虹のコンキスタドール[<超おうちでぽぷろないと>終演後インタビュー]「記事にしてもらえるような面白いことを」

虹のコンキスタドール[<超おうちでぽぷろないと>終演後インタビュー]「記事にしてもらえるような面白いことを」

虹のコンキスタドール[<超おうちでぽぷろないと1>終演後インタビュー]「記事にしてもらえるような面白いことを」虹のコンキスタドール<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->終演後インタビュー

当サイト名を冠したアイドルイベント<ぽぷろないと>の無観客生配信版となる<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->が、2020年11月10日(火)にライブ配信プラットフォーム『Thumva』にて開催された。今回、複数のアングルを同時に映す“推しアングル”、ギフティング機能を用いた<推し応援企画>、新特典会アプリ『Thumva Greet』での“ライブ特典会”という、配信を生かした3つの企画を実施した同イベントには、26時のマスカレイド、あゆみくりかまき、虹のコンキスタドール、BenjaminJasmine、群青の世界が出演。本記事では、虹のコンキスタドールの中村朱里、大和明桜、隈本茉莉奈、片岡未優、山崎夏菜、山本莉唯が、終演後にライブの感想や今年中にやりたいことについて語ったインタビューをお届けしよう。

お客さんを入れたワンマンライブをやりたい

――<超おうちでぽぷろないと1 -絶対爆レス!まぶたをソーシャルディスタンス->、お疲れさまでした。45分間のステージは、いかがでしたでしょうか?

中村朱里:
めっちゃ短く感じましたね。

隈本茉莉奈:
めちゃめちゃあっと言う間でした! 虹コンは10曲ノンストップでパフォーマンスしたんですけど、ホントにあっと言う間で。今日はトップバッターを任せていただいたんですけど、すごく楽しかったです。あと今回、“推しアングル”企画ということでカメラがたくさんあったじゃないですか! それもすごく新鮮で、楽しい時間になりました。

――10曲のノンストップライブは久しぶりだったのでは?

中村朱里:
10曲はけっこう久しぶりかもしれないです。6、7曲とかはちょいちょいやっているんですけど、2桁に乗るのは久しぶりだったと思います。

――虹コンさんのライブは、基本的にノンストップなんですか?

中村朱里:
そうですね。虹コンはMCを入れないスタイルなので、そこに疑問を持ったことはないです(笑)。

大和明桜:
MCをやるくらいなら、1曲でも多く曲をやるみたいな感じです。

――パフォーマンスで魅せていくということですね。それでは最後に、今年中にどうしてもやりたいことがあれば教えてください。

中村朱里:
お客さんを入れたワンマンライブをやりたいなって思うんですよ。(コロナ禍以降)まだやっていなくて……。どうしてもやりたいですね!

隈本茉莉奈:
なんとか年内にね! 今、虹コンは10月から月イチで配信ライブを開催していて、11月にもライブするんですけど、それはもちろん観て楽しんでいただきつつ、なんとか有観客ライブもできたらなって思っています。

――大和さんはいかがでしょうか?

大和明桜:
今年中ではないんですけど、原付きバイクの免許を取りたいです(笑)。

――すごい! それは乗りたいからですか?

大和明桜:
いや、そうではなくて(笑)。バイクの免許を持っていたら、お仕事をいただけるかなって思ってます。

一同:
あはは(笑)。

中村朱里:
そこは車じゃなくて原付きなんだね(笑)。

大和明桜:
そうですね。ブーンっていう原付きの免許を取りたいです。

――ちょっと今年中は厳しいかもしれないですけど、楽しみにしております。

片岡未優:
私はサバゲーをやりたいです。今、“趣味を見つける会”を友だちとしていて、この前はボルダリングに行ったんですけど、次はサバゲーに行こうねって話しているところです(笑)。今年中にもう2つくらい新しい趣味にチャレンジできたらなって思っています。

中村朱里:
朱里、サバゲーしたことあるよ!

片岡未優:
え! 一緒に行きたい!

中村朱里:
行こう! 

隈本茉莉奈:
私はPop'n'Rollさんに記事を書いてもらえるような面白いツイートをしたいです(笑)。

中村朱里:
それはわかる。(記事に)してもらったことない……。

――そうですよね……清水さんや的場さんのツイートがインパクト強すぎます(笑)。

隈本茉莉奈:
かなり強いですよね(笑)。なので、私も負けないように、なんとか年内に記事にしてもらえるような面白いことを見つけられるように頑張ります!

ライブレポート公開中!

  • トップページ
  • インタビュー
  • 虹のコンキスタドール[<超おうちでぽぷろないと1>終演後インタビュー]「記事にしてもらえるような面白いことを」