©2021 「樹海村」製作委員会

©2021 「樹海村」製作委員会

山田杏奈&山口まゆW主演映画『樹海村』、公開日&新場面写真解禁!

映画『樹海村』が、公開日と新場面写真を発表した。

公開日は、2021年2月5日(金)に決定。

併せて解禁された場面写真は、天沢家の長女・鳴(山口まゆ)が1人樹海に迷い込こんでしまったシーンと、山田杏奈演じる鳴の妹である響(山田杏奈)が、家の窓から何かに怯える様子でこちらを見ているシーンに。

樹海のシーンでは、緑以外何もない中に、鳴の着ているパープルの服の色が鮮やかに写り、広大な富士の樹海の中でまるで鳴だけが異質のモノのように見える。

さらに、公開日決定のビジュアルも明らかに。“2021年2月5日、解禁”の文字とともに、不気味に浮かび上がる1つの箱が。この箱の意味するものとは? 本編への期待が高まる3枚となっている。

2020年2月に公開し、コロナ禍にもかかわらず、異例の興収14億円超えという大ヒットを記録した清水崇監督作品『犬鳴村』。

SNSで話題となり、高校生を中心にたくさんのファンが劇場に足を運び、動員数は110万人を突破。それに続く『恐怖の村』第2弾が『樹海村(じゅかいむら)』となる。

舞台は“絶対に行ってはいけない”、“入ったら生きては出られない”と噂される富士の樹海。富士の樹海は、今から約1,100年以上前に富士山大噴火で流出した青木ヶ原溶岩流を覆っている広大な森。およそ3,000ヘクタール(東京ドーム約642個分)にもおよぶ樹海では、“コンパスが効かない迷いの森”、“入ると何者かに襲われる”、“さまざまな怨念を持ったヤバい村がある”と、聞くだけでゾッとするような都市伝説が飛び交っている。

映画公式Twitterで次なる村を募集していたところ、『樹海村』は上位にランクイン。今作はそれだけ“ヤバい場所”として認知度の高い場所に挑む。

場面写真 ©2021 「樹海村」製作委員会
ツイート
場面写真 ©2021 「樹海村」製作委員会
場面写真 ©2021 「樹海村」製作委員会
ツイート
場面写真 ©2021 「樹海村」製作委員会
公開日決定ビジュアル ©2021 「樹海村」製作委員会
ツイート
公開日決定ビジュアル ©2021 「樹海村」製作委員会

次ページ

  • 1