【ソロアイドル対談・前編】寺嶋由芙&里咲りさ「アイドルだからこそ、なんでもできる」

【ソロアイドル対談・前編】寺嶋由芙&里咲りさ「アイドルだからこそ、なんでもできる」

【ソロアイドル対談・前編】寺嶋由芙&里咲りさ「アイドルだからこそ、なんでもできる」寺嶋由芙&里咲りさソロアイドル対談(前編)

鈴木 健也

Pop'n'Roll Editor in Chief(編集長)

2019.01.22

グループアイドル出身、ソロアイドルとして活動5周年、早稲田大学という共通点がありながらも、これまでアイドルとしてまったく異なる歩みをしてきた寺嶋由芙と里咲りさ。2人はこれまでの活動を経て、今、現在のアイドルシーンや自身の将来について、どのような考えを持っているのか。里咲が実施を望んだ本対談を通じて、2人のアイドルとしての生き方の本質に迫りたい。

“ゆるキャラの星から来ました!”って設定にしなくてよかった(寺嶋)

――おふたりとも早稲田大学のご出身ですよね?

里咲:
そうですね。年は1つ違いです。

寺嶋:
ということは被っていたんだね。でも、学生も多いし、私は自分のことで精一杯だったから、あんまり周りのことがわからないまま卒業したので会えなかったね(笑)。

里咲:
でも私、通算10日ぐらいしか通っていないですよ。

寺嶋:
えーホント? じゃあ、絶対に会えなかったね(笑)。

里咲:
最初は真面目に行こうと思ったんですけど、“仕事しよう”ってなって。ゆっふぃーさんがすごいなって思うのは、ちゃんとアイドルもして、学校にも行っていたじゃないですか。私は1個のことしかできないので。

寺嶋:
一点集中型だ。

里咲:
私は、音楽の仕事をしたいと思っていながらなにもできていなかったので、学校に行く時間を全部仕事の時間にしたいって思ってしまったんです。

寺嶋:
それはそれでえらいね。

里咲:
ゆっふぃーさんとは、今までもところどころでは会っていたんですけど、ガッツリ話したことはなくて。活動5周年も同じだし、大学も一緒なので、今回お話してみたいなって思いました。ゆっふぃーさんは、ずっと“寺嶋由芙”をぶれることなく続けているじゃないですか。私はぶれるタイプなので、すごいなって思っていて。

寺嶋:
りさちゃんは、いろんなことをしているよね。

里咲:
そうなんです。でも、ゆっふぃーさんは一貫性があるじゃないですか。例えば、大学も4年間ちゃんと通えて。

寺嶋:
あはは(笑)。

里咲:
私も真面目ではあるんですけど、質の違う真面目さというか。昔からそういった真面目さというのは変わっていないんでしょうか。

寺嶋:
ずっとこのまんまで来ました。子どものころから性格もあんまり変わらず、学生時代の友達にもこのまんま会うし、ヲタクともこのまんま会っています。ステージに出た瞬間に、別人のようにスイッチが入る子もいるけど、私はそういうのが全然なくて。

里咲:
だから、アイドルとして続いているっていうのもあるんですかね。

寺嶋:
でも、面白みがないのかなって、自分では思っていて(笑)。

里咲:
そんなこと思うんですか?

寺嶋:
1人だから、誰かとの化学反応とかも起こらないじゃない。ほかのメンバーとの切磋琢磨感みたいなものがないから、そういうところは見ている人がちょっと物足りなく感じてしまうのかなって思っています。

里咲:
いい意味でマイペースでやっているんですかね。

寺嶋:
逆にマイペースすぎて、世間に取り残されているんじゃないかなって不安になったりします(笑)。

里咲:
えー(笑)。この激動のアイドル界の中でってことですか?

寺嶋:
そうそう(笑)。マイペースだからこそ、みなさんの解散とかに巻き込まれずにやれているけど、そういうドラマティックなこともないじゃないですか。日々安定しすぎているというか。だから、りさちゃんは自分でドラマを作っているからえらいなって。

里咲:
必死ですよ! でも、これまで話題性に頼りすぎてきたなって反省してて、昨年は「本当にやりたい音楽はなにか」っていうのを自問し続けた期間だったりしました。激動のアイドル界というと、最近はグループが解散したり、ソロの子もやめたりしていますよね。

寺嶋:
休んじゃう子もいるよね。あとは、舞台とかをやるようになって、アイドル活動をしなくなる子もいるよね。最近は“ザ・アイドル”って感じで続ける子が少ないのかなって思う。

里咲:
そんな中で、ゆっふぃーさんが“ザ・アイドル”を続けている理由は?

寺嶋:
これが一番好きだからかな。あんまりほかにやりたいこともなくて。

里咲:
キャラとかも作ってないから、きっと無理がないんですね。

寺嶋:
“ゆるキャラの星から来ました!”って感じにしなくてよかったって思う(笑)。

里咲:
あー確かに!

寺嶋:
ゆるキャラとお話することはできるけど、そっち系に振らなくてよかったなって思ってる。

里咲:
真人間としてゆるキャラと触れ合えるっていう(笑)。一歩間違えたら、そっち系に振ってすぐに星に帰ってたかもしれない。

寺嶋:
一歩間違えたらね。星から来なくてよかった(笑)。

里咲:
真人間でやって行かないと続けて行きにくいなってことは意識していたんですか?

寺嶋:
やっぱり大人なんで(笑)。あんまり無理な設定をせずに来たのはよかったなって思います。

里咲:
今後もずっとこのまま行けそうですよね。

寺嶋:
行けるといいけど、どうですかね?(笑)