本西彩希帆(劇団4ドル50セント)[インタビュー]舞台<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>にかける意気込み「約2時間、前のめりで観てもらえるように全力で取り組みたい」

本西彩希帆(劇団4ドル50セント)[インタビュー]舞台<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>にかける意気込み「約2時間、前のめりで観てもらえるように全力で取り組みたい」

本西彩希帆(劇団4ドル50セント)[インタビュー]舞台<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>にかける意気込み「約2時間、前のめりで観てもらえるように全力で取り組みたい」

3月に上演予定だった舞台<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>が、本日9月5日(土)と明日9月6日(日)の2日間で4公演を開催する。観客の入場がありながら、同時に生配信も実施する同舞台。本記事では、その主演を務める本西彩希帆(劇団4ドル50セント)が、今作への意気込みや今後の目標について語ったインタビューをお届けする。

ーー2020年はコロナで出演予定の舞台が次々と中止になっていきましたが、これまでどのような気持ちでいましたか?

本西彩希帆:
今回出演する<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>は、当初3月に上演する予定だったのですが、コロナの影響で開催自粛すると聞いて、“私、持ってないなぁ”と思ってました。自分が悪いわけではないけれど、自分のことを責めてしまう日々でした。それでも次の出演作品が決まっていたので、気持ちを切り替えて頑張ろうと思っていたのですが、次々と上演ができないことになり、舞台に対する熱量が下がっていき芝居を続ける意味があるのかすら考えました。その後、劇団4ドル50セントの舞台をオンラインで上演することになり、稽古に入るのですが、最初は気持ちがまだ切り替わってなくて、“オンラインの舞台だとお客さんに直接熱を届けられないし、舞台と言っているけど舞台ではない。お客さんの前で演じて、初めて舞台としての意味がある”と捉えていました。

ーーそうした環境で、気持ちが切り替わったのにはどういうきっかけがあったのですか?

本西彩希帆:
自粛期間中に家にいる間に、なぜ私は役者の世界に飛び込んだのか?とか、改めて自分の夢や想いというものを再確認する時間があったのですが、そこで、私は自分が“好きだ!”、“こうなりたいんだ!”と思う熱量が私を突き動かすモチベーションだと気づいたんです。最初に、ミュージカル<薄桜鬼 風間千景篇>を観た時に、千鶴を演じてみたいという気持ちから劇団のオーディションを受けて、その後、2.5次元の舞台に出たい、この作品が好きだ、このキャラクターが好きだという、好きの気持ちに突き動かされてきたんだと再確認することができました。それが自分の中で消化されたことで、自分が好きなことをしているのに、オンラインだからとか小さいことでくよくよしていてもしょうがないと吹っ切れて、舞台ができない方がたくさんいる中で、ステージに立てることへの感謝とか自分が舞台の上で演じることのありがたさとかを感じながら稽古に集中して臨むことができました。そうして、稽古を重ねていくうちに楽しいという気持ちが心の中を占めていくようになりました。だから、コロナで自粛期間があって、自分の原点を振り返ることができたので、今となっては大事な時間だったし、一歩前へ踏み出すきっかけになったと思います。

ーーそうした中で、今回<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>はお客さんの前でのステージになりますが、どんな気持ちですか?

本西彩希帆:
2月くらいから約1ヵ月ともに稽古を重ねてきたメンバーとこうやって再会し、好きなことができることの喜びを感じてます。<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>を上演すると発表して、ファンの方から“楽しみにしている”という言葉をいただくと、プレッシャーに感じることもあったのですが、この直前まで来ると声援が心の支えになっていて、今は“やってやろう”という気持ちに変わってきています。

ーーこうした中で、今日、2日間の舞台に立つことになるのですが、どんな舞台にしていきたいと思っていますか?

本西彩希帆:
今作はアニメが原作なので、アニメの話とリンクしている部分があって。詳しくは言えないのですが、アニメ全編を演じているわけではないので、今回演じたメンバーで続編を観たいよねと思ってもらえるような作品にできたらと思っています。そんな話を稽古の初日に演者のみんなで話していて、みんな同じ意見だったので、最初から最後まで約2時間、前のめりで観てもらえるように全力で取り組みたいと思います。舞台を観に来られる方は、きっとオリジナルのアニメが好きで観に来ていただくと思うんですね。だから、お客さんが、“やっぱり<ゾンビランドサガ>っていいな”、“この舞台版の<ゾンビランド>は内容もキャストもいいな”って思ってもらえるようにしていきたいですね。

ーー今、本西さんもおっしゃっていましたが、アニメのファンがたくさん観に来られて、その中で原作を守るところと崩すところがあると思うのですが、そういった楽しさや怖さはありますか?

本西彩希帆:
1番最初に2.5次元の舞台に出演した時に、キャラクターのイメージを崩すのは怖かったのですが、キャラクターや作品に対しての愛情を込めて演じられていれば、観客に理解してもらえるとわかったんですね。だから、今作でも、演出やストーリーの中で本当はこうじゃないとツッコまれることがあるかもしれないですが、さくらの大事なポイントを抑えているので、観客のみなさんにはわかってもらえるはずと思ってます。

ーー舞台版ならではの手応えとか違いとかはありますか?

本西彩希帆:
演出家さんも面白いことを思いついたら、すぐに演出を変えるんですよ。もともとこの作品は、破天荒な部分がいろいろとあるので、せっかくならお客さんに笑ってもらった方がよくないかと稽古の中でスタッフの方や出演者と話し合って進めました。そうしたら、それぞれのキャラクターに見せ場が生まれたんです。ほかの人の見せ場を見ていると、面白いな、うらやましいなと思いますが、日々刺激を受けてます。でも、劇場に入ってからの稽古でもどんどんと変わる部分があって(笑)。最終稽古でやることでもないだろう、と思うこともあったのですが、私にも新たに面白い部分をいただいたので、むしろ“やった! やってやろう”という気持ちです(笑)。

ーー公演に入るまで完成しないということですかね?

本西彩希帆:
演出家の方から、“本番に入ってからも変わるから!”と言われたので。配信があるというのもありがたいですね。毎回同じ公演ではないので、私たちも新鮮味を持ってできるし、お客さんも毎回楽しんでもらえると思います。プレッシャーだけど楽しみですね。誰がどうアドリブを入れてくるのか、常に緊張感を持って舞台に立つことになるのかと思ってます。

ーー4公演すべてを配信することは、むしろポジティブに受け止めていますか?

本西彩希帆:
そうですね。きっと毎公演違う舞台になると思うので(笑)、主演として演じるにあたって、まわりも見渡してカバーしていけるようになりたいですね。なので、会場に来た方も配信も含めて4公演すべて楽しんでもらいたいですね。

本西彩希帆(劇団4ドル50セント)
ツイート
本西彩希帆(劇団4ドル50セント)
  • トップページ
  • インタビュー
  • 本西彩希帆(劇団4ドル50セント)[インタビュー]舞台<ゾンビランドサガ stage de ドーン!>にかける意気込み「約2時間、前のめりで観てもらえるように全力で取り組みたい」