アンジェラ芽衣[インタビュー&フォト]2020年を振り返り、2021年の抱負を語る「2021年も蟹です!!!」

アンジェラ芽衣[インタビュー&フォト]2020年を振り返り、2021年の抱負を語る「2021年も蟹です!!!」

アンジェラ芽衣[インタビュー&フォト]2020年を振り返り、2021年の抱負を語る「2021年も蟹です!!!」

2020年は、テレビ、雑誌、WEB、イベントなど、さまざまなメディアでこれまで以上に大躍進を遂げたゼロイチファミリア。本記事では、そんなゼロイチファミリア所属タレントの中から、アンジェラ芽衣が2020年の活動を振り返りと、2021年への抱負を語ったインタビューをお届けする。一昨年、昨年に引き続き『アベンジャーズ』を意識した“2021のゼロイチファミリアイメージビジュアル”もぜひチェックしてみてほしい。

2021年ゼロイチファミリアイメージビジュアル

――2020年振り返ってみて、いかがでしょうか?

アンジェラ芽衣:
今年は演技のお仕事をさせていただける機会が増えて、とても嬉しいです。『アキハバラ@DEEP2.0』や、ミニドラマ『ライフアフター終末ワープ』、そして『仮面ライダーセイバー』。私の中でどんどんお仕事の幅が広がっていって、やりたいことやこれからのビジョンだったりも固まってきました。私自身大きく動いた年なのかなって思います。

――自身の2020年“今年の漢字”は?

アンジェラ芽衣:
“立”です。考えて考えてした行動がウマくいかなかったり、思ったようにいかなかったり。自分の中で納得いってない部分でたくさん悩みましたし、どうすればいいのかわからなくなっちゃった時もありました。でも、私がやりたいことのために、私が目指す場所に向かうために“こんなことで挫けちゃダメだ! 座り込んでちゃだめだ! 頑張ろう。立ち上がろう”って、思い続けてた年でした。なので“立”です。

――今年のカレンダーの衣装について教えてください。

アンジェラ芽衣:
はい! 来ました! 2021年も蟹です!!! 昨年までは赤いシンプルなワンピースだったんですが、今年はちょっとリニューアルしておしゃれになりました。重ね着とかね! 太めのベルトなんかしちゃって。ライダーイメージです(笑)。今回は北海道出身の林ゆめちゃんも着ぐるみ仲間に加わったので、撮影がとても楽しかったです!! でも、北海道をイメージしたゆめちゃんの被り物が私より大きめなのが悔しい……。

――2021年の抱負をお願いします。

アンジェラ芽衣:
2021年はまた新たな自分に向かって、殻を破れるように! ファッションのお仕事も演技のお仕事も研究を重ねてレベルアップして、根暗で人見知りな私を脱ぎ捨てて、キラキラした私で駆け抜けていきたいです。

アンジェラ芽衣
ツイート
アンジェラ芽衣
2021ゼロイチイメージグラフィック (C)mami kishimura
ツイート
2021ゼロイチイメージグラフィック (C)mami kishimura