青山ひかる[インタビュー]ドキドキな臨場感と妄想世界へ導くVR作品「ポロリには本当に気をつけながらやってました(笑)」

青山ひかる[インタビュー]ドキドキな臨場感と妄想世界へ導くVR作品「ポロリには本当に気をつけながらやってました(笑)」

青山ひかる[インタビュー]ドキドキな臨場感と妄想世界へ導くVR作品「ポロリには本当に気をつけながらやってました(笑)」青山ひかるVR作品『青山ひかると同棲中。有名アイドルのビキニ姿を独り占め、そういう世界。』『青山ひかると二人だけの部活帰り、時間が止まれば良いのになって思う、そんな世界。』インタビュー

キュートなベビーフェイスにIカップのバストというギャップが大きな魅力のグラビアアイドル・青山ひかるの最新VR作品『青山ひかると同棲中。有名アイドルのビキニ姿を独り占め、そういう世界。』、『青山ひかると二人だけの部活帰り、時間が止まれば良いのになって思う、そんな世界。』(制作:FANTASTICA)が、PICMO VRの見放題サービスにラインナップ。この2作品は、グラビアアイドルとしての彼女のポテンシャルが存分に味わえるだけではなく、内に秘めた“妄想世界”も覗くことができる内容となっている。青山が“緊張感のある撮影”と語った撮影現場は一体どのようなものだったのか? その制作過程のほか、所属事務所・ゼロイチファミリアの近年の躍進などについても語ってもらった。

取材・文:山本奈緒

水着は全部倉持由香さんにいただいたものなんです

――青山さんは、これまでもVR作品に出演されたことがあるんですよね?

青山:
今回の作品で5本目くらいですかね。そのほかにも、何人かと合同で撮ったこともあるので、今回の撮影では慣れた感じで撮影することができました。

――これまでのVR作品とはどんなところに違いがありましたか?

青山:
1番違うと思ったのは、衣装の水着がほぼ私物だったことと、自分が提案したアイディアをいろいろ取り入れてくれたこと。1本は王道のもので、もう1本は完全に私の妄想、趣味が入っているものになってます(笑)。

――設定やストーリー、衣装がほぼお任せだった?

青山:
はい、大部分をお任せにしていただいたので、そこがちょっと普段と違うのかなと。

――戸惑ったりすることはありましたか?

青山:
VRはカット割りができないんです。1カットで撮るので、カメラもずっと回しっぱなしということで、ある程度やれることは決まってるんですね。セリフも覚えておかないとやっぱり話が進まないので、ヘアメイク中に覚えて。ただ、そんなに複雑なものではないので、自分の間でしゃべって、できるだけ尺を長く撮れるようにと思いながらやってました。

――長く撮られるのは、けっこう大変ですよね?

青山:
そうですね。あと、VRのカメラってその場に固定されているので自分から動かなくてはいけないのと、バイノーラル録音なので、撮影中に周りの人が動けないんですよね。監督さん、カメラマンさん、スタッフさんとかもいてくれるんですけど、動くと音を拾っちゃうので。みんな15分間じっとしつつ、ずっと黙ってる。息をするのも気を遣う感じで、緊張感高めの撮影なんです。

――お話を聞いているだけでドキドキしますね。

青山:
それもあってDVDより臨場感があって、また距離感がかなり近いので迫力がすごいんですよ。画面の中のいろんな場所が観られるので、1回目は顔や胸を中心に観て、2回目からは足先とか指先まで観るとか、そういうことができます。あと、バイノーラル録音なので、耳元で囁いた声とか、服が擦れる音とか、すごくよく聴こえるので、それも楽しんでもらいたいですね。

――では、作品ごとに聞かせてください。『青山ひかると同棲中。有名アイドルのビキニ姿を独り占め、そういう世界。』は、青山さんと同棲しているという設定です。

青山:
そうですね。部屋着のTシャツを着て登場するんですけど、明日の仕事で着る水着を一緒に決めるみたいなストーリーで、いろんな水着が置いてあって。で、“これ着よう!”ってなるんですけど、目の前で着替えようとするんですよ。“こっち見ないでね”って言ってるんですけど、カメラはずっとこっちを向いてる(笑)。ちょっとイチャイチャ感を出しつつ、手でカメラを隠すんです。VRでそういうことをすると本当に何も観えなくなるんですが、作品を観ている側が下を向いたら覗けるような感じになって面白いんですよ。そのあとに、選んだ水着を着てポージングの練習をするんです。

――手でカメラを隠すと、観えなくなるという。

青山:
そういうDVDとは違う遊びみたいなことが、VRではできるんだなって。ほかのシーンは顔を動かしたらどこでも見えちゃうので、好きなところを観てください!(笑) 逆に正直なことを言うと、全身に神経を張り巡らせておかないといけないので大変なんですよね。足がだらしなかったりしたら、それも観えちゃうので。撮影中は、画面には全身が映ってると思って意識してましたね。

――それもまた緊張しますね。あと、タンバリンを叩いたり、リコーダーを吹いたりもしています。

青山:
最後が、寝る前にベッドの上でゴロゴロするシーンなんですよ。引っ越ししたての設定なんですけど、持って来たダンボールから“見つけた!”みたいな感じでいろいろ引っ張り出すんです。“なんか懐かしいものが出てきてさ~”って言って、スケスケの衣装を出して着てみたり。実際、それも自前なんですよ。タンバリンやリコーダーもその流れで見つけてやってみるんですけど、DVDのシーンではよくある胸の揺れを撮ろうと思って。ただ、タンバリンを普段あまり触ることがないので、“どうやったらいいんだろう?”って(笑)。とりあえず胸を揺らすことに集中して叩いてみました。バイノーラルで聴こえるので、片側の音の方が強いな、というのもわかります(笑)。DVDでも、“なんでそんなこと急にやり始めるの?”っていう場面があるじゃないですか。それと同じ感じで取り入れてます。王道でありつつ、ユニークな部分もある作品になっているんじゃないかと思います。

――いろいろな場面を楽しんでもらえるんですね。もう1つの『青山ひかると二人だけの部活帰り、時間が止まれば良いのになって思う、そんな世界。』ですが、これは部活帰りのお話ですよね?

青山:
水泳部の部活帰りにゲリラ豪雨が降ってきてびしょ濡れになったから、先輩の家に雨宿りさせてもらうっていう設定なんです。もうこれは完全に私の妄想の世界ですね(笑)。少女コミックとかをいろいろ読んできたので、そっち系のちょっと二次元っぽい、現実世界には絶対ないことをしてみたいと提案したら、スタッフの方々にOKをいただいたんです。私が後輩で片思いしている設定で、青春のドキドキ感をやりたかったんですよ。VRを観てる方は先輩の気持ちになってもらうと、妄想世界をリアルに体験できるんじゃないかと思います。距離感をかなり意識しつつ撮ったので、ぜひこの世界に浸ってほしいなって。

――可愛い後輩が家に来てくれるなんて、先輩は嬉しいですよね(笑)。

青山:
青春と言いつつ、始まってからけっこうすぐに“風邪引いちゃうからお風呂入りましょ”って誘っちゃうんです(笑)。それはお風呂のシーンがほしかったからなんですけど、あの流れはちょっと強引ですね。最後に“実は好きなんです”って耳元で言うんですが、“もう最初からわかってるやろ!”みたいな(笑)。でも告白はシメに取っておきたかったので、“付き合ってください”と耳元で囁いて、キスして終わるっていう。

――まさに漫画っぽい展開。

青山:
漫画っぽい展開を作りたかったがためのVR作品です(笑)。

――王道モノと漫画的なモノという、バリエーションのある2作品になったんですね。

青山:
そうですね、1つ目の『青山ひかると同棲中〜』の方は、そのままの素の自分みたいな感じで撮りました。2つ目の『青山ひかると二人だけの部活帰り〜』は、あんまりセリフ数はないんですね。モジモジ感というか、なんか学生時代の青春っぽい感じを出したかったので。だから、素というよりは後輩感を出しました。

――作品で着ている水着は、どういうポイントで選んだのですか?

青山:
今回の2作品のために水着を4個持っていったんですけど、全部倉持由香さんにいただいたものなんです。『青山ひかると同棲中〜』の方は、最初の部屋着の下が無地の薄い紫の下着だったので、その次は柄があるものがいいなと思って、花柄の黒水着を使っています。ちょっと下着に見えるのもいいなと思って。『青山ひかると二人だけの部活帰り〜』では、お風呂といえばやっぱりベージュの水着だろうなっていう偏見があって(笑)。それで、ベージュの水着を着たのと、ちょっと形を変えたいということでチューブトップのストライプの水着も使いました。2作品を通してバリエーションがあっていいのかなと感じております。

――ちなみに、青山さんはどういう水着がお好きなんですか?

青山:
やっぱり三角水着が好きで、普段からけっこう着ていますね。今回も、三角水着だったら入るだろうということでいただいたんです。カップのものは、胸の形の見え方がちょっと違ってしまうので。1番綺麗に見えるのが三角水着だと思ってるんです。

――撮影時にハプニングなどはありましたか?

青山:
ハプニングというか、先ほども言いましたが、撮影中みんな静かにしていなきゃいけないので、頑張って1テイクでOKを出さないとヤバいと思っていて。セリフを噛めないというのもすごく緊張しましたが、水着もズレたらカメラを止めて、もう1回最初からやらないといけなくなるので、できるだけズレてしまっても大丈夫なような姿勢を取りました。私の胸は水パイで、本当に流れやすいんですよ。ベッドの上でゴロゴロすると、片方に寄っちゃたりするんですよね。起き上がった時に、“あ、危ない!”っていう瞬間がよくあったりするので、ポロリには本当に気をつけながらやってました(笑)。

――いろんな意味で緊張感がある現場だったんですね。

青山:
そうですね。水着がズレてしまった場合は、不自然じゃないようにちょっと直したりもしてます。

青山ひかる
ツイート
青山ひかる

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 青山ひかる[インタビュー]ドキドキな臨場感と妄想世界へ導くVR作品「ポロリには本当に気をつけながらやってました(笑)」