【連載】=LOVE 音嶋莉沙「より遠くに飛ばすっていう感覚がつかめました」レッスン編②

【連載】=LOVE 音嶋莉沙「より遠くに飛ばすっていう感覚がつかめました」レッスン編②

【連載】=LOVE 音嶋莉沙「より遠くに飛ばすっていう感覚がつかめました」レッスン編②=LOVE 音嶋莉沙 ゴルフはじめました!第4回 大きなスイングで、目指せ50ヤード!

=LOVEの音嶋莉沙が、ゴルフの楽しさや面白さを体験していく本連載。前回から、最新ゴルフシミュレーターで練習ができるゴルフスタジオ『PGMゴルフアカデミー銀座』にて本格的なレッスンを受講することに。PGMサポートプロの指導のもと、ゴルフの基礎をイチから学んでいる。今回はより大きなスイングができるよう一歩進んだ練習に、音嶋が踏み込む!

=LOVE 音嶋莉沙 ゴルフはじめました!第4回 大きなスイングで、目指せ50ヤード!

取材&文:山本奈緒

今回も、レッスンを担当してくれるのはPGMサポートプロの市川里菜さん。まずは前回の復習からレッスンはスタート。重要なポイントであるグリップの握りをしっかりと確認する。指の位置などを先生に細かく指摘してもらうと、音嶋は“思い出しました!”とクラブを持つ感覚を取り戻した様子。

次にアドレス(構え方)を確認し、ポジションが定まったところで素振りを行なう。そして、そのままボールを打ってみる。最初はウマく当たらず、“(前回のレッスンが)遠い昔のような気がします……”と戸惑っていた音嶋だが、打っているうちに快音が出るようになってきた。先生からは、“頭が横に移動しないのがいい!”とお褒めの言葉が。

前回の感覚が戻ってきたところで、今回のレッスンのテーマである“より大きなスイング”の練習へ。クラブはヘッド部分(ボールを打つ部分)が重いため、力の弱い女性にとって大きく振ることはなかなか難しい。クラブを反対にしてヘッド側を持つと重さが軽減されるため、まずはその状態で素振りを行なう。手首のコックや頭の位置を意識しながら、左右にスイング。“勢いよく振ってみましょう!”という先生のアドバイスを受けて振り続けると、音嶋が“「ブン!」っていう音がします!”というように、だんだんスイングが大きくなっていく。

クラブを上下反対に持ってスイングの練習
ツイート
クラブを上下反対に持ってスイングの練習

フォームも徐々に定まってきたため、クラブを通常どおりに持つことに。グリップとアドレスを確かめて、先ほどと同じように大きな素振りを行なう。ボールを意識しすぎずシンプルに振り抜くようにと先生から指導され、くり返しスイングした後、ボールを打ってみる。迷わないで振るのが大事ということで、“迷っちゃいけない!”と自分に言い聞かせる音嶋。ウマく当たるようになってくるが、空振りしてしまう場面も。

音嶋莉沙(=LOVE)|PGMゴルフアカデミー銀座
ツイート
音嶋莉沙(=LOVE)|PGMゴルフアカデミー銀座

ボールにクラブが届かず空振りするということは、頭の位置がブレているということ。大きく振ろうとすると頭が動きがちなので、先生に頭を抑えてもらいクラブを左右に振る練習をしてみる。イメージがつかめたところで、再度ボールを打つ。“下腹に力を入れて”というアドバイスを受けてスイングするうちに、力強く振れるようになってきた。

とは言え、音嶋にとって重いクラブを大きく振るのはやはり難しい。そこで先生より新たな練習法が提案される。まずクラブを身体の左側に向かって振って勢いをつけて戻しながら振りかぶってスイングをしてみることに。何度かこのやり方で素振りをするうちに、“確かに!”とバックスイングのポジションがわかってきた様子の音嶋。クラブを振りかぶる時に誤ってボールを後ろに飛ばさないように注意しながら実際にボールを打っていくと、スムーズな動きができるようになった。

音嶋莉沙(=LOVE)|PGMゴルフアカデミー銀座
ツイート
音嶋莉沙(=LOVE)|PGMゴルフアカデミー銀座

そして、通常のスイングに戻してさらに打ち込むと、ボールはより飛ぶようになった。“スイングスピードが速くなりましたね”と先生。そこで、さらなる課題として50ヤード超えを目指すことに。ここで、秘密の練習器具が登場。クッション型のサンドバックのようなものを思い切り叩き、強く振る練習をするのだという。“日頃の恨みを込めて叩きましょう(笑)”という先生に従い、頭を動かさないように意識して振り抜く練習をする。

秘密の練習器具を使って、強く振る練習に挑戦
ツイート
秘密の練習器具を使って、強く振る練習に挑戦

そして実践! 当たりがどんどん強くなっていく。“もっと勢いをつけた方がいいのかな?”と、自分で分析しながらボールを打つ音嶋。ついに50ヤードを超えるが、ボールが少し左に逸れてしまう。それは身体が横に移動しているからということで、先生に頭を抑えてもらう素振りをもう1度。その甲斐もあって、ボールは真っ直ぐ飛ぶようになってくる。最後は55ヤードを記録し、“飛んだ感がある!”と歓喜する音嶋。ボールを飛ばすというゴルフの面白さを実感したところで、この日のレッスンは終了したのだった。

音嶋莉沙(=LOVE)|PGMゴルフアカデミー銀座
ツイート
音嶋莉沙(=LOVE)|PGMゴルフアカデミー銀座

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 【連載】=LOVE 音嶋莉沙「より遠くに飛ばすっていう感覚がつかめました」レッスン編②