神激[ライブレポート]最狂の6人が豊洲PITに描いた圧倒的光景

神激[ライブレポート]最狂の6人が豊洲PITに描いた圧倒的光景

神激[ライブレポート]最狂の6人が豊洲PITに描いた圧倒的光景

神使轟く、激情の如く。が、2020年9月22日(火)に東京・豊洲PITにてワンマンライブ<神激3周年-神時代覚醒〜GOD AWAKE WORLD〜at 豊洲PIT>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

二日よいこの超舌技巧ラップで幕を開けた本公演。

オープニングナンバーは、「瞬間成仏NEXT YOU→」。各担当歌唱パートでは担当カラーの照明が照らされ、落ちサビで生牡蠣いもこが“さぁ、上を向けよ!”と煽ると会場のボルテージは急上昇。

その後、TiNAが神者(神使轟く、激情の如く。ファンの総称)に“初めて神激を観た人、遠くから遠征してきた人、そして神激が大好きな人!!”と呼び掛けると、観客全員が声を上げ、TiNAは改めて“お前らの脳内ジャックしてやるよ!”と宣言。そして爆音で流れ出したのは、「自己都合主義メタモルフォーゼ」。神激の世界が圧力を増してきた瞬間だった。

終始、重低音が鳴り響き、筆者がレポートしているデスクにダイレクトに振動が伝わってくる。赤中心の照明の中、ダクテッドファンの回転が表現され、さながら廃墟を彷彿とさせる。サウンドやアートワークのクオリティにこだわりを持つ神激は、音だけではなく会場全体を、曲に合わせた世界観で染め上げていた。

廃墟の中で、三笠エヴァが生き方について想いを吐き出す。“悔しくて握ったその拳を突き上げて、くそったれな世界に宣戦布告しよう”。「宣戦布告」のコーラス部分では、会場全員の拳が挙がった。

神激の代名詞とも言える生牡蠣いもこのMCは、夢について語るものであった。

“誘惑に負けた人を何人も見てきた。私は夢を叶えるために一瞬たりとも気を抜いている暇ない。フロア50人の客から始まった神激は、今ようやく豊洲PITに辿り着いたよ。この中にも夢を持ってる奴いるんだろ? 諦めるな。負けんな! そんなお前らに送る歌!”

ここでリリース前の曲、「神奏曲:アブソルートゼロ」が初披露された。ジャジィなイントロは、神激にしては珍しいと感じさせたが、それも束の間、やはり神激。とてつもなく重たくありながら、軽やかにスピードに乗ったビートを轟かせた。

ライブ終盤、キャッチーなイントロに会場が湧き上がる。会場全員が踊れるほどの人気ナンバー「STAGE」だ。額の汗が照明に反射する中、この夏から彗星の如く現れた“しんげくん”も登場。会場はより一層盛り上がる。

神使轟く、激情の如く。<神激3周年-神時代覚醒〜GOD AWAKE WORLD〜at 豊洲PIT>|東京・豊洲PIT(2020年9月22日)
ツイート
神使轟く、激情の如く。<神激3周年-神時代覚醒〜GOD AWAKE WORLD〜at 豊洲PIT>|東京・豊洲PIT(2020年9月22日)

最高潮のボルテージをすぐに更新したのは、神激最狂曲「合法トリップ:ボイルハザード」。涙染あまねのスクリームが会場をつんざき、二日よいこのラップがそのスクリームを切り裂いていく。本日最高の重低音をコントロールするのは、同曲のPVから登場したマニピュレーター“GODちゃん”。ステージ上でサウンドコントロールを行なっていたが、これからのライブにも常に登場するのか気になる存在であった。

この単独公演を観ていて、筆者は確信した。“神使轟く、激情の如く。にハマるなら「今」だ”と。

メンバー全員がそれぞれの世界で主人公になりうる逸材であり、業界随一のサウンドに加え、歌詞と世界観、それを作り上げるアートワーク……そのすべてが噛み合った“今”こそ、神使轟く、激情の如く。は、史上最狂のグループとなっている。

今後の神激は、一瞬たりとも見逃せない。

取材・文:Chiho

神使轟く、激情の如く。<神激3周年-神時代覚醒〜GOD AWAKE WORLD〜at 豊洲PIT>

東京・豊洲PIT
2020年9月22日(火)

01.瞬間成仏NEXTYOU→
02.自己都合主義メタモルフォーゼ
03.神奏曲:テンペスト
04.宣戦布告
05.夏声蝉時雨
06.風Zing!雷Zing!
07.神奏曲:アブソルートゼロ
08.さよならネガティブ
09.暁光センチメンタル
10.青瞬螢詠
11.STAGE
12.残響カタストロフィー
13.合法トリップ:ボイルハザード
14.不器用HERO
ーアンコールー
15.生まれ変わっても自分になりたい
16.自己都合主義メタモルフォーゼ
17.Supernova

次ページ

  • 1