(c)2020「人数の町」製作委員会

(c)2020「人数の町」製作委員会

石橋静河、出演映画『人数の町』未公開画像を解禁+先着プレゼント決定

石橋静河が出演する映画『人数の町』が、未公開画像を公開した。

今回公開された画像は2点。

1点目は、蒼山(中村倫也)が町に到着したばかりのシーン。自由と友愛の印であるパーカーも着ておらず、口元の傷も痛々しい。まだ全身にわずかな緊張を感じるビジュアルに。

もう1点は、蒼山が、町の社交場であるプールで、到着したばかりの石橋演じる紅子を心配して話しかけているシーン。こちらは、すっかり緊張も解けて町に馴染んでいる様子だ。

(c)2020「人数の町」製作委員会
ツイート
(c)2020「人数の町」製作委員会

また、同作を公開する全劇場にて、初日より来場者に先着で映画特製ポストカードをプレゼントすることが決定。水着姿の中村と石橋がプールに入っており、黄色いつなぎの男がプールサイドから見下ろしているデザインとなる。こちらはなくなり次第終了。

さらに、公開初日の9月4日(金)〜6日(日)の3日間限定で、中村倫也、石橋静河、荒木伸二監督によるミニインタビュー映像の上映も決定した(ただし、9月5日(土)のリモート舞台挨拶回での上映はなし)。

『人数の町』とは

『人数の町』は、河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で241本の中から準グランプリに選ばれた作品。

主演は、今最も勢いのある俳優・中村倫也。そして令和版『東京ラブストーリー』での赤名リカ役が話題の石橋静河。本作で映画初出演となる『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』の立花恵理。『映像研には手を出すな!』に出演の山中聡など、フレッシュな面々が顔を揃える。監督・脚本は、松本人志出演の『バイトするならタウンワーク』のCMやMVなどを多数手がける荒木伸二が初の長編映画に挑戦した。

次ページ

  • 1