溢れ、ポジティブに行動を起こす女性たちは、いつの時代も、今のように困難に直面している時でさえも、常にブルガリのインスピレーションの源でした。パンデミックの最中、勇気と不屈の精神をたずさえ心を1つにすることが、かつてない程に大切だ、ということを実感しました。困難が私たちを1つにし、復活力や忍耐力、創造力を育むという希望に満ちたメッセージを分かち合うことができれば幸いです。暗闇のなかにあっても、常に光は戻らんとしているのです。<ブルガリ アウローラ アワード>は、ローマ神話に登場する曙の女神であり、知性と創造性の光のシンボル“アウローラ”よりその名を冠しました。本アワードを通して、周りに影響を与える女性たちに光を当てることでに秘めたるものを発揮できるようになり、その姿がより多くの人々にインスパイアを与え、そしてそれぞれの夢を追求しさらには実現するきっかけとなることを願っております。ブルガリは女性たちの情熱、創造力を讃え、世に紹介し、そしてジェンダー・イクオリティーが社会全体に恩恵を与えるという前向きなメッセージを今後も後押ししてきたいと考えております。

<BVLGARI AVRORA AWARDS / ブルガリ アウローラ アワード 発表記者会見>(2021年3月8日)
ツイート
<BVLGARI AVRORA AWARDS / ブルガリ アウローラ アワード 発表記者会見>(2021年3月8日)
  • トップページ
  • レポート
  • 大島優子[イベントレポート]アイドル時代に得たものについて語る「AKB48での活動の中で度胸がついたと思います」<ブルガリ アウローラ アワード>発表記者会見にて