夏本あさみ[インタビュー]持ち前のあざとさを凝縮したVR作品「今までの作品の中で1番チューしてると思うんで(笑)」

夏本あさみ[インタビュー]持ち前のあざとさを凝縮したVR作品「今までの作品の中で1番チューしてると思うんで(笑)」

夏本あさみ[インタビュー]持ち前のあざとさを凝縮したVR作品「今までの作品の中で1番チューしてると思うんで(笑)」夏本あさみVR作品『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』、『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのはキミに逢うための口実、そんな世界。』インタビュー

夏本あさみのVR作品『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』、『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのはキミに逢うための口実、そんな世界。』(制作:FANTASTICA)が、PICMO VRの見放題サービスに追加された。今年6月『週刊ポスト』と『NEWSポストセブン』のコラボにて開催された<ハイレグが似合いそうなグラドル総選挙>で見事1位を獲得した、夏本あさみ。2018年11月にはAbemaTV主催<全日本グラドル柔軟女王コンテスト>で初代女王に輝いている。本記事では、ハイレグ×柔軟性という2つの魅力を持つ夏本が“内容が盛りだくさんの充実作”と胸を張る本作の内容や見どころに加え、“想像次第ではセクシー”というSNS活用術について語ったインタビューをお届けする。

編集協力:村田誠二

私のことを本当にリアルに感じてもらえるかなって思います

──今回、PICMO VRに2つのVR作品『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』と『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのは君に逢うための口実、そんな世界。』が新たに追加されましたね。まず、オファーを受けた時はどう思いましたか?

夏本:
以前、VR作品を出させていただいた時、ファンの方からすごく好評やったんですよ。やっぱりVRはイメージDVDよりも密着感があって、吐息とかもリアルに聴けるからよかったって話を聞いていたので、今回2回目のVR作品のお話をPICMO VRさんからいただいた時は、またファンの方に喜んでもらえるなって嬉しかったです。

──確かに、イメージDVDとは似ているようでまったく別ものですよね。『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』ではいろんなコスプレ姿を披露されてますが、普段からコスプレをされるんですか?

夏本:
普段からコスプレはけっこう好きで、イベントでもけっこうしますね。この作品でも、いっぱい用意していただいた中から、スタッフの方と“これがいいんじゃないか、あれがいいんじゃないか”って言いながら、ナースとハイレグ水着と下着風のパジャマを選びました。

──ナース衣装の時に登場する聴診器のシーンは衝撃でした。夏本さんの心臓の鼓動が耳元で聴こえてきて、本当にドキドキでしたね。

夏本:
すごいですよね、あれ(笑)。しかもヘッドフォンなどをつけて観ていただけたら、より鮮明やし、私のことを本当にリアルに感じてもらえるかなって思います。

──『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に〜』でのお気に入りのシーンはありますか?

夏本:
ハイレグ水着の時に“息継ぎの練習!”ってチューをするシーンがあるんです。“チューするから息止めといて”って(笑)。そのチューの時間も長いし回数も多いし、夏本あさみのDVDも含めた今までの作品の中で1番チューしてると思うんで(笑)、そこがやっぱり見どころかなって思います。あと、収録時間も、ほかの方の作品はだいたい1本30分くらいみたいなんですけど、私けっこう普段からしゃべるのが好きで、アドリブでめっちゃセリフを入れたり、会話してる感じで進んでいくので、今回の2作品は33分と37分あるんです(笑)。だから、内容が盛りだくさんの充実作になってるかなと思います。

──夏本さんと会話しながら楽しめるわけですね。

夏本:
観ながら返事してもらえたら嬉しいです!

──『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのは君に逢うための口実、そんな世界。』の方は、まさに“柔軟女王”の見せどころですね。

夏本:
まさにそうですね。私がパーソナルトレーナーのことが好きで、彼を呼んで一緒にストレッチとかして、最後に告白するっていうストーリーなんですけど、おっしゃっていただいたとおり、私、柔軟が売りでもあるので、いろんなストレッチシーンをじっくり観てもらえるかなと思います。

──上からのアングルで観させていただきましたけど、だいぶセクシーなストレッチを間近で観ることができました。

夏本:
ですよね(笑)。そういうシーンって、イベントとかでいざ私を目の前にしても、意外とファンの方はマジマジと観られないと思うんですね。でも、こういう作品ならリアルに近い感じで自分の観たいところをジーッと観られるじゃないですか。そこがすごくいいと思うんですよね(笑)。

──ちなみに今作にはお風呂のシーンもあります。ほかの方からもよく聞くんですけど、水に濡れると水着が落ちてきちゃうことがあるそうですね。撮影ではそういうハプニングみたいなことが起こったりしましたか?

夏本:
ハプニングはなかったですけど、この作品、ストーリー的には私が片想いしてて最後にベッドで告白するんですけど、途中でなぜか一緒にお風呂に入るんですよ(笑)。順番間違えてるんですけど、“え、お風呂に一緒に入るん?”っていうリアクションは、本当に自分がそういう状況だったらっていうのを想像しながら撮影したので、自然体の私を観てもらえるんじゃないかなと思います。

──好きな人を前にした夏本さんの仕草が観られるわけですね。こちらの作品でイチ推しのシーンというと?

夏本:
もちろん体が柔らかいところはぜひ観てほしいですし、あとは、最後にベッドの上でクリームを塗るシーンがあって、そういうシーンってDVDだと適度に離れたところから撮ることが多いですけど、今回は彼の上に乗っかってクリームを塗ってるので(笑)、塗ってる音とかも鮮明に聴こえるほど私の肌との距離も近いし、ドキドキが味わえるシーンで、私はそこも見どころだなと思ってます。

夏本あさみ
ツイート
夏本あさみ

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 夏本あさみ[インタビュー]持ち前のあざとさを凝縮したVR作品「今までの作品の中で1番チューしてると思うんで(笑)」