<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ

<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】いぎなり東北産、初の@JAM EXPOで存在感を見せつける<@JAM EXPO 2018>8月25日の「いぎなり東北産」ピーチステージの模様をレポート

2018.09.10

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月25日のピーチステージでのいぎなり東北産のライブレポートをお届けしよう。

<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ

東北を中心に活動しているいぎなり東北産。“いぎなり”とは宮城の方言で“たいへん”“とても”“すごく”などの意味が込められている。

この日のいぎなり東北産は、初の@JAM EXPOということもあり、気合い十分。

“ピーチステージ盛り上がっていくぞー!”という掛け声とともに元気に登場し、「乾杯ニッポン」からスタート。

続く「いただきランチャー」は、

君の推しってさ(誰?)
私じゃないの? そうでしょ? (そう)

君の声届いてるからね
もっと聴かせて私だけの応援を

という、ファンとアイドルの関係性を連想させるかのような歌詞が印象的。

ラストは「PaPa」。3曲というショートステージではあったが、その存在感を十分に知らしめさせていた。

<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「いぎなり東北産」ピーチステージ

取材・文:永山あるみ