CY8ER[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]“別れ”を意識したエモさあふれる熱演「ぶち上がっていくぞー!」

CY8ER[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]“別れ”を意識したエモさあふれる熱演「ぶち上がっていくぞー!」

CY8ER[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]“別れ”を意識したエモさあふれる熱演「ぶち上がっていくぞー!」CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>ライブレポート

夏を初め、夏を染めるアイドルイベント<NATSUZOME>が、2020年10月18日に日比谷野外大音楽堂にて、<NATSUZOME2020 Legend>を開催した。天候にも恵まれた秋空の下、アイドル11組がそれぞれの強い個性を発揮しながらステージを鮮やかに彩った同イベントから、本記事ではCY8ERのライブレポートをお届けしよう。

取材・文:向井美帆

CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)

この日の大トリを飾ったのは、2021年1月に解散が決定しているCY8ER。最初で最後となる日比谷野外大音楽堂でのパフォーマンスであったが、“別れ”を意識したエモーショナルなアクトで会場に熱い余韻を残した。

真っ白な衣装に身を包み登場した5人。“CY8ER、最後の日比谷野音始めます”。静かな語り口の中にも情熱的な想いが垣間見れるような、苺りなはむのひと言を合図に、疾走感溢れるフューチャーベース「東京ラットシティ」からライブをスタートさせると、“ぶち上がっていくぞー!”と猛る藤城アンナに続いて「beat」を投下。自己紹介ラップの掛け合いで会場に一体感をもたらすと、お馴染みのキラーチューン「ごーしゅー」では、早くもヒートアップしすぎたのか、ステージに寝転び天を仰ぐようにして脚をバタつかせる苺りなはむの姿も。そんな彼女に向けて、声援の代わりにカラフルに輝くペンライトが熱心に振られる一幕が印象的であった。

CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
ツイート
CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)

終盤は、“グッバイ さよなら これが僕らの最後の1ページ”という歌詞で始まる「Goodluck」、“ここでさよなら”と畳み掛けるように歌う「マイライフ」、“もし君がいない夜に慣れても 世界中振動させてどうか探すよ”と繋ぐ「サマー」と、いずれも別れと感謝を意識したエモーショナルなナンバーを立て続けに披露し、ラストの「さよならフラッシュバック」へ。

歌詞に込めた想いを体現するかのごとく全身全霊でパフォーマンスをするメンバーに呼応するように日比谷野音のボルテージを最高潮に引き上げ、<NATSUZOME2020 Legend>を締めくくった。

CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
ツイート
CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
ツイート
CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)

CY8ER<NATSUZOME2020 Legend>

2020年10月18日(日)
日比谷野外大音楽堂

SE
M01 東京ラットシティ
M02 beat
M03 ごーしゅー
M04 Goodluck
M05 マイライフ
M06 サマー
M07 さよならフラッシュバック
MC

  • トップページ
  • レポート
  • CY8ERï¼»NATSUZOME2020 Legendライブレポート]“別れ”を意識したエモさあふれる熱演「ぶち上がっていくぞー!」