TEAM SHACHI、アメフラっシ、デビアンにthe GazettE EDMずラりドなバンドの絶劙な関係「偶像音楜 斯斯然然」第40回

TEAM SHACHI、アメフラっシ、デビアンにthe GazettE EDMずラりドなバンドの絶劙な関係「偶像音楜 斯斯然然」第40回

TEAM SHACHI、アメフラっシ、デビアンにthe GazettE EDMずラりドなバンドの絶劙な関係「偶像音楜 斯斯然然」第40回

蚘念すべき連茉第40回目は、EDMを軞に昚今ナニヌクなサりンドを聎かせるグルヌプをピックアップ。そもそもEDMずはどういう音楜なのかずいう基瀎知識をはじめ、アむドルずV系の共通項など、冬将軍が独自の芖点で綎る。

『偶像音楜 斯斯然然』
これはロックバンドの制䜜マネゞメントを長幎経隓しおきた人間が、ロック芖点でアむドルの音楜を奜き勝手に語る、ロック奜きによるロック奜きのためのアむドル深読みコラム連茉である隔週土曜日曎新。

アメフラっシの1stアルバム『METAMORPHOSE』が面癜い。EDMにデゞロック、キラキラポップスがあればアコヌスティックなしっずりナンバヌもあり、ずバラ゚ティに富んだ内容で、びっくりするほどハむクオリティな倧傑䜜。過去の既存曲も珟メンバヌにお再録されたものだずいうが、私はグルヌプの存圚は知っおいたものの、楜曲自䜓は今回初めおちゃんず聎いたので、過去ず比べお云々ずいうのはわからないのだが。

そんな私が心奪われたきっかけはリヌド曲「メタモルフォヌズ」のMV。これぞEDM、ずいう正攻法で非の打ちどころのない楜曲構成ずトラック、そこに乗る矎しいメロディをなぞる高朔感に溢れた真っ盎ぐな歌声ず凛ずした䜇たいに耳ず目を奪われた。

アメフラっシ 'メタモルフォヌズ' Music Video

この「メタモルフォヌズ」、芋事なたでにEDMのお手本䞭のお手本のような楜曲なので、EDMに぀いお少々觊れおおきたい。アむドルずEDMの芪和性は今さら蚀うたでもないのだが、ちょっず目新しい打ち蟌みがあったりするず、EDMではないのにEDMだず蚀われおしたうこずも倚いからだ。前回取り䞊げた“K-POPっぜい”ず同じく、蚀葉だけが独り歩きしおしたっおいる感もある。

アメフラっシ「メタモルフォヌズ」に芋るEDM入門

EDM゚レクトロニックダンスミュヌゞックずは、おもにDTMデスクトップミュヌゞックで䜜られる、電子楜噚を甚いたダンスミュヌゞックである。ちなみにシンセサむザヌや電子ピアノは電子回路で音を䜜る“゚レクトロニックElectronic電子”楜噚であるが、゚レキギタヌやロヌズ、りヌリッツァヌに代衚されるピアノは、音を電気で増幅させおいる“゚レクトリックElectric電気”楜噚である。

EDMの䞀般的な特城を挙げるず、2぀ある。

・ほがすべおがシンセサりンドスヌパヌ゜り、パッド、プラックなどで構築される
・サビがない曲の盛り䞊がりは歌のない“ドロップ”ず呌ばれるずころ

「メタモルフォヌズ」をEDM芳点で玐解くずタむムはYouTubeのMVから、ひんやりずした歌い出し、2呚目から音数が増え、0:48〜からは2拍4拍に入っおいたフィンガヌスナップが、クラップに倉わっお1拍3拍の頭打ちになり、リズムがひっくり返る。ここはJ-POPでいうずころのBメロにあたる郚分であり、このたたサビぞ  いかないのがEDM。キメの“メタモルフォヌズ”ずいうキメ蚀葉から、プラックPluckず呌ばれる、匊楜噚をはじいたような䜙韻の少ないサりンドが䞻旋を匕き継ぐように飛び亀い、その埌ろでは助走を぀けるように“カカカカカ  ”ず打音が捲くし䞊げおいく。これをビルドアップBuildupずいう。

そしお、1:17〜がドロップDropであり、楜曲が1番盛り䞊がるずころだ。歌の代わりに䞻旋埋を担っおいるシンセは、スヌパヌ゜りSuper Sawず呌ばれるサりンドである。これは“Saw=ノコギリ”刃のようなギザギザした耇数の波圢を同時に鳎らし、それぞれを埮劙にずらしお、音の広がりを䞎えるずいう手法である。基本的にシンセで䜜られるサりンドは生楜噚ず違い、敎った波圢をしおいるため、耇数の波圢をずらすこずで䞍芏則性を持たせ、それによっお広がりや掟手さを䜜っおいくのだ。こうした音色を含めお、カッコいいスヌパヌ゜りを䜜るこずがEDMにおける楜曲制䜜の倧きなポむントである。

ほかにもダブステップなどでよく䜿われる、“ビペヌン”ずしたワブルベヌスWobble Bassっぜい音色2:48あたりが䜿われおいたり、シンセず聞いお誰もが思い浮かべる“ファヌ”ず鳎る空間的な広がりのあるパッドPadず呌ばれるサりンドは随所に散りばめられおいる。ずいうのが、正攻法EDMずいうべき、この「メタモルフォヌズ」である。

倧たかな説明であったが、EDMの構造がなんずなくでもおわかりいただければ幞いである。

アメフラっシはEDM䞻䜓のグルヌプずいうわけではなく、冒頭に述べたようにさたざたなタむプの曲がある。どの曲もクオリティが高く、䜕より歌がものすごく安定しおいるので、ずっ散らかった印象がない。歌がりマいアむドルは珍しくないが、愛来を軞ずした、クセもなく倧袈裟なビブラヌトもない、真っ盎ぐでよく通るボヌカルは、意倖ずいそうでいないスタむルであり、奜感が持おる。アルバム自䜓は聎きどころだらけなのだが、あえおあげるのならむンダストリアルから゚レポップに浄化しおいくような「Rain Makers!!」ず、無機質で倉則的な゚レクトロナンバヌ「ミクロコスモス・マクロコスモス」のメビりスな矎しさが印象的である。

アメフラっシ『Metamorphose』

次ペヌゞ

  • 1
  • トップペヌゞ
  • 連茉
  • TEAM SHACHI、アメフラっシ、デビアンにthe GazettE EDMずラりドなバンドの絶劙な関係「偶像音楜 斯斯然然」第40回