©ほぼ日/2020「ほぼ日の怪談。」製作委員会

©ほぼ日/2020「ほぼ日の怪談。」製作委員会

アンジュルム 笠原桃奈、恐怖体験を語る「後ろから私のじゃない不規則な足音が聞こえてきて……」ドラマ『ほぼ日の怪談。』完成発表記者会見にて

ドラマ『ほぼ日の怪談。』の完成発表記者会見が、本日8月20日(木)にF studio SHIBUYAにて実施され、主演の笠原桃奈(アンジュルム)、伊勢鈴蘭(アンジュルム)、小関舞、共演の染谷俊之、都丸紗也華が出席した。本記事では、同記者会見のオフィシャルレポートをお届けする。

糸井重里が主宰する国内屈指の人気サイト『ほぼ日刊イトイ新聞』内で、2004年から16年続く人気連載 『ほぼ日の怪談。』は、夏に期間限定で“自分が経験した怪談”“経験した本人から直接聞いた怪談”のみを読者から募集している長寿企画。2018年8月に文庫化され、この夏、新旧ハロー!プロジェクトメンバー9名を主演に実写ドラマ化される。

第3話『高笑いする女』(監督:永江二朗)に主演する笠原は、本作がテレビドラマ初挑戦だったそうで、オファーを受けた際の心境を聞かれると“舞台では何度か演技を経験させていただいていたんですけど、セリフが多い役をやっていたわけではないので、アンジュルムから私と伊勢鈴蘭ちゃんということが意外で、聞いた時は驚きましたし、自分自身にも演技というイメージがなかったので、挑戦だなと思いました”と回顧。

テレビドラマでの演技を経験しての感想については、“ホラーという独特な演技だったので、とても緊張したんですけど、演じる楽しさを知って「演技って楽しいな」って気づきました。今回は女子大学生役だったんですけど、本当は現役高校生なので、鈴蘭ちゃんみたいに制服を着て演技をやってみたいなって思いました”と女優業に意欲を見せた。

第5話『残された想い』(監督:永江二朗)に主演する伊勢は、演技自体が初めてだったそうで“初めてがホラー ということで、難しいんじゃないかなと不安だったんですけど、小さい頃からミュージカルが大好きだったので、観てきたものを生かして頑張ろうと思いました。オファーをいただいた時は嬉しかったです”と声を弾ませ、“やっていく中で、自分で考えてやるという演じ方だったり、撮影のやり方をイチから知ることができたので、本当にいい勉強になったなと思います”と目を輝かせた。

第6話『本の匂いを嗅ぐ』(監督:鳥居康剛)に主演する小関は、脚本を読んでの感想や、撮影に参加しての想いを聞かれると“私自身、普段、本をまったく読まない人だったので「大丈夫かな」って思ったんですけど、匂いを嗅ぐことはすごく好きで、地下鉄の匂いが好きっていう独特な匂いフェチを持っているので、そういう部分では役と一緒の部分があるのかなと思いました”と話し、“本の匂いを嗅ぐとイメージが湧くという脚本だったんですけど、その部分をどう表現したらいいのか考えて、自分なりに想像してみて撮影を頑張りました”と苦労を明かした。

同じ質問に、第7話『思い出した回答』(監督:山嵜晋平/主演:須藤茉麻)に出演する染谷は、“廃校になる母校にたまたま集まった3人が、コックリさんをやるというお話で、僕は今年で33歳になるんですけど、33歳でコックリさんをやるのが恥ずかしかったですね”と振り返り、笠原がコックリさんをやったことがないと打ち明けると、“ですよね……。ジェネレーションギャップを感じています”と吐露して笑いを誘った。

また、第9話『あの人はどこにいるの?』(監督:平波亘、主演:西田汐里)に出演する都丸は、もともと怖いものが苦手だそうで“このドラマをいただいて嬉しかったんですが、怖いシーンが大丈夫かなと不安だったんですけど、撮影現場に行ったらスタッフさんが温かくて、安心して撮影に挑めました”と安堵の表情を浮かべ、“主演の西田汐里さんがすごく可愛くて、えくぼがあってずっと「可愛い」って思っていました。「ドラマは初めて」って言っていたんですけど、私よりも堂々として、しっかりとしていて、見習わなきゃなって思いました”と刺激を受けたことを明かした。

さらに、本作の内容にちなみ“背筋が冷やっとしたエピソード”を聞かれると、笠原は都内の某会場でアンジュルムの舞台に出演した際の話を始め“私が本番中に階段を移動していた時に、後ろから私の足音じゃなくて不規則な足音が聞こえてきて、ビビリなので全速力で駆け上がって逃げたんですけど、メンバーに話しても信じてもらえなくて、ほかの機会に別のハロー!プロジェクトのグループがその会場で舞台をするということで見学に行かせていただいたら、その階段の下に盛り塩が置いてあったんです!”と目を丸くし、“本当に何かあったのかなって気づいて、 勘違いじゃなくて何かが私を追ってきていたのかなと思ったことが印象的な出来事です”とコメント。

伊勢は、数日前に経験したことだそうで“お仕事から帰ってきた時はすごく元気だったんですけど、30分後くらいに眠気とだるさが襲ってきて、すぐに寝たんですけど、悪夢に襲われたみたいで、夢の内容は覚えていないんですけど、朝起きたら泣いていて、そのあとも10分くらい泣き続けました。あとで考えたら「なんで泣いていたんだろう」って思いました”というエピソードを語った。

小関は2年前に高校の友人と海に遊びに行った際の出来事として“海をバックに写真を撮っていたら、海の奥の方から小さい男の子の「グワー!」って叫び声が聞こえたんです”と興奮気味に語り、“友だちは「何が?」 って感じで、周りには誰もいなくて、私しかその声を聞いていなくてゾッとしました”と告白して報道陣を震え上がらせた。

ドラマ『ほぼ日の怪談。』(全12話)は、8月23日(日)19:00〜ひかりTV、dTVチャンネルにて配信。8月26日(水)23:00〜テレビ神奈川にて放送がスタートする。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • アンジュルム 笠原桃奈、恐怖体験を語る「後ろから私のじゃない不規則な足音が聞こえてきて……」ドラマ『ほぼ日の怪談。』完成発表記者会見にて