©ホリプロ

©ホリプロ

佐久間由衣、4人芝居<てにあまる>出演決定「未知の世界に飛び込みたいと思います」

藤原竜也、高杉真宙、佐久間由衣、柄本明が出演する4人新作芝居<てにあまる>が、2020年12月より池袋・東京芸術劇場プレイハウスにて上演されることが決定した。

演劇界においても、映画・ドラマ界においても唯一無二の存在感を放ち続けている怪優、柄本明。その柄本と2015年の舞台<とりあえずお父さん>で共演し、一筋縄ではいかない柄本との芝居に強く刺激を受けたという藤原竜也。その2人が再びタッグを組む新作舞台<てにあまる>の上演が決定した。

今回は、自身の劇団で数多くの作品の演出を手掛けている柄本が演出を担い、同時に出演者としても、その才能を認めた藤原と親子を演じ心理的戦いをくり広げる。そして、俳優として目覚ましい成長を続ける高杉真宙、今作が舞台初出演となる佐久間由衣と、若手実力派のキャストも顔を揃えた。

脚本は、2011年に岸田戯曲賞を受賞し、主宰する劇団サンプルの活動のほか、国内外でも注目される劇作家、松井周による書き下ろし。柄本も絶大な信頼を寄せる松井独自の視点で、“どのような人間関係も、それぞれがオリジナルでしかない”という真理をあぶり出す。ある家族を描きながら、人間という動物の抗えない欲望を見つめるサスペンスドラマとなる。

確かな演技力を持つ4人の役者が織り成す、濃密な会話劇。今だからこそ、人間と人間の魂のぶつかり合いを劇場で体感できる舞台<てにあまる>に、期待が高まる。

コメント

藤原竜也:
2015年に舞台で初めて柄本明さんと共演させていただきまして、それまで経験したことのない不思議なエネルギーを感じました。負けないように必死でくらいついていった記憶があります。舞台上で柄本さんと毎日“生”の芝居ができたことが嬉しく、今回も5年ぶりに共演できることは恐ろしくもあり、でもすごく楽しみです。

さらに今回は演出も受けることができるとは! 果たしてどんな悪巧みをしてくるのか……想像もつきません。

劇団員ではない自分が柄本さんの演出を受けられることは、非常に光栄です。

<レインマン>(2018年上演 松井周演出)で濃密な時間を過ごした松井周さんが書き下ろしてくださる脚本も、同じく想像はつきませんが、新作に挑戦できる喜びを感じながら挑みたいと思います。

初めてご一緒する高杉さん、佐久間さんと力を合わせて柄本さんに立ち向かい、良い作品にしていきたいと思います!

高杉真宙:
今回、お話しをいただいた時、今までにない全身の痺れを感じました。

柄本さんとはドラマの現場で少しお会いしたのですが、もっともっとご一緒したかった。と悔しく思っていたので、舞台で演出もつけていただけることが嬉しいです。

藤原さんとは初めてご一緒させていただくのですが、ずっと作品を観て憧れてきた大先輩と立つ舞台は、想像だけでは収まりきらないくらい緊張感ある舞台なんじゃないかと思います。

佐久間さん含め4人しかいないお芝居なので、置いていかれないよう必死にみなさんに食いついていきたいと思います。

佐久間由衣:
今回、舞台<てにあまる>に出演させていただきます。最初は自分にとってどこか現実味を纏わないお話でしたが、きっとこの太刀打ちできない緊張感とともに最後まで走り抜けるんだろうなと覚悟しております。柄本明さんの演出、藤原竜也さん、高杉真宙さん、と観客の席側から拝見させていただいていた素敵な俳優さん方と、初めてご一緒できること。そして少人数でしっかりとお芝居に向き合えること。とてもありがたい環境だなと思っています。今回が初舞台になりますので、未熟者なりに先輩方からたくさん吸収して、健康に気をつけながら、未知の世界に飛び込みたいと思います。

柄本明(演出・出演):
何で自分が演出ということになったのかよくわかりませんが、そんなことになりました。

自分の劇団、東京乾電池というんですが、そこでは演出してますが小さい小屋ばっかりで本多劇場が最大で大体それより小さなところばっかりでやってます。だから、今度の池袋のプレイハウスはとてもデカイ。だからとてもコワイんだけど。藤原竜也さんとは一度やりまして、<とりあえずお父さん>というお芝居で、そん時の印象、藤原竜也が藤原竜也で藤原竜也だということに藤原竜也されました。何云ってんだかわかりませんが……、まぁそんな感じでステキでした。松井周さんとは初めてです。だから何度も会いまして、しゃべりまして、ウチの芝居も観てもらって、稽古も見てもらって、お互い共通する変態性も確認しました。どんなお芝居になるのかわかりませんが、どうかみなさまヨロシクお願い致します。

松井周(脚本):
柄本さんと藤原さん。この2人が組んだらきっと何かが起きるだろうし、何かを起こしたいと思うし、予想もつかないので自然と笑ってしまいます。さらに、COVID-19によって、どうにもならないことやどうしてこんなことになってしまったのかということについて考え続けた半年間でもあったので、そういうことも戯曲には影響するでしょう。また、あの2人に高杉さんと佐久間さんが加わるんだから、こんなこともできるかもといまだにアイディアが膨らみ続けています。<てにあまる>というタイトルは、いい意味でそんな状況を表しているのかもしれません。どうぞ演劇をお楽しみください。

次ページ

  • 1