マジカル・パンチライン 沖口優奈[インタビュー前編]プロデューサーとしてグループを導く決意の正体「アイドルを続けたいというよりマジパンを続けたい」

マジカル・パンチライン 沖口優奈[インタビュー前編]プロデューサーとしてグループを導く決意の正体「アイドルを続けたいというよりマジパンを続けたい」

マジカル・パンチライン 沖口優奈[インタビュー前編]プロデューサーとしてグループを導く決意の正体「アイドルを続けたいというよりマジパンを続けたい」沖口優奈(マジカル・パンチライン)インタビュー前編

2021年2月より新メンバーとして益田珠希、山本花奈、宇佐美空来を迎え入れ、6名での活動をスタートさせたマジカル・パンチライン。この新体制では、唯一のオリジナルメンバーである沖口優奈は、リーダーのみならずプロデューサーにも就任し、これまで以上にマジパンを強く牽引していく存在になっている。今回、Pop’n’Rollでは、マジパン変革期真っ只中の沖口にソロインタビューを敢行。前編となる本日は、浅野杏奈、小山リーナ、清水ひまわりの卒業を受けてもグループを辞めなかった理由をはじめ、新メンバーや新体制に対する本心を語ってもらうことを通じて、新生マジカル・パンチラインをさらなる高みに導こうとしている沖口の覚悟の正体に迫る。

編集協力:竹内伸一

沖口優奈(マジカル・パンチライン)

今考えてみると、意地になっていたんだと思います(笑)

――マジカル・パンチラインはメンバー3人が卒業して新体制となりました。3人が卒業することを聞いた時の心境を教えてください。

沖口:
事務所の方から最初にその話を聞いた時は、“えっ!? ”ってビックリしました。“卒業する子がいる”って言われて、よくよく聞いたら“3人卒業する”って。卒業するメンバーがいるとは思っていなかったんで、ホントに驚きましたし、同時に“じゃあ、グループはどうなるの?”とも思いました。しかも、その時点では、グループが存続するかすらまだ決まっていなかったんです。だから、3人が卒業するだけじゃなくて、グループが解散するかもしれないってことで、自分の将来や仕事に対して不安になりました……とにかく“どうしたらいいんだろう?”っていう感じでした。

――グループの存続もわからなかったんですね。

沖口:
それで、しばらく経ってからグループは存続させてもらえるってことにはなったんですけど、メインボーカルは卒業しちゃうし、そもそも私の同期のメンバーはみんな卒業しちゃうし。残ったメンバーは、私と、後から入ってきた“はるゆら”(吉澤悠華、吉田優良里)なので、年齢差もあるし、どうしたものかなって(笑)。でも、その時はグループが続くことがすごく嬉しかったです。私、3人が卒業すると聞いた時、“じゃあ、自分も卒業します”っていう考えには、1mmもならなかったんですよ。アイドルを続けたいっていう気持ちしかなかったので、グループを続けられるのはなんだか奇跡的なことだなって思って。これは頑張るしかないなっていう気持ちになりました。

――アイドルを続けるという気持ちはブレなかった?

沖口:
そうですね。事務所の方から“3人は卒業すると言っているけど、どうする? 将来はどうしたい?”って聞かれたんです。私は“マジパンを続けたいんです”って頑固に言いました。事務所の方が困った笑顔になるくらい(笑)。“私はアイドルを続けたいというより、マジパンを続けたいです”ってずっと言い続けていました。レコード会社の担当の方にも“私は10年後にもアイドルをやっていたいです”ってお話して。そうしたら、“沖口には、10年後もアイドルをやってほしい”っていう言葉もいただいたので、もう頑張るしかないなと。

――アイドルを続けるのではなくて、マジパンを続けたいと思ったのはなぜなんでしょうか?

沖口:
その時は、グループに対する愛着があるからだと思っていたんですけど、今考えてみると、意地になっていたんだと思います(笑)。その話を聞いた時はまだ22歳でしたけど、その年齢になって、ここから今までやってきたマジパンがなくなったら、自分はどうなるんだろうと考えたんです。東京に上京する時も、進学せずにマジパン1本に懸けて(大阪から)出て来ましたし、5年間やってきたという経験に対する意地と、マジパンでまだやりたいことができていないから……。Zeppでライブがやりたい、ドームツアーがやりたいっていう夢を叶えるのは、ほかのグループでじゃなくて、マジパンで叶えたい。そんな意地だけで続けたいって言ったんだと思います(笑)。

沖口優奈(マジカル・パンチライン)
ツイート
沖口優奈(マジカル・パンチライン)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • マジカル・パンチライン 沖口優奈[インタビュー前編]プロデューサーとしてグループを導く決意の正体「アイドルを続けたいというよりマジパンを続けたい」