SKE48、“ナゴヤコロナ対策ハートフルメッセンジャー”に就任!

SKE48、“ナゴヤコロナ対策ハートフルメッセンジャー”に就任!

SKE48、“ナゴヤコロナ対策ハートフルメッセンジャー”に就任!

SKE48が、“ナゴヤコロナ対策ハートフルメッセンジャー”に就任した。

“ナゴヤコロナ対策ハートフルメッセンジャー”任命式

本日8月17日(月)名古屋市役所にて行なわれた任命式に、SKE48からキャプテンの斉藤真木子、江籠裕奈、上村亜柚香の3名が出席。

あわせて任命された、名古屋グランパスの公式マスコット「グランパスくんファミリー」とともに、河村たかし市長から任命状を受け取った。

©2020 Zest,Inc.
ツイート
©2020 Zest,Inc.

SKE48メンバー コメント

※日頃取り組んでいる感染予防対策や、メッセンジャーとしての思いなど

上村亜柚香(チームS 副リーダー):
私は密集、密接、密閉の3密を避け、仕事がない日はなるべく家から出ないようにしています。仕事でどうしても家を出ないといけない時は寄り道をせず真っ直ぐ帰り、家に着いたらすぐにうがい、手洗いをしてお風呂に入るようにしています。

江籠裕奈(チームKⅡ):
私たちSKE48は6月から無観客での公演を配信限定で行なっています。通常は16人でのパフォーマンスだったんですが、ソーシャルディスタンスを意識して、今は6人での公演をやらせていただいてます。これからもできることをしっかりとやって、ファンのみなさんへの予防の呼びかけなど、私たちからできることをやっていきたいなと思います。

斉藤真木子(SKE48 キャプテン/チームE):
私たちは普段、公演やライブのためにレッスンをするのですが、その間も窓を開けて換気をしたり、休憩をこまめに取るようにして、感染予防に努めています。そして外出する時はもちろん、屋内にいる時もマスクを着用することを心がけています。新型コロナウイルスが発生してしばらく経ちますが、私たちのような10代、20代の感染が増えているということで、より一層私たちが意識を見直して頑張っていきたいと思います。