©NMB48/撮影:東由樹

©NMB48/撮影:東由樹

NMB48[ライブレポート]大きな成長を見せつけた堂々パフォーマンス!<NAMBATTLE公演〜舞〜LeopAje>

NMB48が、2月12日(金)に<NAMBATTLE公演〜舞〜LeopAje>を開催した。NMB48がさらなる活性化のために始動した新プロジェクト『NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜!』。今回の公演には、リーダーの貞野遥香(サファイア)、石田優美(ルビー)、北村真菜(ムーンストーン)、菖蒲まりん(アクアマリン)、南波陽向(エメラルド)、堀詩音(パール)、横野すみれ(アメジスト)、和田海佑(ダイヤモンド)の8人によるLeopAje(レオパージュ)が出演。オープニングから堂々としたパフォーマンスを展開し、大きな成長を見せつけた。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

LeopAjeのステージは、横野と和田がWセンターを務める「だってだってだって」でスタート。

そして、北村と南波のWセンターによる「冬将軍のリグレット」を挟み、「恋なんかNo thank you!」へ。「恋なんかNo thank you!」で早くも2曲目のセンターに立った横野は、序盤から華のあるパフォーマンスを見せつける。その姿からは、グループのエースとしての風格が感じられた。

セクシーさとダンスが魅力としている、LeopAje。自己紹介の後には、2チームに分かれて“セクシーダンスリレー”対決を実施。6人目の南波が失敗し、ゲームは終了となったが、石田が“個性豊かなメンバーですけど存分に出し切ってない部分があるので、2クール目の公演でいろいろ発見してもらえたらいいなと思ってます。元気とパワーと刺激をお届けできるような公演をしていきたいです”とグループの良さをアピールした。

菖蒲がセンターを務め、じっくりと聴かせる「365日の紙飛行機」でライブを再開。

「全力グローイングアップ」では笑顔いっぱいの貞野が、「まさかシンガポール」ではグループ最年少の北村が、「床の間正座娘」では表現豊かな堀がセンターを務め、担当宝石同様、キラキラとしたパフォーマンスでファンを魅了した。

北村は“私は1番年下なんですけど、メンバーに甘えるんじゃなくて、自分が引っ張っていけるようになりたい。NAMBATTLEを勝って、MVを撮って、嬉し涙で終わりたいです”と頼もしいコメントで意気込む。

一方、2期生の石田は“後輩メンバーの涙してる姿を見てると心苦しくて……、私はここの中で1番先輩だし、ステージに立ってる回数や経験も1番多いはずなのに力不足で反省しています”と言葉を詰まらせながら悔しい気持ちを伝え、続けて“負けず嫌いのメンバーが揃っているので、悔しさをバネにまだまだ成長すると思っているので、その姿を見せていきたい”と前向きな想いも語り、自身がセンターを務める「難波愛」で本編を締めくくった。

©NMB48/撮影:東由樹
ツイート
©NMB48/撮影:東由樹

全グループ共通の本編に対して、アンコールの楽曲は各グループのメンバーがセレクトする自由枠。

LeopAjeが選んだ3曲「Teacher Teacher」、「Ruby」、「Don’t look back」はいずれも激しいダンスナンバー。敢えて難易度が高い曲を選んだところにもやる気とチャレンジ精神が感じられた。

1クール目に失敗した「Don’t look back」のアクロバットも見事成功させ、技術面、体力面でも大きな成長をしっかりと見せた。

2クール目の審査員はSUGI-V(音楽プロデューサー)、まちゃあき(エグスプロージョン)、AKIRA(NMB48チーフダンスインストラクター)の3名。SUGI-Vは“中盤から良くなりました。セクシー路線の曲、アンコールの3曲がものすごく良かったです”と82点。まちゃあきは“オープニングから堂々として見えました。言葉のないイントロ、間奏こそ表情や表現をまだまだ伸ばしていけると思います”と90点を付けた。AKIRAは“前回よりは揃って見えました。アンコールの雰囲気、表現、さらにメリハリをつけることができたと思います。和田はよく練習してきたと思います”と71点。合計243点で、2クール目は第3位に輝いた。

1クール目の同率5位からのランクアップにメンバーたちの目からは思わず涙が溢れていた。

今回で全グループの順位が確定。2クール目の1位は259点でW1N-C(10ナンバッジ獲得)、2位が244点のきゅんmart(8ナンバッジ獲得)、同率3位が243点でLeopAjeとみっくすじゅーす(それぞれ6ナンバッジ獲得)、5位が241点でちょうぜつかわE(2ナンバッジ獲得)、6位が240点でFRONTIER(1ナンバッジ獲得)となった。

2位から6位は僅差となっており、1点の重みを実感する展開をみせた2クール目となった。

©NMB48/撮影:東由樹
ツイート
©NMB48/撮影:東由樹

公演直後のメンバーコメント(代表2名)

和田海佑:
これまでめちゃくちゃみなさんと練習してきて、最後、AKIRA先生に褒められて嬉しかったです。次は1位目指して、また頑張ります!

南波陽向:
リハの時間からみんなで“ここはちゃんと合わそう!”ってこと細かに合わせたりして、6期生で話し合ったりもしました。海佑ちゃん、ホンマに頑張ったよ。

和田海佑:
いやぁ、まだまだこれからです!

南波陽向:
3クール目は審査員が4人になるので不安はありますけど、LeopAjeは1位を取るので、みなさんいっぱい応援よろしくお願いします!

  • トップページ
  • レポート
  • NMB48[ライブレポート]大きな成長を見せつけた堂々パフォーマンス!<NAMBATTLE公演〜舞〜LeopAje>