与田祐希(乃木坂46)、フィルターメイクでイメチェン! 『bis』登場

与田祐希(乃木坂46)、フィルターメイクでイメチェン! 『bis』登場

与田祐希(乃木坂46)、フィルターメイクでイメチェン! 『bis』登場

『bis』10月号(光文社)が、9月1日(火)に発売される。

『bis』10月号
ツイート
『bis』10月号

“アート”をテーマにした同号では、表紙に上白石萌歌が登場。誌面は、アイドル、モデルなど充実のラインナップとなっている。

内容詳細

少し違和感のあるアーティな世界へ
上白石萌歌

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より
『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

あふれる才能とピュアな輝きで注目を集める、女優・歌手の上白石萌歌が同誌に初登場。

アート特集に合わせた、さまざまなセットでシューティング。普段から“エッジの効いたちょっと変わった服をよく買う”という上白石。どの服も魅力的に着こなした。

インタビューでは、好きな美術館、絵画、画家などの話に。現在通っている大学では美術を専攻しているというだけあって、熱く語った。

心が豊かになる、尊き1枚を着たいのです!
小宮有紗・上國料萌衣(アンジュルム)・桃月なしこ

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

小宮有紗、上國料萌衣、桃月なしこが、bis的“アートなふぁっしょん”に挑戦。

フラワークロシェやくしゅくしゅセットアップ、リボンシャツなど、素材も柄もさまざまなトレンドを紹介。

アートを纏える、フィルターメイク
与田祐希(乃木坂46)・中村里砂・佐藤ノア

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より
『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

フィルターをかけた写真のように、いつもと違う顔に仕上げる。そんなフィルターメイクで、与田祐希、中村里砂、佐藤ノアがイメージチェンジ。アーティなメイクアップのテクニックを紹介。

NANAMI×最旬ファッション×アートな空間

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

日常に溶け込むアートな空間に、最旬ファッションを身に纏ったNANAMIが出会ったら。街中の大きなオブジェ、トリックアート、超未来住宅などを背景に、まるでアートの一部になったような姿を見せている。

女の子と芸術の秋ーー私の好きなこと
金村美玖(日向坂46)・牧野真莉愛(モーニング娘。’20)

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より
『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

芸術の秋にちなんで、芸術的な“好きなこと”について女の子たちがトーク。

一眼レフカメラで写真を撮るのが好きだという金村美玖、イラストを描くのが好きな牧野真莉愛。ほかに、頓知気さきな、弓ライカ、多屋来夢も登場。

秋のトレンドメイクはプチプラコスメを上手に使って
筒井あやめ・田村真佑・清宮レイ(すべて乃木坂46)

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より
『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より
『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

安いのに超優秀なプチプラコスメは女の子たちに大人気。

そんなプチプラコスメを使ったメイクを提案してくれたのは、人気メイクアップアーティスト・アサダマユコ。

筒井あやめ、田村真佑、清宮レイが紹介する。

BiSH
新連載では何をするか、話し合ってみた!

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

次号から本格的に始動する新連載に向けて、“BiSHなりの最後の晩餐”を囲みながら、6人が意見交換。

ファッション、自分以外のメンバーに着てほしいファッションやヘアスタイル、撮影のシチュエーションなど、さまざまな希望を話した。

JO1
bis的オータムファッションに挑戦

『bis』10月号より
ツイート
『bis』10月号より

クールなファッションやモノトーンコーデを披露することが多いJO1が、ピンク、ブルー、グリーンなど、カラフルな秋コーデに挑戦。

インタビューでは、自身の性格、マイブーム、仲のよいメンバー、“実は僕……”という内緒の話まで披露。

SexyZone マリウス葉
ファンのみなさんとHAPPYな時間を過ごせるように

bis読者と同世代の男性、SexyZoneのマリウス。

自身も家族も読書家で、子どものころからたくさんの本に囲まれて育ったと言う。

生まれ育ったドイツの街や人の話、ファッションへの興味、将来の夢、そしてファンへの思いなど、熱く語った。

多様なメンバーによる連載

えなこ/くっきー!/水野しず

次ページ

  • 1