kolme、トラックメイカー・MATZアレンジの「Hello No Buddy」配信!

kolme、トラックメイカー・MATZアレンジの「Hello No Buddy」配信!

kolme、トラックメイカー・MATZアレンジの「Hello No Buddy」配信!

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.01.11

kolmeの「Hello No Buddy」が、トラックメイカー・MATZのアレンジにより「Hello No Buddy MATZ Remix」として、1月14日から配信されることが決定した。

「Hello No Buddy」のリミックスを担当したクリエイターは、MATZが、Aiobahn、DÉ DÉ MOUSE、YUNOMIに続く4人目となる。

MATZ
MATZ

MATZは、SoundCloudに公開されたオリジナルトラックが各地のDJにフィーチャーされ、2016年にはアメリカ・マイアミで開催された<Ultra Music Festival>でもサポートされ、注目されている新世代トラ ックメイカー。日本国内でもKEMIO、SKY-HI、Kizuna AIらの楽曲をプロデュースするとともにMACO、和田アキ子、倖田來未らのリミックス制作も手がけている。また、<東京ガールズコレクション(TGC)>の公式コンピレーションをリリースし、TGCにDJとして出演。さらに<Ultra Japan>への2年連続出演の実績を持つ。

今回のリミックスに対し、MATZは、“原曲がとても素敵な曲だったので原曲の切なさ、儚さを残しつつ違った良さを出せるように意識をして制作しました。今回、英語バージョンをリミックスさせていただくということで、逆に和楽器や竹の音などを使ってオリエンタルな雰囲気に仕上げさせていただいたので、その相違も楽しんでもらえると嬉しいです” とコメントしている。

kolme 最新配信限定シングル
タイトル:「Say good bye / Hello No Buddy MATZ Remix」
配信日:1月14日

kolme

kolme

“楽曲派”と呼ばれる“音楽インフルエンサー”から注目が集まっているクリエイティブユニット、kolme(KOUMI + RUUNA + MIMORI)。

メンバー自身が作詞、作曲、振り付けなど、クリエイティブ監修にも携わっている。
7月にリリースしたプレイリストアルバム『Please callme! -20152018-』は新しいスタイル“アルバムの再定義”とも評され話題に。「Hello No Buddy」のリミックス曲やオリジナル曲「The liar」がSpotifyの「バイラルトップ50(日本)」にランクインし 、感度の高い音楽ファンの間で今話題のアーティスト。