あゆみくりかまき[<超おうちでぽぷろないと1>レポート]ハッピーで前向きな想いとともに放った絶大な存在感「画面の向こうに届くように歌います!」

あゆみくりかまき[<超おうちでぽぷろないと1>レポート]ハッピーで前向きな想いとともに放った絶大な存在感「画面の向こうに届くように歌います!」

あゆみくりかまき[<超おうちでぽぷろないと1>レポート]ハッピーで前向きな想いとともに放った絶大な存在感「画面の向こうに届くように歌います!」あゆみくりかまき<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->ライブレポート

当サイト名を冠したアイドルイベント<ぽぷろないと>の無観客生配信版となる<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->が、2020年11月10日(火)にライブ配信プラットフォーム『Thumva』にて開催された。今回、複数のアングルを同時に映す“推しアングル”、ギフティング機能を用いた<推し応援企画>、新特典会アプリ『Thumva Greet』での“ライブ特典会”という、配信を生かした3つの企画を実施した同イベント。

ライブには、26時のマスカレイド、あゆみくりかまき、虹のコンキスタドール、BenjaminJasmine、群青の世界の5組が出演。45分という持ち時間の中で、それぞれが自分たちの持ち味を存分に活かしたステージを披露した。

本記事では、そんな<超おうちでぽぷろないと1>からあゆみくりかまきのライブレポートをお届けする。なお、<推し応援企画>にて、見事グループ内1位を獲得したくりかが本記事のメイン画像を飾っている。

取材・文:竹内伸一

あゆみくりかまき<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)

SEが流れるとくりかがフラッグを持って登場。中央のお立ち台に立ち、それを振り回す。続いてあゆみ、まきもステージに現れ、3人そろってピースを掲げると“やったんで~!”のかけ声ともにあゆみくりかまきのライブがスタートした。1曲目の「反抗声明」から3人はハイテンションにステージを駆け回る。隙を見てはカメラにアピールするなど、早くも全開といった印象。続くパンキッシュな「ビリーでGO!」でさらに激しさを増し、まきが“一緒に踊ろう!”とカメラの向こうの観客を煽ると「Amagami Days」へとなだれ込み、前半は怒涛の展開でステージを進めていった。

MCではタブレットを使って視聴者のコメントを読み上げるなど、配信ライブならではの方法でファンとコミュニケーションをはかり、さらに、やはり配信ならではの“企画”も用意。プラットホームのアンケート機能を使って、次の曲を視聴者に決めてもらうのだという。候補となったのは「蜜蜜蜜」「ジェットクマスター」「鮭鮭鮭」「未来トレイル」の4曲。投票結果が出るまで“切っても切れないスブスブ”と、Pop'n'Rollとの関係について語り合いながら時間をつなぐと、まきが“あっ!”と驚きの声を上げた。結果の出たタブレットを覗いたくりかとあゆみも驚いたリアクション。ファン投票で選ばれたのは「ジェットクマスター」だったが、どうやら予想外の結果だったようで、実際、メンバー、スタッフともにこの曲を予想した人はいなかったのだとか。“みんなの気持ちがわかってなかったなあ”と、くりかからは反省の言葉が漏れた。

くりか(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
ツイート
くりか(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
あゆみ、まき(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
ツイート
あゆみ、まき(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)

「KILLLA TUNE」からの後半もアップテンポな曲を並べ、テンションをさらに上げていき、ラストは「自分革命」。“画面の向こうに届くように歌います!”というまきの言葉どおり、3人はお立ち台に上がって熱く歌い上げた。

無観客の配信ライブは、当然ながら観客からのリアクションがないだけに何度経験しても難しいものがあると思う。しかし、どんな状況でも、全力で歌い、全力で動き、ここでしかできないものを披露する。途中、イベントタイトル“まぶたをソーシャルディスタンス”にちなんで、目玉が飛び出したようなパーティグッズのメガネをかけてパフォーマンスしたが、まきがお立ち台に上がるもメガネで視界を遮られてしまい、“見えな~い!”と絶叫する一幕もあった。しかし、そんなハプニングも笑い飛ばしてしまう。彼女たちのそんな姿からは“観ている人を少しでも楽しませたい”“自分たちもこの瞬間を楽しみたい”といった前向きな想いがあふれ出ているようで、まさに“これがあゆみくりかまきだ”と存在感を示した圧巻のライブだった。

まき(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
ツイート
まき(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
あゆみ(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
ツイート
あゆみ(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
くりか(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)
ツイート
くりか(あゆみくりかまき)<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->(2020年11月10日)

くりか総合1位獲得!

<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->推し応援企画において、くりかが全出演者総合1位を獲得したため、Pop'n'Rollトップページのメイン画像にも登場している。

あゆみくりかまき<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->

2020年11月10日(火)
Thumva

SE
M01 反抗声明
M02 ビリーでGO!
M03 Amagami Days
M04 ジェットクマスター
M05 KILLLA TUNE
M06 つながり
M07 アナログマガール’18
M08 自分革命

  • トップページ
  • レポート
  • あゆみくりかまき[<超おうちでぽぷろないと1>レポート]ハッピーで前向きな想いとともに放った絶大な存在感「画面の向こうに届くように歌います!」