©NMB48 撮影:東由樹

©NMB48 撮影:東由樹

NMB48[配信イベントレポート]6チームが運の強さで真剣勝負!

NMB48が、2月28日(日)に<NAMBATTLE配信イベント#5 〜運〜>を開催した。NMB48がさらなる活性化のために始動した新プロジェクト『NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜!』。この日は、そのチーム対抗バトル配信イベントの第5回目となった。本記事では、同配信イベントのオフィシャルレポートをお届けする。

チーム対抗バトル配信イベントは、各グループから代表メンバー2名が出演し、“運”“体”“知”“伝”“笑”の5つのテーマに沿ったバトルで激突。順位に応じた数のナンバッジが獲得できるという内容となる。

ラストとなる今回のテーマは“運”。出演メンバーは「LeopAje(レオパージュ)」から菖蒲まりんと和田海佑、「みっくすじゅーす」から小川結夏と南羽諒、「W1N-C(ウインク)」から岡本怜奈と山本望叶、「きゅんmart」から渋谷凪咲と本郷柚巴、「ちょうぜつかわE」から泉綾乃と平山真衣、「FRONTIER」から鵜野みずきと瓶野神音の12名。

MCは、3月3日(水)に卒業コンサートを控えている山本彩加が担当した。

最初のバトルは、まさに運試しの基本中の基本“あみだくじ”。場所を選ぶのもジャンケンで決めるという、すべてが“運”まかせとなる。

ジャンケンの結果、小川(みっくすじゅーす)、泉(ちょうぜつかわE)、渋谷(きゅんmart)、瓶野(FRONTIER)、山本(W1N-C)、和田(LeopAje)の順番で場所を選択。結果は、FRONTIERが5ポイント、W1N-Cが4ポイント、ちょうぜつかわEが3ポイント、きゅんmartが2ポイント、LeopAjeが1ポイント、みっくすじゅーすは0ポイントとなった。

2種目目は“プレゼントバトル”。大きさの異なる箱を選び、中に書かれたポイント数が獲得できるというもの。ジャンケンで順番を決め、岡本がオレンジの箱、平山が小さめの黒い箱、菖蒲がリボンの付いた大きな袋、本郷もリボン付きの赤い箱を選び、ダンボール好きの南は“これに決めてたんです!”と大きいダンボールが残っていて思わず笑顔になった。最後の鵜野が残った白い箱を選び、開封した結果、きゅんmartが5ポイント、ちょうぜつかわEが4ポイント、W1N-Cが3ポイント、FRONTIERが2ポイント、LeopAjeが1ポイントを獲得。ダンボールを選んでテンションが上がったみっくすじゅーすは“あみだくじバトル”に続いて今回も0ポイント。

続いては、運試しの定番ゲーム『黒ひげ危機一髪』を使った“飛んだらアウト!黒ひげバトル”。テーブルに並べられた6個の“黒ひげ”に同時に剣を刺していって、飛んだ時点で脱落というルール。泉が1本目で早くも脱落したのをはじめ、次々と脱落する中、渋谷と瓶野の一騎討ちに。9本目で渋谷が脱落するが、故障の可能性もあるということで瓶野は残りの剣を刺して検証。なんとすべて刺しても飛び出さなかったということでノーゲームとなり、全員によるジャンケンでポイントを決めることとなった。結果、FRONTIERが5ポイント、W1N-Cが4ポイント、LeopAjeが3ポイント、みっくすじゅーすが2ポイント、ちょうぜつかわEが1ポイント、黒ひげで健闘していたきゅんmart(渋谷)は0ポイントに。

最後の種目は“サイコロバトル”。サイコロを3つ振って出た目の数がポイントになるため、一発逆転の可能性も。各チームが2ターン行なう中、1ターン目に鵜野が17(6+6+5)の高得点、2クール目の瓶野が14を出したFRONTIERが31ポイントでトップに。そのほかは、ちょうぜつかわEが25ポイント、LeopAjeとW1N-Cときゅんmartが24ポイントで並び、みっくすじゅーすは23ポイントでわずかに及ばず。

4つの種目を終えた最終結果は、43ポイントのFRONTIERが1位となり5ナンバッジを獲得。以下、35ポイントでW1N-Cが2位 (4ナンバッジ獲得)、33ポイントでちょうぜつかわEが3位(3ナンバッジ獲得)、31ポイントできゅんmartが4位(2ナンバッジ獲得)、29ポイントでLeopAjeが5位(1ナンバッジ獲得)、そしてみっくすじゅーすが25ポイントで6位(0ナンバッジ)となった。

続けて、金子剛劇場支配人から“ファン投票”4クール目の結果発表が行なわれ、1位がW1N-C(4,523票)で5ナンバッジを獲得。以下、2位がきゅんmart(4,034票)で4ナンバッジ、3位がFRONTIER(2,881票/獲得票数2,521票にメンバーが少ない分の加算票360票を合わせた数)で3ナンバッジ、4位がみっくすじゅーす(2,596票)で2ナンバッジ、5位がLeopAje(1,996票)で1ナンバッジを獲得した。6位となったちょうぜつかわE(1,735票)はナンバッジを獲得することはできなかった。

©NMB48 撮影:東由樹
ツイート
©NMB48 撮影:東由樹
©NMB48 撮影:東由樹
ツイート
©NMB48 撮影:東由樹
©NMB48 撮影:東由樹
ツイート
©NMB48 撮影:東由樹

2月28日の時点で、バトル種目3つのうち<劇場公演><配信イベント>の2つが終了。

<劇場公演>は、W1N-Cが1クール目から3クール目まですべて1位となり、合計30ナンバッジを獲得。2位のきゅんmartも3クールすべて2位と健闘して24ナンバッジを手に入れた。以下、LeopAjeとみっくすじゅーすが14ナンバッジ獲得で3位タイ、5位が8ナンバッジ獲得のちょうぜつかわE、6位が6ナンバッジ獲得のFRONTIERという順位となっている。

5週にわたって行なわれた<配信イベント>では、“運”“体”“知”“伝”“笑”“運”の5つのテーマに沿ったバトルを実施し、ちょうぜつかわEが16ナンバッジで獲得数最多。そのあとを14ナンバッジのFRONTIER、13ナンバッジのきゅんmartが続き、LeopAjeとみっくすじゅーすとW1N-Cが12ナンバッジで並ぶという接戦になっている。

“ファン投票”は4クール目まで終了。1クール目&2クール目で1位だったきゅんmartと3クール目&4クール目で1位だったW1N-Cが18ナンバッジで並び、11ナンバッジのFRONTIERが3位、9ナンバッジのみっくすじゅーすが4位、3ナンバッジのLeopAjeが5位、1ナンバッジのちょうぜつかわEが6位となっている。

“ファン投票”は5クール目が3月1日(月)10時からスタートしており、投票締め切りは決勝大会が行なわれる3月2日(火)15時。短期決戦だが、ここでのナンバッジ獲得数も最終結果に影響を与えそうだ。

そして、3月2日(火)はいよいよ『NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜』の決勝大会が大阪・オリックス劇場で開催される。司会はミサイルマンの岩部彰と西代洋が担当し、3月3日(水)に卒業コンサートを行なう山本彩加がアシスタントを務める。

決勝大会の内容も決定。まずは<NAMBATTLE 〜舞〜>。グループごとのパフォーマンスバトルでの審査員の採点により順位が決まり、順位に応じたバッジ数を獲得できる。審査員はakane(振付師)、SEIGO(コンサート演出)、スミス(映像演出家)、平賀哲雄(音楽ライター)の4名。獲得できるナンバッジの数は、1位が15個、2位が10個、3位が8個、4位が6個、5位が4個、6位が2個と<劇場公演>よりも多くなっている。

<NAMBATTLE 〜愛〜>は、NMB48に関わる内容のクイズバトル。1問正解につき、2ナンバッジを獲得できる。

<NAMBATTLE 〜挑〜>は、チャレンジ企画バトル。各グループがチャレンジできるのは1回だけ。難易度に応じたバッジ数(最大20ナンバッジ)を獲得できるので、何を選ぶかも重要だ。

そして“ファン投票”5クール目の結果発表も行なわれる。3月1日(月)10時から2日(火)15時までの短期決戦だが、1位:15ナンバッジ、2位:10ナンバッジ、3位:8ナンバッジ、4位:6ナンバッジ、5位:4ナンバッジ、6位:2ナンバッジと、これまでの4クールよりも獲得数が多くなっている。

現在のナンバッジ獲得数は、1位のW1N-Cが60ナンバッジ、2位のきゅんmartが55ナンバッジ、3位のみっくすじゅーすが35ナンバッジ、4位のFRONTIERが31ナンバッジ、5位のLeopAjeが29ナンバッジ、6位のちょうぜつかわEが25ナンバッジ。W1N-Cときゅんmartをほかの4グループが追う形となっているが、決勝大会で獲得できるナンバッジの数は多いので、大波乱が起こる可能性もある。

およそ1ヵ月にわたるバトルを通じての各グループの成長、そして最終結果を見届けてもらいたい。

関連リンク