次世代グラビアアイドルオーディション<グラビアネクスト 2020>第2弾審査委員を発表!

次世代グラビアアイドルオーディション<グラビアネクスト 2020>第2弾審査委員を発表!

次世代グラビアアイドルオーディション<グラビアネクスト 2020>第2弾審査委員を発表!

<グラビアネクスト2020>に審査委員として新たに参加する8媒体が発表された。

<グラビアネクスト2020>は、“令和時代の新しいスターグラビア”をコンセプトに、大手芸能プロダクションらが合同開催する日本最大級の次世代グラビアアイドルオーディションイベント。

15歳以上のアマチュア女性を対象とした同オーディションは、書類審査、面接審査の後、9月からは配信アプリ『ミクチャ』での配信審査がスタート。同審査を通じて、10名前後が最終審査へと駒を進める。

最終審査では、エイベックス・マネジメント株式会社、株式会社フィット、株式会社プラチナムプロダクションの3社が、ドラフト形式で候補者を指名。見事、選ばれた女性は各事務所との所属契約を結ぶことができる。

現在、<グラビアネクスト 2020>の公式Twitterでは、それぞれの事務所に所属する有名タレントたちによるコメント動画や審査員を務めるメディア紹介を掲載中。次世代のグラビアスター発掘に向けて、さらなる注目を集めている。

今回、審査員として発表されたのは『アップトゥボーイ』(ワニブックス)、『月刊エンタメ』(徳間書店)、『少年サンデー』(小学館)、『少年マガジン』(講談社)、『FLASHスペシャル』(光文社)、『B.L.T.』、『blt graph.』(ともに東京ニュース通信社)、『BOMB』(ワン・パブリッシング)、WEB媒体では『モデルプレス』(ネットネイティブ)。

また既報の通り、審査員として数多くの女優・グラビアアイドルを撮影してきたカメラマン・矢西誠二の参加も決定。同オーディションを勝ち抜いた女性には、デジタル写真集出版権や審査員特別賞、ライブ配信審査での順位に応じた賞金など、さまざまな豪華特典も用意されている。

なお、応募期間は9月4日(金)まで。

次ページ

  • 1