清原果耶、映画『花束みたいな恋をした』出演決定!

清原果耶、映画『花束みたいな恋をした』出演決定!

清原果耶、映画『花束みたいな恋をした』出演決定!

『東京ラブストーリー』(’91)、『Mother』(’10)、『最高の離婚』(’13)、『Woman』(’13)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(’16)、『カルテット』(’17)、『anone』(’18)など、各時代において連続ドラマの金字塔を数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、“2020年の東京”を舞台に、今この瞬間を生きるすべての若者へ贈るため書き下ろした映画『花束みたいな恋をした』。映画オリジナルのラブストーリーを坂元が手掛けたのは今作が初となる。

主役を演じるのは、時代を象徴しながらその先端を拓いていく2人の実力派俳優、菅田将暉と有村架純。執筆段階から坂元が主役に想定していたという2人による“初のダブル主演”が実現。

監督は、小栗旬×星野源の共演が話題の『罪の声』の公開も控える土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(’04)、『ハナミズキ』(’10)、『映画 ビリギャル』(’15)など多くの大ヒット映画を手がけてきた土井は、ドラマ『カルテット』で坂元と組んで以来、映画では初のタッグとなる。

描かれるのは、東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、その夜から始まる1つの恋の5年間の行方を、同時代のカルチャーを背景にしながら坂元による唯一無二のセンスで紡いでいく物語。

今回解禁となったのは、山音麦を演じる菅田将暉、八谷絹を演じる有村架純の脇を固める個性豊かな追加キャストたち。

麦と絹がかつてのお互いの姿を重ねる若い男女の2人組、羽田凜役をNHKの連続テレビ小説『あさが来た』(’15)で鮮烈なデビューを果たし、『透明なゆりかご』(’18)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(’20)などドラマ、映画と次々に主演を務め上げ今最も注目を集める若手女優・清原果耶。

水埜亘役を映画『町田くんの世界』(’19)で当時16歳という若さで約1,000人以上の中からオーディションで主人公・町田一役に選ばれ、映画初主演を果たし、映画『子供はわかってあげない』(2021年公開予定)をはじめとする数々の待機作が控える俳優・細田佳央太が演じる。

そして絹の勤務先であるイベント会社の社長、加持航平役をオダギリジョー。絹の両親である八谷早智子役は戸田恵子、八谷芳明役に岩松了。麦の父、山音広太郎は小林薫が演じ、安定感のある豪華実力派キャストたちが集結。

さらに今回、劇中で麦と絹が“神”として評する映画監督の押井守が出演決定。これまでにさまざまな作品を生み出してきた押井監督が、サブカルチャー好きの麦と絹を繋ぐきっかけとなる存在として、本人役での出演を果たす。

そのほかにも、韓英恵、中崎敏、小久保寿人、瀧内公美、森優作、古川琴音、篠原悠伸、八木アリサ、佐藤寛太、岡部たかし、萩原みのり、福山翔大、萩原利久、片山友希、宇野祥平、佐藤玲、水澤紳吾の出演が決定。

押井守
ツイート
押井守

次ページ

  • 1