©AbemaTV,Inc.

©AbemaTV,Inc.

AKB48 入山杏奈、“好きなタイプ”について持論を展開「見た目って結局“入れ物”だから中身の方が大事」ABEMA『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』#11配信

指原莉乃が出演する『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』(略称:『恋セワ』)#11が、1月21日(木)21時よりABEMAビデオにて配信された。

同番組は芸能人による交流会をモニタリングし、恋愛テクニックを学ぶ恋愛学バラエティ。

出会いを求める芸能人のため、“ガチで恋したい”芸能人だけの合コンをセッティングし、その攻防をMCとして“駆け引き上手”なヒロミと指原莉乃が恋愛視点で解説していく。

今回も本気で恋をしたい芸能人男女8名が合コンに参加。MCのヒロミと指原が“恋のお世話”をした。

男性陣は、モデルの青山Ray春翔、お笑い芸人のバッドナイス常田、俳優の水谷駿、落語家/俳優の林家たま平。

一方の女性陣は、モデルの若尾綾香、タレントの山根千佳、キャスターの森山るり、AKB48の入山杏奈と、さまざまなジャンルから集まったメンバーで合コンがスタート。

自己紹介タイムが始まると、今回が2度目の参加となる常田が先陣を切り“自己紹介させてください。水と瞳は透明の方が良いですわ……バットナイス常田です。よろしくお願いします!”とキメて現場の笑いを誘う。

しかし、その様子を見守っていたヒロミは“常田は背も高いし、モデル体型だからカッコいいんだよね。余計なことやらなかったら”とぴしゃり。また、常田と同じく今回が2度目の参加となる水谷が、昨年ハマったゲームとして『人狼』を紹介すると、前回『人狼』1本に絞ったトークが仇となりカップル不成立となったことを踏まえて、“この前『人狼』で失敗したのに懲りないな~”と溜息を漏らした。

©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.

自己紹介タイムが終わると、ヒロミと指原は早々に林家を呼び出し“恋のお世話”を開始。

ヒロミが、2ヵ月前の放送でカップル成立となっていた林家に“たま平、この間カップルになったでしょ? どうしたんだよ”と問いかけると、林家はフリーアナウンサー・塩地美澄とのその後について語った。

途中まではLINEもウマく続いていて“とんとん拍子に進んでいた”と説明する林家が、一緒に食事をすることもなく連絡が途絶えてしまったことを明かすと、驚きを隠せない指原は“えー! 何か「これかな?」という理由はないんですか?”と質問。

これを受け、林家が“僕の落語をどこかで観て、あまりウマくなくてガッカリしたのかな……”と自虐気味に返すと、ヒロミはすぐさま“それはあるな(笑)”とツッコみ、現場の笑いを誘った。

その後、MC陣による“恋のお世話”を終えた林家が合流し好きなタイプの話になると、山根は“目が二重の男性が好き”と答えながら、正面に座った常田に“1番パチっとしてて好きです”と伝える。

一方、登場するなりヒロミから熱烈なラブコールを受けていた入山は、“博識で頭が良い人が好き。私の知らないことを教えてくれるというか……すべてにおいてセンスがある人。見た目はあまり気にしない。見た目って結局「入れ物」だから中身の方が大事”と、山根と対照的な答えで現場の感心を集めた。

©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.

そして、まずは向かい合わせ同士で2ショットになると、常田は第一印象に挙げていた山根と2ショットに。

山根は“最初入ってきた時からめっちゃ目を合わせてくださって、場の空気を和ませてくださったので嬉しかったです”とアピールすると、常田からの“年上でも全然いいですか?”という質問にも、“けっこう好きです”と好印象を語った。

一方、入山は水谷と2ショットに。“お芝居がやりたい”と今後の願望を語る入山が、過去にドラマ出演のため1人でメキシコへ移住した経験があると語ると、入山の奮闘ぶりに関心を示すヒロミが“すごいな~。「あんにん大丈夫かな?」って仕送りしよう(笑)”と親心を見せると、入山の先輩である指原も“すごいですよね!”と感心の表情を見せた。

また、今回こそ食事デートまでは漕ぎつけたい林家は、第一印象で両想いだった森山と2ショットに。

カメラから死角になった場所で、2人の共通の趣味である“サッカー観戦”の話で盛り上がっていると、指原は“これあるんじゃないですか!? 今までで1番有意義な見えないところの使い方!”と称賛の声を上げる。

しかし、続けて山根と死角ゾーンで2ショットになった林家が、自分が1番好きなことわざを披露したり“落語家”としての一面を垣間見せながら場を盛り上げると、“今日無理してないですか?”と山根に優しく声をかけられる。林家の恋心は、どんどん揺らいでしまうのだった。

こうして合コンが終了し、最後に男性陣が1対1でのデートに誘う“お誘いチャンス”が行なわれると、前回に続き、またもや波乱の展開が。男性全員が山根にラブコールを送る事態となった。

林家が第一印象に挙げていた森山ではなく山根をデートに誘うと、お誘いはあえなく失敗に。一方、山根は、第一印象に挙げていた常田の誘いにOKを出すと、予想外の展開に指原は“ちょっとすごい! 全員だ! ビックリしました……”と驚愕。ヒロミも“すごいね、モテモテだね~”と感心の表情を見せた。

モテ期到来の山根は、常田を選んだ理由について“最初から優しい目をしてくださっていて良かった”と語った。

この模様は、ABEMAビデオで視聴することができる。

©AbemaTV,Inc.
ツイート
©AbemaTV,Inc.

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • AKB48 入山杏奈、“好きなタイプ”について持論を展開「見た目って結局“入れ物”だから中身の方が大事」ABEMA『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』#11配信