【ライブレポート/LIVE SHOW CASE 2018】26時のマスカレイド、表情豊かな楽曲で<LIVE SHOW CASE 2018>を締めくくる

【ライブレポート/LIVE SHOW CASE 2018】26時のマスカレイド、表情豊かな楽曲で<LIVE SHOW CASE 2018>を締めくくる

【ライブレポート/LIVE SHOW CASE 2018】26時のマスカレイド、表情豊かな楽曲で<LIVE SHOW CASE 2018>を締めくくる26時のマスカレイド<LIVE SHOW CASE 2018>ライブレポート

鶴岡 舞

Pop'n'Roll Editor(編集者)

2018.12.30

<LIVE SHOW CASE 2018〜アイドルの加速器になりたい〜>が、2018年12月9日に山野ホールで開催された。アイドルとメディアコラボをテーマにした本イベント。さまざまなグループが個性溢れるパフォーマンスをくり広げた中から、26時のマスカレイドのライブレポートをお届けしよう。

▼26時のマスカレイド<LIVE SHOW CASE 2018>画像

総勢22組が出演した<LIVE SHOW CASE2018>のトリを務めるのは、26時のマスカレイド。

SEなしで5人がそれぞれステージに姿を現わすと、新曲「ハナイチモンメ」からライブの口火を切る。赤を基調としたライティングの中、和のテイストを組み込んだロックチューンでカッコよくキメる。

大門のセリフ調な歌詞から始まるストーリー仕立ての「仮面に隠れたセレナーデ」では、恋する女の子の気持ちを仮面舞踏会の世界観で可愛らしく表現。続く、彼女たちにとって初めてのオリジナル楽曲でもある「ハローハロー」では、エモーショナルな歌詞を丁寧に歌い上げていく。

江嶋が“最後の曲です! 楽しんでいきましょう!”と、ラストは26時のマスカレイドの代表曲「ハートサングラス」をセレクト。可愛らしくポップなサマーチューンでフロアの盛り上がりは最高潮を更新し、<LIVE SHOW CASE2018>は幕を降ろした。

来栖りん(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
来栖りん(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
吉井美優(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
吉井美優(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
大門果琳(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
大門果琳(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
森みはる(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
森みはる(26時のマスカレイド)<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
26時のマスカレイド<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
26時のマスカレイド<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
26時のマスカレイド<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール
26時のマスカレイド<LIVE SHOW CASE 2018>より|2018年12月9日(日)山野ホール

撮影:曽我美芽

26時のマスカレイド<LIVE SHOW CASE 2018>セットリスト

2018年12月9日(日)
山野ホール

セットリスト
M01 ハナイチモンメ
MC
M02 仮面に隠れたセレナーデ
M03 ハローハロー
M04 ハートサングラス
MC

セットリストを見る
  • トップページ
  • レポート
  • 【ライブレポート/LIVE SHOW CASE 2018】26時のマスカレイド、表情豊かな楽曲で<LIVE SHOW CASE 2018>を締めくくる