BABYMETALによるメタルの可能性と、我儘ラキアが提示するラウドなアイドル像|「偶像音楽 斯斯然然」第44回

BABYMETALによるメタルの可能性と、我儘ラキアが提示するラウドなアイドル像|「偶像音楽 斯斯然然」第44回

BABYMETALによるメタルの可能性と、我儘ラキアが提示するラウドなアイドル像|「偶像音楽 斯斯然然」第44回

今週、『NHK紅白歌合戦』初出場で大きな話題となったBABYMETAL。彼女たちがシーンに投げかけるメタルの可能性を皮切りに、現在のラウド系アイドルの急先鋒グループである我儘ラキアの特異性を掘り下げながら、“アイドルか? アーティストか?”論争、ラウド系アイドルの今について、冬将軍が持論を展開する。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

私は中学二年生的に拗らせて以来、大晦日といえばtvk(テレビ神奈川)『PATi-PATi TOMATO』を観て年を越す10代を過ごしてきたので、いまだに紅白歌合戦に馴染めず、ほとんど観たことがない。しかしながら、毎年この時期に音楽ファンもアイドルヲタクもそわそわしているのを見ると、なんだかんだ、日本人なら誰もが知っている歌番組の影響力は大きいのだなと感じる。

今年の紅白はBABYMETALが初出場だという。これが“満を持して”なのか“ようやく”なのか、人によっての捉え方はさまざまなわけだが、多くの人が好意的に見ているようだ。雑誌『ヘドバン』の梅沢編集長がTwitterで“紅白に出場した日本のメタルバンドは聖飢魔IIとX以来”といったことをツイートしていて、そう考えるとすごいことなのかもしれない、と改めて思った次第である。

私はその昔、Xが紅白に出場することについて“ダサいなぁ”と思っていた。渋谷の公園通りを“紅白あるよ〜”とダミ声を響かせてくるダフ屋をかわしながら“何が紅白だ、俺はBUCK-TICKを観るんだ”と渋谷公会堂に足早に向かっていたあの頃。『PATi-PATi TOMATO』でBUCK-TICKとSOFT BALLETによる夢の饗宴、1992年の大晦日のことである。NHKホールで行なわれる紅白にはXが出場するため、渋谷公会堂〜代々木公園付近にはには黒づくめのBUCK-TICKファンと特攻服のXファンが、たくさん入り乱れていたわけだ。インディーズ時代より熱狂的なファンが多くいたXがさらなる人気を拡大したのは、当時のロックバンドが避けていたようなテレビ番組へ率先して出演したことが大きかったし、特に紅白への出場がさらに拍車を掛けたことは言うまでもなかった。そこにちゃんと気づいたのは大分あとの話であるが。と、話は逸れたが、現代のメタルの革命児グループが国民的歌番組に出場する意味は大きいだろう。

そんなBABYMETALが、Bring Me The Horizonの楽曲に参加している。SU-METALが他バンドでボーカルを取るとこういう響きになるのかと思った。

BABYMETALとBring Me The Horizon、日英最先端メタルがもたらす可能性

Bring Me The Horizon - Kingslayer (Lyric Video) ft. BABYMETAL

BABYMETALとBring Me The Horizonが友好的な関係にあることは、広く知られている。そもそもフロントマンのオリヴァー・サイクスがBABYMETALのファンであるとか、そういうことではなく、現在のロックシーンにおいて、あえて疑問を投げかけていくような活動をしているヘヴィミュージックシーンの日英2アーティストという意味で、国境もスタイルも超えてお互いが意気投合し、リスペクトしている間柄にあることが興味深いところだ。昨年のさいたまスーパーアリーナでの共演も記憶に新しいが、今回、初めて楽曲での共演を果たした。

BABYMETAL - BxMxC (OFFICIAL)

BABYMETALはこれまでメタルに新風をもたらし、メタルを再定義しながらあらゆる可能性をも提示してきた。Bring Me The Horizonはデスコアという出自ながら、デジタルサウンドを積極的に導入したりと、時流を見据えながら枠にとらわれない音楽性で頭角を現してきたバンドだ。両グループともにメインストリームではないマニアライクなヘヴィミュージック、いや、メタルという枠組みの中で、新たな音楽を開拓している。そのことは、どこか保守的でもあるメタルというジャンルへ投げかけるアンチテーゼのような存在にも思えてならない。

Bring Me The Horizon - Teardrops (Official Video)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • BABYMETALによるメタルの可能性と、我儘ラキアが提示するラウドなアイドル像|「偶像音楽 斯斯然然」第44回