川島海荷[レポート]舞台<ぼくの名前はズッキーニ>「この童顔を自信にやっていきたいと思います」ゲネプロ終演後の心境を語る

川島海荷[レポート]舞台<ぼくの名前はズッキーニ>「この童顔を自信にやっていきたいと思います」ゲネプロ終演後の心境を語る

川島海荷[レポート]舞台<ぼくの名前はズッキーニ>「この童顔を自信にやっていきたいと思います」ゲネプロ終演後の心境を語る

川島海荷が出演する舞台<ぼくの名前はズッキーニ>が、2月28日(日)より東京・よみうり大手町ホールにて開幕した。初日前日となる27日(土)に同劇場にてゲネプロが公開され、主演を務めるジャニーズの実力派グループ“ふぉ~ゆ~”の辰巳雄大らが本番さながらの熱のこもった芝居を披露した。本記事では、同舞台のゲネプロのオフィシャルレポートをお届けする。

舞台<ぼくの名前はズッキーニ>ゲネプロより

同作は、児童養護施設で育ったズッキーニと呼ばれる少年とその仲間たちの成長を描いた物語。3方、そして床を黒板で囲まれただけでそれ以上のセットはほぼ存在しない舞台上で上演された。

ズッキーニはシモン(稲葉友)やカミーユ(川島海荷)ら子どもたち、そして彼らを見守る警察官のレイモン(平田満)ら大人たちが思い思いにチョークで場面説明やそれぞれの心情をチョークで壁や床に描く。

物語は、彼らがなぜこの児童養護施設に送られたのか、家族との厳しく切ない関係にも踏み込んで、ズッキーニが迎える運命について語られている。

ゲネプロ終演後の取材では、辰巳、川島、稲葉、平田、そして脚本・演出を手掛けたノゾエ征爾らが出席し、初日を明日に控えた今の心境を語った。

辰巳は“今こうしてステージに立てていること、ものすごく濃密な稽古を重ねた上でここに立てていること、そして明日初日を迎えられること、まずそこにホッとしています、1人でも多くの方に作品を届けられるということに胸が躍っています”と言葉にした。

また、6歳児を演じるということについて心境を聞かれると、“子どもを大人たちが演じるという部分で、自分が愛している「演劇」をやらせていただいているなという実感を感じていました”と語った。

だが、稽古では当初なかなかウマくいかなかったようで、“最初の方は、子供らしくしすぎちゃって。稽古をやっていく上で、どんどん要らないものを排除していくことで子どもっぽくなっていった”と振り返った。

役作りに1番参考になったのは、ズッキーニと同じ6歳の姪の存在だと語る。“雄くん、カッコいい!という姪っ子の混じりっ気のない無邪気な一言が参考になりました”と明かした。

続けて川島は、誰よりも小柄で童顔という見た目から、6歳児を演じることについて“逆に恥ずかしいです。この公演期間に27歳になるのですが、(衣裳が)スゴイ似合ってます、と言ってもらえるので、この童顔を自信にやっていきたいと思います”と照れ笑いを浮かべていた。

一方、稲葉は、同じ6歳でも少しとんがった役どころのため、髪型はリーゼントでキメているが、“子どもらしく(頬に)チークを入れてまして”と笑う。

その発言に辰巳も“2人でチークの濃さを研究しているんです、そんな2人の様子を平田さんに見守ってもらっています”と楽屋での風景を説明した。

話を振られた平田は、“とても微笑ましいです”と笑顔でコメント。

また、ノゾエは“大人になって失ったものやなくしたもの、もしくは失くしたくなかったものもあるだろうし……改めて子ども役に対峙した時に、その儚さとかそういうのが、俳優の体からこぼれてくるといいなぁと思って”と子ども役を大人がやるという演出について、こだわりを語った。

公演は、3月14日(日)まで東京・よみうり大手町ホールにて上演され、その後、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて3月19日(金)から21日(日)まで上演される。

舞台<ぼくの名前はズッキーニ>ゲネプロより
ツイート
舞台<ぼくの名前はズッキーニ>ゲネプロより
舞台<ぼくの名前はズッキーニ>ゲネプロより
ツイート
舞台<ぼくの名前はズッキーニ>ゲネプロより

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 川島海荷[レポート]舞台<ぼくの名前はズッキーニ>「この童顔を自信にやっていきたいと思います」ゲネプロ終演後の心境を語る