((C)AbemaTV)

((C)AbemaTV)

永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨、トリプル主演! 17歳女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描く青春恋愛ドラマ放送決定

永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨がトリプル主演をするABEMAの新オリジナル連続ドラマ『17.3 about a sex』が、2020年9月17日(木)夜11時より7週にわたり全9話を配信することが決定した。

同番組は、17歳の女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描くひと夏の青春恋愛物語。

“初体験の世界平均年齢は17.3歳―――――”とあるサイトに載っていた情報をきっかけにして、彼女たちがなんとなく持っていた“性の価値観”が揺らぎ始める。本当は気になっていても、誰にも聞けなかった、恋、そしてキスの先にある性。三種三様の異なる恋愛への価値観を持つ3人が、セックス、避妊、生理、体型の悩み、セクシャリティ……に初めて向き合い、時には悩み苦しみ、本音をぶつけ合いながらも自分たちの足で一歩“オトナ“へと踏み出す中で、揺れ動くリアルな心情をピュアに過激に描く。

トリプル主演の等身大の女子高生3人組、咲良、柚、祐奈を演じるのは、若手女優の登竜門と言われる現役Seventeen専属モデルであり、今最も“次世代を担う若手女優”として注目されている、永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨。

また、同番組の重要なキーパーソンには、豪華キャストが決定。

性の話をタブー視し、娘に厳格にふるまいながらも、自身にとある“性の秘密”を隠している咲良の母・亜紀役を演じるのは、人間力溢れる藤原紀香。本作が描くテーマの意義や重要性に共感し、“このドラマを通し今の時代に必要なメッセージが伝われば”と出演が決定。藤原は出演を決めた理由を“時代的にもティーンに影響力のあるABEMAさんが、日本ではいまだタブー視されている性の問題と向き合い、提示していくことに挑むとお聞きし、スルーしてはいけないことだと思いお役に立てるならと”とコメントし、演じる役について“自身の役は実家の母の考え方と被るところが多く、その頃を思い出し、17歳の咲良の気持ちや自身の演じる亜紀にも共感できるところがたくさんありました”と語った。

さらに、3人の通う高校の生物学教師で、ジェンダー学や動物の性について詳しく、彼女たちに大切な知識、そして時に前に一歩進む勇気を与える城山奈緒役を演じるのは約10年ぶりの連続ドラマ出演、そして初の先生役となる、ソニン。ミュージカルを舞台に磨き抜かれた演技力を本作でも存分に発揮している。ソニンは“知ることの大切さ、そして性に対する価値観が少しでも良い方向に向く、そんな力を持ってる作品だと思います。これを観て、17.3周りの年代の方々も、大人も、良き時代に改革していくきっかけになれば良いなと心より願っています”とコメント。

そして、咲良、柚、祐奈の人間関係、そして恋愛模様を左右する相手役には、フレッシュな注目の若手男性俳優の水沢林太郎、新原泰佑、藤枝喜輝、石川雷蔵が決定。

本日、9月5日(土)に開催された<第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE>(以下、TGCステージ)では、主演の永瀬、田鍋、秋田のほか、男性陣の水沢、新原、藤枝、石川がステージ上に登場し、番組についてサプライズ発表した。

永瀬はステージ上で“1話から3話は私たち3人にフォーカスした話で、1話は私が演じた彼氏がいてこれから初体験を迎える子について、2話は梨々花ちゃんが演じる恋愛に興味がわかない女の子、3話は経験人数豊富な子という風にそれぞれ違う話になっています”とドラマの見どころを語り、田鍋は“3人それぞれ主演を務めるのが初めてだったのですごく不安でしたが、安心して(撮影を)楽しめました。ずっと長かった髪を20センチくらい切ってこの役に挑みました”、秋田は“私たちが演じる17.3歳を迎える女子高生3人組が、真正面から向き合って堂々と語り合い、それぞれの形を見つける青春ドラマです!”とそれぞれコメントし、SNSなどにはファンから歓喜や期待する声が寄せられた。

<第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE>ステージ写真

((C)AbemaTV)
ツイート
((C)AbemaTV)
((C)AbemaTV)
ツイート
((C)AbemaTV)
((C)AbemaTV)
ツイート
((C)AbemaTV)
((C)AbemaTV)
ツイート
((C)AbemaTV)
((C)AbemaTV)
ツイート
((C)AbemaTV)
((C)AbemaTV)
ツイート
((C)AbemaTV)
((C)AbemaTV)
ツイート
((C)AbemaTV)

TGCステージ上でのコメント

ーー“17.3”という数字は、何を表しているんですか?

永瀬:
これは世界の初体験の平均年齢です。

ーー今回のドラマで初挑戦したことは?

田鍋:
3人それぞれ主演を務めるのが初めてだったのですごく不安でしたが、雑誌『Seventeen』で3人一緒に撮影をしていたので安心して(撮影を)楽しめました。あと、個人的なことなのですが、ずっと長かった髪を20センチくらい切ってこの役に挑みました。

ーーどんなドラマですか?

秋田:
私も現役高校生なんですけど、私たちと同じ高校生の方とか今まさに思春期を迎える若い方々が、オープンにはできないけれど気になる性の話について、私たちが演じる17.3歳を迎える女子高生3人組が、真正面から向き合って堂々と語り合い、それぞれの形を見つける青春ドラマです!

ーー見どころを教えていただけますか?

永瀬:
1話から3話は私たちが演じる3人の女子高生にフォーカスした話になるんですけど、1話は私が演じた彼氏がいてこれから初体験を迎える子について、2話は梨々花ちゃんが演じる恋愛に興味がわかない女の子、3話は経験人数豊富な子という風にそれぞれ違う話になっています。

キャストコメント

清野咲良役・永瀬莉子((C)AbemaTV)
ツイート
清野咲良役・永瀬莉子((C)AbemaTV)
原紬役・田鍋梨々花((C)AbemaTV)
ツイート
原紬役・田鍋梨々花((C)AbemaTV)
皆川祐奈役・秋田汐梨((C)AbemaTV)
ツイート
皆川祐奈役・秋田汐梨((C)AbemaTV)

ーー台本を初めて読んだ時に感じたことや率直な感想は?

永瀬莉子:
率直に今の私たちの世代に特に響く作品になるだろうなと思いました。台本には普段使うことのない知らない言葉も多かったので、学ぶことが多かったです。インパクトのある題材ですが、いやらしさがない印象でした。今までに女子高生にフォーカスを当てたこのような作品は前例がなかったので、どう役作りをすればいいのか監督、プロデューサーさんとも話し合って撮影に挑むことができました!

田鍋梨々花:
最初は、とても刺激的な言葉が目に飛び込んできて、正直ドキドキしました。でも台本を読み進めていくうちに、とても身近でリアルな話だと感じました。恋や性の悩み、家族、友達との関係など、同世代の子たちに伝えたいメッセージがとてもわかりやすくて、私も勉強になりました。早く撮影に入りたい!とワクワクしました。

秋田汐梨:
初めて台本を読んだ時は、この役を自分がやるのか!と想像できなさすぎて不安でした。友達同士でもあまり語らないきわどいテーマ!(笑) だけど、だからこそ自分も含め若い年代の人が性を知るきっかけになるメッセージ性がある作品だなあと思いました。私も知らない単語が多く、その都度調べながら勉強しています(笑)。台本を読んだだけではどんなシーンになるのか想像できないシーンもたくさんありましたが、現場で監督と相談したり、実際にお芝居をしてその場で感じた気持ちを大切に演じています。

ーーリアルな”17歳”の役を演じるにあたって、同じ”17歳”として共感したところはどこですか?

永瀬莉子:
会話のテンポがいいところです! 演じる上でも私たち3人の会話のテンポ感に注目してほしいのですが、話を深く受け取りすぎず、聞いてるようで聞いてないところが、いい意味で高校生(17歳)らしさがあってリアルなところだと思いました(笑)。“会話の間”をあまり空けすぎないようにしたり意見が飛び交うシーンは細かいところも気をつけて、本番前に3人でセリフ合わせをして挑みました。休憩中も3人でコミュニケーションをたくさん取っていたので、演技上でも生かせたと思います。

田鍋梨々花:
この約2ヵ月間、本当に毎日撮影で一緒にいたので、3人がさらに仲良くなったし、プライベートでも本当にいろんなことを話すようになりました。だから、友達との何気ない日常のやりとりって本当に楽しい!と感じました。だけど、そんな仲の良い友達にさえ性の悩みを打ち明けるのは勇気がいりますよね。周囲からどう見られるのか考えると、さらに言えなくなってしまう……。ただ恋をして嬉しい!だけではなく、その先にある性についての初めての経験で悩んでいる子がたくさんいるんだろうなと思います。

秋田汐梨:
3人がいつも学校帰りに立ち寄るファミレスのシーンでは、会話のテンポも良くてワチャワチャしてて、その感じはプライベートで友達と話している時と同じだなぁ〜と。ポンポン話題が変わったりするのも、リアルだなぁと思ったし、お芝居の前後の空気感は撮影現場にいるのを忘れちゃうほどでした(笑)。この作品を通して、休憩時間に3人で性について話す機会も増えて、こういう風にフラットに性の悩みも打ち明けられる友達がいる17歳は少ないんじゃないかな、なんて感じたりもしていて、このドラマをきっかけに同年代の方々が楽に相談できるようになればいいなと思っています!

ーーご自身の役を演じてみた感想や視聴者に向けてのメッセージをお願いします。

永瀬莉子:
私の演じる清野咲良は友達や家族など、人の意見に流されやすい女の子です。その性格のせいで“17.3”の数字にも流されてしまいます。咲良は等身大の女子高生なので、多くの方に共感してもらえる役にできるようにセリフの声量などに気をつけたり、試行錯誤しました。咲良の真面目で友達思いなところが演じる上でも素敵だと思ったところです。

田鍋梨々花:
私が演じる原紬ちゃんは、異性を好きになる気持ちがわからない女の子です。自分のことを普通じゃないと思い悩み、葛藤しています。きっと同性代の女の子たちの中には、性に対しての悩みや不安を1人で抱えてる子もたくさんいると思うけど、それを家族や友達に打ち明けられたら、経験しなくてもいいことがあるはず。これは、今の女子中高生の教科書みたいなドラマです! 誰にも言えなかった性のこと、人を好きになること、いつも一緒にいる友達や家族の大切さなど、恋愛ドラマを観るような感じで、私たちと一緒に楽しく学んでいきましょう!

秋田汐梨:
祐奈を演じて、どんなに明るく元気な女の子でも誰にも言えない悩みがあるんだなあと感じました。とくに性に関しての悩みって、誰にも言えず1人で悩んでる方が多いと思うんですが、このドラマではいろんな登場人物がいるので、自分の悩みに近いキャラクターを見つけられるんじゃないかなと思います。その登場人物に自分を重ねて、ぜひ観ていただきたいです。

清野亜紀役・藤原紀香((C)AbemaTV)
ツイート
清野亜紀役・藤原紀香((C)AbemaTV)
城山奈緒役・ソニン((C)AbemaTV)
ツイート
城山奈緒役・ソニン((C)AbemaTV)

ーーオファーをもらった時の率直な感想と今回出演を決めた理由は?

藤原紀香:
このお話は、月9ドラマなど、ともに仕事をしてきた信頼のおける元フジテレビのプロデューサー(藤野)からのお声がけからでした。同時期に、新型コロナウイルスの影響で学校が休校になったことにより、10代の望まない妊娠が増加したというニュースを知り、大変深刻な問題だと感じていました。このニュースを“そうなんだ、大変な時代だなぁ”と、大人は関心を寄せはするものの、社会自体は具体的には変わっていかない……そんな中、若い世代にも影響力のあるABEMAさんから、日本ではまだタブー視されている性の問題と向き合い、問題を提示していく作品を世に生み出したいと聞き、欧米に比べ極端に遅れていると言われている今の日本の性教育が、今後時代の流れに合わせ少しずつでも変わるきっかけになるのではないか、そして性教育というものを健全に生きていくための人間教育であると広く再認識させると同時に、大人がそれに対して逃げずに、子どもたちと向かい合うきっかけになるのではないかとも感じました。このような社会的意義のあるドラマに参加させていただけることをとても嬉しく思いました。

ソニン:
性をテーマにしたドラマと聞いて、過激な内容なのかな、と二の足を踏みそうになったけど、台本を読んで、これは世の中に知ってもらうべき作品だとお受けしました。そして、城山先生の考え方などがまさに私が感じていることと似ていて、価値観が共通してるとさえ思い、演じてみたいと思いました。プロデューサーの藤野さんと、監督の金井さんとお話をしていた時、我々の世代ではタブーとすら感じていた性の話題について、日本での性教育の現状について語らい、そして、何かと負担が多いとされる女性側メインとなって話が構成されていることに、時代と、希望が込められている話をし、さらに意欲を感じました。

ーーご自身の“17歳”の頃を思い出して、主演の3名が演じる“17歳像”の中で共感できたところはどこですか?

藤原紀香:
台本を読んで驚いたのが、今回演じさせていただいた母親役の亜紀が、性に対して厳しく、しっかり者で、それでいて少し天然で(笑)、私の母とそっくりでした。高校生の頃、『野生の王国』を観ていて動物の交尾がテレビに映ると無言でチャンネルを変えるシーンや、娘のスカートが短いのを見て即座に“はしたない!”とたしなめるシーン、そして、“17歳なんてまだまだ子どもよ”と言う場面など、亜紀という人物像は、私の母親ととても似ていたのが興味深く、母親に寄せていく作業がとても楽しくて。自身の17歳の頃を思い出すと、娘の咲良と同じく誰かに相談したい時期もありましたが、学校では生理的メカニズムくらいしか教えてもらえませんでした。学校が教えてくれないなら、親に聞くしかない、でも両親にはそんな雰囲気を醸し出すこと自体がNGでしたし、特に父親は厳格で怖かった。かといって母も相談に乗ってくれるわけではなく、揃って性に関して語ることをタブー視していました。日本の美徳、道徳や、時代的なこともありますよね。しかし、このドラマでは、最終回に向かうにあたり、私の演じた亜紀のような母親も段々と、性について向き合うように変わっていきます。時代も変わっていきますし、このような役柄を演じられることは嬉しかったです。これからの時代の両親はそうであってほしいし、特にこんなお母さんがいたら、性に悩める子どもたちを救えるのではないか、誤った性の知識を持つ子どもたちが減り、子どもの未来の選択肢を増やせるのではないか、そして社会的には性犯罪も減るのではないか、とも思いました。印象的だったのは“母さんもう逃げたりしないから”というセリフ。性教育は子どもの未来を守るものでもありますし、人間教育の一環ですよね。“性”という人間の大切なものと向き合って、健全に生きていくための人間教育なんだと思います。私自身も、このドラマでたくさん考えさせられ、学ばせていただきました。性に悩めるティーンだけではなく、子を持つご両親や、これから親になる方、教育に携わる職についておられる方々など多くの方に、このドラマの本当のテーマが伝わればいいなと思いました。

ソニン:
私の場合、どの女子高生とも違うような気がしますが、近いのは咲良ちゃんかもしれません。真面目でマセたことにあまり積極的ではなく、クラスのおマセさんの類いでは決してなかった。母親に話したことも一切ない感じでしたね。私が17歳の頃にこのドラマを観ていたかった、その思いでいっぱいです。ドラマになっているという、こんなに世の中に堂々と発信しているツールで知ることができるのは、ティーンエイジャーにとってどれだけ助けになるのだろうと、羨ましい限りです(笑)。

ーー自身の役を演じてみた感想や視聴者に向けてのメッセージをお願いします。

藤原紀香:
現場で日々咲良に会い、接していると自然に母親になれた感じがしました。特に最終回は、母・亜紀と娘・咲良が“性”をテーマに向き合い、2人の愛情や不安、決意が観られるのではないかと思います。このドラマを観ていただき、親子がこれまで話せなかった“性”に対して少しでも話せるきっかけになればいいなと。これまでになかったテーマに切り込まれた作り手さん方の想いが、世に伝わればいいなと思います。

ソニン:
特別、生徒の肩を持つような味方というわけではなく、あくまでフラットに何ごとも見ていて、それが他人に話しづらい性の悩みの手助けになるような先生というのを意識して演じました。絶妙な具合いを監督とも相談しながら作っていったので、このストーリーや視聴者の方々に、救世主的な、そんなポジションになれば良いなと思っています。知ることの大切さ、そして性に対する価値観が少しでも良い方向に向く、そんな力を持ってる作品だと思います。これを見て、17.3周りの年代の方々も、大人も、良き時代に改革していくきっかけになれば良いなと心より願っています。

『17.3 about a sex』キャスト

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨、トリプル主演! 17歳女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描く青春恋愛ドラマ放送決定