©NMB48

©NMB48

NMB48 吉田朱里[ライブレポート]最高の笑顔で締めくくった卒業公演「アイドルをしている時間が1番好きでした」

NMB48が、12月21日(月)にNMB48劇場にて吉田朱里の卒業公演を開催した。当初は11月30日に開催予定だったが、自身の体調不良により延期となり、YouTubeチャンネルなどで“アイドル留年中”と語りながら、活動を続けていた吉田。3週間後に仕切り直しとなった同公演は、吉田以外の出演メンバーも内容もシークレットとなっていた。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

劇場の幕が上がると、吉田は東由樹・石田優美・加藤夕夏・小嶋花梨・塩月希依音・安田桃寧と「LOVE修行」、「Seventeen」、「恋なんかNo thank you!」を披露。

吉田は自身がプロデュースした7期研究生の<Will be idol>公演を“セルフカバー”して、出演してほしいメンバーに自ら電話で交渉したという裏話を明かしたあと、“ちゃんと踊るのは卒コン以来(約2ヵ月ぶり)。っていうか、卒業公演延期って何? 最後まで振り回してすいません!”と、ユーモアも交えながら謝罪した。

ユニットコーナーでは、安田と塩月が「となりのバナナ」、東・石田・加藤・小嶋が「エンドロール」、そして吉田がソロで「夢でKiss me!」をパフォーマンス。間奏のセリフで“ダ〜メ! 卒業してからキスして♡”と、10年間培ったアイドル力を発揮すると、観客はもちろん、安田も“キスしたくなっちゃいますよね〜”とメロメロに。

再び7人で「Choose me!」、「制服が邪魔をする」、「最後のカタルシス」を制服衣装で歌唱し、ラストはデビューシングル「絶滅黒髪少女」で本編を締めくくった。

アンコールで「らしくない」、「僕が負けた夏」、「待ってました、新学期」、「高嶺の林檎」の4曲をメドレーで届けると、Wアンコールでは、スクリーンに吉田のオーディションからの10年間の軌跡が写真で映し出された。

その後、同期メンバーとして苦楽をともにしてきた白間美瑠と「卒業旅行」を時に目を合わせて歌い、最後は2人で手を繋いで笑顔を見せた。

卒業セレモニーでは、公演メンバー6人と白間に加え、梅山恋和・川上千尋・渋谷凪咲・上西怜・村瀬紗英・山本彩加もステージに登場。吉田が所属するチームNのほかのメンバーもオンライン中継で繋がり、卒業を祝福した。

そして、吉田が“書いてほしいって頼んだ”という同期メンバーで、親友でもある門脇佳奈子からの手紙を渋谷が代読。“10年もアイドルを続けられるのは本当にすごい! もっとすごいのは自己プロデュース力。後輩のためにグループのために思いやる心。今のNMB48がこんなに素敵なグループなのは、朱里ちゃんがそうやってみんなを引っ張ってくれたから”と賛辞を送ると、吉田は感涙。“佳奈子がそばにいてくれたから、いろんなことを決断できた。本当にありがとう!”と、感謝の気持ちを伝えた。

そして川上から最後の挨拶を促された吉田は、“10年前ここで初めて公演をした時の景色を今でも覚えています。この劇場でファンのみなさんに会うとすごく安心したし、ステージに立ってアイドルをしている時間が1番好きでした。みなさんとの絆があったから、自分がアイドルであることに自信を持てました”と想いを馳せ、“この1年、もっと公演をしたかった。それだけが心残りだけど、メンバーにはここをずっと守ってほしい”と願いを託した。さらに“本当に寂しいです。やっと(卒業を)実感してきた感じがします。NMB48が大好きで、1番の宝物でした。次はコスメプロデュースに全力を注いで、アカリン大成功したなって思ってもらえるように、ここを飛び立ちたいと思います。10年間本当にありがとうございました!”と、新たな夢に向かって羽ばたく決意を語った。

最後は14人で、10月24日に大阪城ホールで行なわれた卒業コンサートでも披露した「夢に色がない理由」を歌い上げ、10年以上のアイドル活動に、最高の笑顔で終止符を打った。

©NMB48
ツイート
©NMB48
©NMB48
ツイート
©NMB48

NMB48吉田朱里卒業公演

2020年12月21日(月)
NMB48劇場

01 LOVE修行
02 Seventeen
03 恋なんかNo thank you!
04 となりのバナナ
05 エンドロール
06 夢でKiss me
07 Choose me!
08 制服が邪魔をする
09 最後のカタルシス
10 絶滅黒髪少女
EN1 らしくない
EN2 僕が負けた夏
EN3 待ってました新学期
EN4 高嶺の林檎
WEN1 卒業旅行
WEN2 夢に色がない理由

  • トップページ
  • レポート
  • NMB48 吉田朱里[ライブレポート]最高の笑顔で締めくくった卒業公演「アイドルをしている時間が1番好きでした」