©OFF THE RECORD

©OFF THE RECORD

IZ*ONE、デジタル技術を駆使した『KCON:TACT2020 season 2』で日本1st ALリード曲を初パフォーマンス!

IZ*ONEが、オンラインで開催されているK-カルチャーフェスティバル『KCON:TACT season 2』のDAY2となる10月17日(土)に出演し、日本1stアルバム『Twelve』よりリード曲「Beware」を初披露した。

IZ*ONEはMEET&GREETに出演後、CONCERTパート1曲目に初披露となる新曲「Beware」をパフォーマンス。ステージはAR技術を駆使し、ペンやPCのキーボードが乗った架空の部屋のデスク上で、IZ*ONEがミニチュアになってパフォーマンスしているかのようなポップな世界観が表現された。

メンバーは赤や紫、黄色など カラフルなギンガムチェックのトップスに黒のミニスカートを身に纏い、ヘアスタイルも咲良はピンクのロングヘアへ、ウンビと仁美が金髪に髪色をチェンジし、それぞれがこの日の為にビジュアルをアップグレードして世界中のファンの視線を釘付けにした。

「Beware」の振り付けは誰でも真似をしやすい “ガオガオダンス”がポイントだが、ミュージックビデオでは見ることができなかったフォーメーションダンスなど、どこを切り取ってもキャッチーなダンスで洗練されつつもポップなIZ*ONEのイメージを更新。終始表現力豊かに愛嬌満載の表情を見せ、視聴者も思わず顔をほころばせてしまうような可愛らしいパフォーマンスを届ける。

再び登場したIZ*ONEはゴールドの刺繍の入ったホワイトブラウスにブラックのビジュー付きの襟とショートパンツの衣装に着替え、星が瞬く銀河の中で幻想童話(Secret Story of the Swan)を披露。先ほどとは打って変わった強烈な視線と、IZ*ONEの代名詞ともいえる緻密なフォーメーションダンスで存在感を示した。タイトル通り幻想世界に存在する女神のような美貌で圧倒し、続くFIESTAでは青とピンクを基調とした花々を背景に、儚くも力強いパフォーマンスで満開の花を咲かせてみせた。

MCでは“こうやって皆さんとお会いすることができてとても嬉しいです”と喜びのコメント。そして1曲目に「Beware」を披露したのは1番見たい舞台としてWIZ*ONE(IZ*ONEのファンの呼称)のリクエストが多かったためだと伝えた。また、最後に披露する「Airplane」のエンディングユニットをファン投票によって決定することを伝え、それぞれのユニットがコミカルかつカリスマ性溢れるアピールをしてみせた。

温かい雰囲気のまま、次の曲「Merry-Go-Round」では花びらが舞うメリーゴーランドが現れ、ファンタジックな世界で心地よいメロディーを歌い上げた。

続いて“久しぶりにWIZ*ONEに会うことができてとても嬉しかったです!また会いましょう!”という挨拶と共に投票結果の発表が行われて最後の曲「Airplane」へ。気持ちのいい青空の中で、カラフルな紙飛行機とライブを視聴しているファンとコラボした映像が浮かび最後はエンディングユニットで選ばれたイェナ、チェウォン、ユリの笑顔で締めくくった。

©OFF THE RECORD
ツイート
©OFF THE RECORD

『KCON:TACT season 2』DAY2 IZ*ONE

2020年10月17日(土)10月17日(土)

Beware
Intro+幻想童話(Secret Story of the Swan)
FIESTA
Merry-Go-Round
Airplane

次ページ

  • 1