Sistersあにま、O-WESTで1stワンマン開催!「これからも上を目指して頑張っていきます」

Sistersあにま、O-WESTで1stワンマン開催!「これからも上を目指して頑張っていきます」

Sistersあにま、O-WESTで1stワンマン開催!「これからも上を目指して頑張っていきます」

アニソン系アイドルグループ「Sistersあにま」が、8月20日(木)にTSUTAYA O-WESTで初のワンマン公演<Sistersあにま1stワンマンライブ“High ambition”shall we dance?>を開催した。

<Sistersあにま1stワンマンライブ“High ambition”shall we dance?>2020/8/20@TSUTAYA O-WEST

2020年3月にコロムビア・マーケティングよりメジャーリリースした1stシングル「Queen of〜」が、オリコンデイリー3位/オリコンウイークリー9位を獲得したSistersあにま。

今回のワンマンは彼女たちが今の実力と、今後への飛躍という期待をこめ開催したものだ。人数制限を設けてとはいえ2階まで人が入り、Sistersあにまに対する期待は動員面からもしっかり見えていた。

胸躍らせる華やかな四つ打ちのビートが会場中へ響き渡ると同時に、フロアのあちこちでカラフルなサイリウムが輝きだす。幕が開いたその先には、縦一列に並んだメンバーたちの姿。

躍動するリズムが「Queen of〜」を奏でると同時に、9人の可憐な乙女たちが舞台の上で華やかに歌い踊りだす。ときには足を蹴りあげるダイナミックなパフォーマンスも見せながら、気持ちを騒がせる性急なダンスビートに乗せ、彼女たちは「今宵も廻れ」「踊り狂えよ」と観客たちを挑発。華やかでトランスなサウンドの上で歌う彼女たちの歌声には、胸をキュッと疼かせる哀愁が漂っていた。

楽曲はさらに速度を上げ、「mirrorge」へ。9人は笑顔を封印。凛々しい表情をフロアへ向け、観客たちを煽りだす。「真実の愛はどこにあるのか」。一人の少女の愛しい心模様を、胸の内に滾る情愛を、Sistersあにまは華やかなダンスに込めて描きだす。

昂る気持ちへさらに熱情を加えるように、彼女たちは「INNOCENT BLUE」を歌いあげた。一人一人がヒロインとなり、愛しい人への募った想いを告げるように、9人は舞台の上で物語を描きだす。まるで舞台劇を観ているようだ。その様に、観客たちも魅入るのではなく、立ち上がり拳を突き上げてゆく。

次のブロックでは、メンバーが3組のユニットに分かれて登場。トップを飾ったのが、今年6月に加入した可愛川ひらり・篠咲くれは・秋本れいによる「アネモネ」。3人は、抑えられない熱情を、ほとばしらせるように歌っていた。挑発的な楽曲と3人の気持ちもシンクロ。真っ直ぐな想いのまま情熱をぶつけるステージングが初々しい。

歌のバトンを受け取ったのが、深瀬ひなた・吉岡希望・香月友梨奈による「教えてダーリン」。3人は軽やかにステップを踏みながら、愛らしさ満載で歌唱。人形のような様で歌い躍る姿が、とても可憐で美しい。

最後は、綾川千捺・白岩由宇・愛田はな。3人は激しく躍動する「Crazy for me」に乗せ、会場中の人たちを可愛く挑発。とても情熱を抱いた楽曲のように、「あなたは私の虜」と歌われるたび、3人の姿に心が強く引き寄せられた。

次ページ

  • 1