でんぱ組.inc 成瀬瑛美&藤咲彩音[配信レポート]2020年を振り返るワードに独特のコメントを披露!「#Twitterトレンド大賞」事前番組にて

でんぱ組.inc 成瀬瑛美&藤咲彩音[配信レポート]2020年を振り返るワードに独特のコメントを披露!「#Twitterトレンド大賞」事前番組にて

でんぱ組.inc 成瀬瑛美&藤咲彩音[配信レポート]2020年を振り返るワードに独特のコメントを披露!「#Twitterトレンド大賞」事前番組にて

12月22日(火)に開催される「#Twitterトレンド大賞」に先駆けて、事前番組第2回となる『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』が、12月5日(土)に同企画公式Twitterアカウントより生配信された。同番組では、MCの田村淳と、天の声にパンサーの向井慧、コメンテーターにジャーナリストの堀潤、ゲストにカンニング竹山、西山茉希、アイドルグループでんぱ組.incから成瀬瑛美、藤咲彩音が登場し、“ニュース”をテーマにトレンドワードをピックアップしながら2020年を振り返った。また番組内では月ごとにトレンドワードを紹介し、話題になった事柄をスタジオゲスト陣が掘り下げた。本記事では、そのオフィシャルレポートをお届けする。

番組冒頭で、MCの田村淳から「#Twitterトレンド大賞」について紹介。今年はさまざまな予測不可能なことがあった中で、Twitterだからこそ生まれ得たトレンドに光を当てようという開催の想いに触れながら、「#Twitterトレンド大賞」の概要を伝えた。

番組本編では、1月から11月までのニュースに関するトレンドワードをトークを交えながら振り返り、“COVID-19”や“半沢直樹”、“嵐の日”などの幅広いトレンドワードが登場。

1月~11月のトレンドワードを振り返り終わり、田村は“僕自身が家にいなきゃいけないって時に何をしていたかなと思ったら、Twitterだったんですよね。Twitterで外の人と繋がれるのはすごいことだと思うし、自分が誰かと繋がっていたい人なんだなと思いました”とコメントした。

またゲストの西山茉希、でんぱ組.incの成瀬瑛美、藤咲彩音のアカウントからも当日の様子がツイート。堀潤は番組終了後に、“堀からの提案は、せっかくのトレンド、ぜひ日本国内のものだけではなく海外のトレンドも「今あなたのいる場所」の設定を変えて覗いてみてくださいということ。海外渡航は難しいけどTwitterでなら。”と発信した。

『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
ツイート
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
ツイート
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』

1月から11月のトレンドワード ピックアップ

番組では各月のトレンドワードについてトークが展開された。

1月:ゲーム禁止 恋つづ
香川県のゲーム利用時間を規制する条例案がネットで物議が起こり、のちに高校生が県を相手に訴訟を起こす事態にまで発展。番組では松丸亮吾の“これはひどい。ゲームの時間を制限したからって勉強に向くわけじゃないし、そもそもゲーム自体は悪じゃない。楽しく計算力・論理的思考力・戦略性を鍛えるツールにもなる。”というツイートをピックアップ。

カンニング竹山は“ゲームをきっかけにプログラミングを学んでいる子もいて、今後グローバルに発展していく可能性もあるから抑制するのはよくない”と発言。また成瀬は、“ゲームのおかげで勉強になることがいっぱいあるので、いいことだと思います!”と、ゲームに対して肯定的な意見を示した。

2児の母でもある西山は“子どものことに関して大人が勝手に禁止を作るんじゃなくて、ゲームをするならこれもやろうね、ってプラスを作ることで解決するのはいいと思いますが、子どもだけをターゲットとして、禁止するのはよくないんじゃないかと思います”とコメントした。

さらに、ツイートをしながら番組に参加している堀に対して田村は“みなさんどんどんツイートしてください!”と呼びかけ、堀の姿勢に肯定的な意見を示した。

一方、TBS系列ドラマ『恋はつづくよどこまでも』もトレンド入り。ちょっと冷たい医師を演じている佐藤健のドSっぷりが、全国女子を萌えの渦に巻き込んだ本作。

番組では“とりあえずハグさせてくれってキュン死したんだけどさ、ハグってとりあえずなもんなの??? もう天堂ロスすぎるやだもう来週から天堂先生に会えないなんて……恋つづないなんて胸が苦しいです(重い)”というツイートを紹介。

本作について藤咲は“2次元で起こるようなことを3次元で体現できるんだと、すごいびっくりしました。私が男になったら、天堂先生になりたいなと思いました!”とコメントし、ゲストから突っ込まれた。

2月:#COVID-19  小中高の卒業式中止
1月に中国武漢で原因不明の新型肺炎患者が発生して以降世界中で徐々に感染拡大していき、2月16日に日本で初の患者を確認。2月に入ると横浜港でクルーズ船内でのクラスターが発生し、WHOが新型肺炎の正式名称を「COVID-19」と発表。そんなコロナの影響でトレンド入りしたのが「小中高の卒業式中止」だ。

これに対しTwitterでも議論がうまれ、“小中高の卒業式中止について「子供の気持ちはどうなるんだ」とか「学校生活の集大成が〜」とか「お友達とロクにお別れできない」とかそういう気持ちもすごくわかる。けど、卒業式が原因でコロナ感染したとしたら「あの卒業式がなければね……」って事態にもなりうるよね。”というツイートや、当事者となった学生の“政府さん、卒業式中止にしたりするのは国民のためってわかるけどさ俺ら卒業生に取ったら最後の思い出つくりの日なんすよ”といった意見も多くあった。

そんな中、田村の“『卒業』 卒業式が急になくなってしまったみなさんへ……YouTubeのロンブーチャンネルで、3月15日にリモート卒業式をやろうと思うのですが……家から出ずともネットでつながって卒業式をやりませんか? このタグ #ロンブーチャンネル卒業式 に名前を書いてくれれば校長役の僕が名前を読み上げます。”といったツイートが話題に。

田村は“周りの友達の子供とかが卒業式できないっていう話を聞いて、何かできないかなと思ったんですよね。ただ、800人の名前を読み上げるのに2時間半かかったんですよ(笑)。中には本名じゃなくてペンネームで応募してくれる人もいて、高知県・高知市・高知マンって名前をすごい覚えてるんだよね!”と語った。

『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
ツイート
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』

3月:ワニくん
12月の下旬にTwitter上で漫画家のきくちゆうきが連載を開始した4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』が、3月22日に最終回を迎えて話題となり、主人公である“ワニくん”がトレンド入り。

竹山は“コロナの中で、Twitterでこういういいアイデアがあるんだ、とか色々学べましたよね!”とTwitterの可能性について言及した。

4月:星野源 ホットケーキ
星野源が投稿した「うちで踊ろう」が“たくさんリクエストをいただいたので、星野さんが昨夜Instagramでアップした曲 #うちで踊ろう をこちらでもシェアしますね。多くの重なりをありがとうございます。ぜひこちらでも伴奏やコーラス、イラストやダンスを重ねてくださいね。”という内容でツイートされた。

このツイートはまたたく間に拡散され、多くの人がコラボした動画などを発信。藤咲は“ネコと一緒に踊ってツイートしました!”と思い出を語る。また、竹山は“体操している姿を勝手に使ってください!とツイートしたら、どなたかが星野源さんとコラボさせてくれていました。”と意外なコラボについて明かした。

続いて、Hey! Say! JUMPの山田涼介がYouTubeチャンネルでホットケーキを作る動画をツイートしたことが話題となり、「ホットケーキ」がトレンドイン。時を同じくしてトレンド入りした「ステイホーム」期間突入により、家で過ごす時間が増えた若者や、母親の支持を集め、ホットケーキミックスの売り上げが急上昇した。

藤咲は“スーパーでお母さんたちがホットケーキミックスが売られるのを待っているのを見て、ホットケーキすごい!って思いました”と体験を話す。

西山は、“お子さんともお菓子作りなどをしましたか?”と問われると、自身が子どもと作った料理の写真を公開。“食事でしか楽しむことができなかったので、庭でご飯食べたりしました。特に家の中で傘でスイカ割りをしたのは楽しかったですね!”と、子どもを楽しませる母親ならではの工夫についてコメント。

それに対して田村は“家でスイカ割りは無理だな!(笑)”と言い、西山は“こういうことがないと家でスイカ割りなんてしないから、子供たちも楽しんでいたし、とてもいい機会でした”と返答。ポジティブなアイデアに会場が大いに盛り上がった。

『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
ツイート
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』

5月:#検察庁法改正案に講義します
検事総長らの定年延長を可能にする法案改正に対し、Twitter上で起きたデモ活動のキーワードとなり、その拡散ぶりが国会の重要課題にまで押し上げるなど、Twitterの影響力を物語るトレンドワードとなった。

さまざまな芸能人もこのツイートに参加し社会現象となったことに対し、竹山は“芸能人が発信することに賛否両論はあったけど、政治を知るいい機会になったと思うし、結果的によかったんじゃないかなと思いました”と話す。

堀は、“時間ができて、今まで忙しくて政治のニュース見ることが少なかったけれど、時間ができることでさまざまなニュースに触れる時間ができたのがよかったのかな、と思いますね”とポジティブな意見を述べた。

6月:全国一斉花火
今年は新型コロナの影響で全国の花火大会が中止になり、残った花火玉がコロナ収束を願って打ち上げられた。打ち上げ場所は内緒にされ、同日同時刻に打ち上げられ話題に。

番組では花火師による“医療従事者への感謝の気持ちで青色の花火すべての方々が明日への希望と誇りを取り戻すため冠菊(かむろぎく)を打ち上げました”というツイートを紹介。堀は“私たち日本人にとって、花火っていうのは大切な文化ですよね。それに、花火は1人ではあげられないですからね”と語った。

『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
ツイート
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』

7月: #半沢直樹  レジ袋有料化
TBS系日曜劇場で放送されたテレビドラマ『半沢直樹』がトレンド入り。7年ぶりの続編となり、コロナの影響で放送開始が遅れたものの、放送開始後は毎回視聴率を更新していく人気ぶりは健在だった。

加えて、最終回の視聴率は30%超えという驚異的な数字を残し、全10話で世界トレンド1位になるなど、“世界的トレンド”に。会場のゲスト陣もチェックしている人は多く、“半沢直樹の放送翌日だけ上司に攻撃的になってしまうクセやめたいな”というツイートを紹介。竹山は“嫌な1週間の始まりになっちゃうね(笑)”と話した。

また、会場内で『半沢直樹』を観た人がいないことが判明し、どよめきが起きる場面も。竹山は“周りのみんなが観ていたから自分も観たような気持ちだった”と笑わせた。

さらに、レジ袋有料化についてのさまざまなツイートに対して、西山は“未だに焦ってると持っていくの忘れてしまうので、自転車まで買ったものをすべて抱えて急いで店を出てます!”とコメント。

その行動に対し、田村は“なんか万引きしている人みたいになっちゃうよね(笑)”と突っ込み、会場は笑いに包まれた。

8月・9月:#菅新総裁   #サブスク解禁
今年8月に安倍晋三元首相が持病を理由に退任したことを受け、自民党内で選挙が行なわれ、官房長官として安倍政権を支えた菅義偉が自民党新総裁となり第94代総理大臣に就任した。

堀は“泣いても笑っても任期は1年、という内閣なので、早く政策を進めようとしているんでしょうね。ただ、これまで進まなかったものが進んでいるということもあると思うので、今意見を発信することで、国民が政治を動かすことができるチャンスだと思います”とコメントした。

一方、今年は大物アーティストが次々とサブスクを解禁したことで話題に。解禁に対してTwitter上では、“米津玄師がハチ名義で出してる曲がサブスク解禁されたのか……! これはニコニコ時代から見てる人たちにとっては激アツでは? 結ンデ開イテ羅刹ト骸(むすんでひらいてらせつとむくろ)とかリンネとかのドロドロした、グロテスクな米津玄師を知ってほしい。マジでその時代が大好き「clock lock works」みたいな今の片鱗を感じる綺麗な曲もいいぞ”、“山口百恵サブスク解禁! 嬉しい! 聴く聴く♫ 全然世代じゃないけど……だからこそ前から聴きたかったカラオケレパートリーにする!”といったツイートを紹介。

竹山は“実は音楽大好きだからめちゃくちゃサブスクで聴いてるんですよ! 逆になんで全アーティストが解禁しないのかってくらいですね!”と興奮気味にコメント。

田村は“今はすごい簡単に聴くことができて便利だよね。自分がもってるCDはどうなってしまうんだろう……もう手に取らないもんな”と語ると、堀は“数年前にレコードの価値が見直されたり、カセットテープの人気が出たりしていたので、またCDの価値が見直される時が来るかもしれませんね”と述べた。

『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
ツイート
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』

10月:#石原さとみ  #リツイート機能
10月は石原さとみやナインティナインの岡村隆史が一般人とそれぞれ結婚。明るいニュースが世間を包んだ。しかし、石原の結婚については、羨む声も多く“石原さとみに見守られながらテレワークをする社会人がこの世に存在するという事実が憎い”というツイートも。

岡村の結婚について田村は“恋愛に興味がないと思っていたから驚きました。自分が結婚した時に『めちゃ×2イケてるッ!』の企画で、突然家にやって来て嫁見せろということがあったから、『グッとラック!』でやっていいか聞いたら丁重にお断りされました”と会場を笑いに包んだ。

また、これまでにも、TwitterなどのSNS上で誤った情報が拡散され、混乱を招いてしまうという問題が取り上げられてきた。そこでTwitterはアメリカの大統領選挙を前に、誤情報が拡散されるのを防ぐためTwitterの一部機能を見直すこととなり、一時期リツイートを制限したことが話題になった。

堀は“メディアリテラシーについて、こうやってプラットフォーマーが関わっていくのは非常にいいことだと思います”とポジティブな意見をのべる。詳細について説明すると、竹山は“情報がありすぎて便利な一方、個人個人が判断していかなきゃいけないですよね”とSNS社会との付き合い方についてコメントした。

11月:#嵐の日  フリート
2020年いっぱいでの活動休止を発表している嵐がデビュー記念日である11月3日に、事前収録の無観客ライブ<アラフェス 2020 at 国立競技場>を配信。“#嵐の日”が世界トレンド1位にランクインするなど話題になった。

“こういう世間の状況だから、とかみんながここにいれば……とかコロナがなければ、とか一言も言わないのがまじですごい また国立に来れて嬉しい、この場所に立てて嬉しいしか言わない嵐 希望だけを見せてくれるカッコよすぎる”といったツイートに、竹山は“毎年やってるオンラインライブを今年もやったんですけど、お客さんの反応が分からないから淡々とやるしかなくて、違和感はありましたね”と語った。

西山は“それこそこの嵐のライブを友達の家に集まって観たんですけど、オンラインライブみたいに何か集まるきっかけがないと、友達の家に集まるとかって言いだしづらいじゃないですか。だからいいきっかけになりましたね”とポジティブな意見を口にした。

また、“#嵐の日”を含むツイートを調べると、11月3日の1日だけで125万件以上のツイートがあるといった驚異的なデータに、一同目を丸くする場面も。

そして、Twitterが11月から導入した新機能であるフリートの話題に。“フリートの使い方これで合ってる?”というツイートとともに『スター・ウォーズ』のオープニングロールを見事に再現した投稿を紹介した。

投稿を見た人からは、“天才”、“こういうこと考える方が、おられるからTwitterが好き……”といったコメントも寄せられた。

さらに、堀はフリート機能について“それこそTwitterが始まった時は、くだらないことをツイートするものだったんですが、いつの間にか言論の空間になってきていますよね”と、ツイッターの使われ方の変化について言及した。

番組内ミニコーナー

Twitterトレンド!関連ワード連想クイズ!
トレンドワードを、そのトレンドワードに関連したワードから当てるクイズコーナー。珍回答が登場するなど、会場は大いに盛り上がった。

最初のトレンドワードの答えは「アマビエ」。関連ワードが出ると、西山が“あれ! 疫病を治めると言われてる……”と回答を思い出そうとしていると、横から田村が“アマビエ!”と横取り回答した。

次の“NiziU”が正解の問題では、スタートから数秒ででんぱ組inc.の2人が同時に正解を回答し、会場は大盛り上がり。田村は“このコーナーめちゃくちゃ面白いね! 可能性を感じるね!”とコメントした。

今年の「#Twitterトレンド大賞」ニュース部門賞 予想!
最後に、12月22日の「#Twitterトレンド大賞」本番で発表される「#Twitterトレンド大賞 ニュース部門賞」をゲストたちが予想、理由を発表した。

田村は「不要不急の外出」、堀は「#ナスカの地上絵」、西山は「#COVID-19」と予想。成瀬は「はんざわなおき☆」と予想し、田村は“平仮名?! しかも星がつくようなドラマじゃないでしょ!”と突っ込み、会場は笑いに包まれた。

また、藤咲と竹山は“ステイホーム習慣”と予想した。

『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
ツイート
『「#Twitterトレンド大賞」ニューストレンド2020』
  • トップページ
  • レポート
  • でんぱ組.inc 成瀬瑛美&藤咲彩音[配信レポート]2020年を振り返るワードに独特のコメントを披露!「#Twitterトレンド大賞」事前番組にて