ⒸAKB48

ⒸAKB48

AKB48新ユニット・IxR[ライブレポート]躍動感溢れる全力パフォーマンスを披露「アイドルの王道を極めるグループにしていきたいです!」

AKB48の新ユニット・IxRが、本日8月30日(日)オンラインライブ<IxR Reality Reality Smile>を昼と夜の2部構成で開催した。2019年12月8日(日)に開催した「<AKB48劇場14周年記念公演>をきっかけに、AKB48の新時代を担うユニットとして結成された、IxR(アイル。大盛真歩、小栗有以、久保怜音、⻄川怜、山内瑞葵の5人のAKB48メンバーで構成されたIxRのユニット名は、アイドルのI、VRやARなどを総称するxR(クロスリアリティ)の、xとRを重ねた造語になり、VRやARコンテンツで活躍を目指す新時代アイドルユニットとなっている。本記事では、メンバー全員を映す通常の生配信映像に加え、特定のメンバーをフォーカスし続ける“推しカメラ”での視聴が可能に、さらに対象期間中にチケットを購入した人の中から抽選で、各部48名を会場に招待する施策を実施した同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

IxRとしては今年2月22日(土)に渋谷ストリームホールにて行なった<2020 AKB48新ユニット! 新体感ライブ祭り♪>以来、約半年ぶりのファンの前でのステージ披露となった。

第1部は、「大声ダイヤモンド」で幕を開け、「ラブラドール・レトリバー」など4曲続けて披露。久々のファンとの対面に、メンバー全員が満面の笑顔でアイドル全開のパフォーマンスでオープニングを飾る。山内は“IxRのみんなで1からセットリストを考えて今日の日を迎えました”とコメントすると、大盛は会場に招待された48人のファンや配信をご覧のみなさんに、元気やパワーを届けられたらいいなと思います”と挨拶した。

ユニットパートでは各メンバー希望の楽曲をパフォーマンス。⻄川は大好きな曲と語る「背中から抱きしめて」をソロで。初のユニットの組み合わせとなる久保と山内は「アボガドじゃね〜し」を軽快に歌唱。久保は“ずっきー(山内)に可愛い曲をやってほしくて、ずっきーのことをたくさん調べてこの曲にしました”と選曲の理由を語っていた。

大盛は「シャムネコ」をソロでセクシーに、小栗、久保、⻄川は坂道AKBの「国境のない時代」をクールに届ける。最後は、山内が切ない表情で「枯葉のステーション」を歌い上げた。

後半は、山内が初のAKB48センターを務めた「失恋、ありがとう」や「言い訳Maybe」など5曲を披露。躍動感溢れる全力パフォーマンスで第1部の幕を降ろした。

IxR<IxR Reality Reality Smile>1部 ⒸAKB48
ツイート
IxR<IxR Reality Reality Smile>1部 ⒸAKB48

IxR<IxR Reality Reality Smile>1部

2020年8月30日(日)
TSUTAYA O-EAST

overture
1 大声ダイヤモンド
2 好きだ 好きだ 好きだ(全員)
3 ラブラドール・レトリバー(全員)
4 真夏の Sounds good !(全員)
5 背中から抱きしめて(⻄川)
6 アボガドじゃね〜し... (久保・山内)
7 シャムネコ(大盛)
8 国境のない時代(小栗・久保・⻄川)
9 枯葉のステーション(山内)
10 失恋、ありがとう(全員)
11 言い訳 Maybe(全員)
12 重力シンパシー(全員)
13 法定速度と優越感(全員)
14 少女たちよ(全員)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • AKB48新ユニット・IxR[ライブレポート]躍動感溢れる全力パフォーマンスを披露「アイドルの王道を極めるグループにしていきたいです!」