©NMB48

©NMB48

NMB48 吉田朱里、卒業発表「最後まで全力でアイドルをやるのでよろしくお願いします!」

NMB48の吉田朱里が、本日8月16日(日)に『NMB48 LIVE!! ON DEMAND』(DMM)と『吉田朱里YouTubeチャンネル』の2メディア同時生配信番組『アカリンの部屋』内で、NMB48の卒業を発表した。

©NMB48
ツイート
©NMB48

この日、24歳の誕生日を迎えた吉田は、活動歴10年目となるNMB48の1期生。メンバー全員の悩み相談を聞くという企画を約3時間にわたってくり広げ、番組の最後に“私たちにとって1番大切な場所”というNMB48劇場のステージ上で卒業発表を行なった。

“今日は素敵な1日でした。メンバーのみんなとこんなにたくさん話せて。4期生くらいまでは話す機会は多いですけど、後輩になればなるほど会う機会も少なくて、みんなが悩んでいることに正面から向き合ってこられなかったこともあったし、最近ではメンバーに会えなかった日も続いていたので、改めてメンバーに向き合える時間ができてすごくよかったなと、私も素敵な時間を過ごさせてもらいました。みんなの悩みのレベルがすごいし、当時の私の年齢の時よりしっかりしていて、NMB48は大丈夫だと思いました”と、満足気な表情を浮かべた。

そして、“ここでファンのみなさん、メンバーのみんなにお伝えしないといけないことがあります”と吉田が口にすると、劇場に緊張感が漂った。吉田も大きく呼吸し、慎重に口を開いた。

“私、吉田朱里はNMB48を卒業します。NMB48は今年の10月で10周年を迎えます。1期生として私は活動させていただき、私もアイドル10周年、1つの大きな節目でもあるので、卒業発表をしようとずっと決めていました。ですが、このような状況でこの先、グループがどうなってしまうのかもわからない、ライブもなかなかできず、ファンのみなさんにも会えない日々が続く中で卒業を決断するのはすごくすごく迷いました。でも、自分がやりたいこととか、この先のお仕事が決まっていく中で、今ここで決断しないと、きっと、ずっと後悔したままグループに在籍することになる。頼もしい後輩メンバーがこんなにもたくさんいる中で、私がいることでそのチャンスを奪ってしまうんじゃないかなと思ったので、卒業を決断しました”と心境を語った。

“10年前、何となく受けたのがNMB48のオーディションでした。最初はアイドルというものがわからなくて、自分にはアイドルは向いていない、3年くらい経ったら辞めよう、そんな気持ちで活動していました。でも、NMB48の活動は毎日が目まぐるしくて、いつのまにかNMB48というグループに無我夢中になっていて、気がつけば10年という時が経っていました。

つらいことや、悲しいこともたくさんあったけど、そのたびにファンのみなさんが大きな愛で素敵な景色をたくさん見せてくださいました。仲間の温かさ、努力の大切さ、自分次第で夢は必ずかなえられるということ。NMB48が私の人生において大切なことをたくさん教えてくれた、青春のすべてでした。NMB48が大好きです。こんなにも自分が全力になれて、毎日毎日、グループのことで頭がいっぱいで、楽しくて、大好きなメンバーが近くにいて、素敵なスタッフさん、そしてこんなにも温かいファンのみなさんがそばにいてくれて、本当はここを離れるのがすごく寂しいです”と時折、涙を浮かべながらコメント。

“でも、これからはアイドルとしてではなく、残りの20代を1人の強い女性としてたくさんの夢をかなえるために、次は憧れのアイドルではなく、憧れの女性だとたくさんの方に言ってもらえるように、24歳になった今日、新しい一歩を踏み出そうと思います。NMB48のために私ができることは限られているかもしれないですけど、残された時間を大切に、NMB48のためにできることを最後まで全力で取り組み、NMB48はみんなの夢への第一歩をちゃんと踏み出せる場所なんだということを、私が後輩メンバーにたくさん伝えていけるように、残りの時間を大切にしたいなと思います。これからも吉田朱里、そしてNMB48の応援をよろしくお願いします。お時間いただいてありがとうございました”と、今後の展望も述べると、客席に座っているメンバーたちの拍手が響き渡った。

“言っちゃった~!”と緊張感から解放された表情を浮かべる吉田。“メンバーの顔見たらあかんな……! 誰かちょっと上がってきてよ”とキャプテンの小嶋をステージ上へ呼んだ。

“今日はお時間ありがとうございました。このために全員集めるというのは大丈夫かなとか、たくさん心配がありましたが、メンバーのみんなも協力してくれてありがとうございました。そして配信を観てくださったみなさんもありがとうございました。突然の発表でびっくりさせちゃったと思うんですけど、卒業時期とか、コンサートのこととか、いろんな問題がたくさんあるのですが、大人の人がずっとバタバタしているので、また発表できたらなと思います。やりたい気持ちはめちゃくちゃあるんですけど、いろんな状況が毎日変わっていく中で、どうなるかわからないのですけど、そんな中で卒業を決めちゃいました。今までは残る側だったというか、メンバーをたくさん見送って来て、残される側の方がつらいなとずっと思っていたんだけど、何人か先に言ったら言う方がずっとつらくて、さみしいなってすごく思いました。卒業してもみんなの力になれるような活動をしようと思うので、最後までよろしくお願いします”と、ほっとした様子で改めて挨拶した。

最後はファンに向け“みなさんのおかげですごく楽しいアイドル人生を送ることができたので、最後の時間も大切にできたらと思います。最後まで全力でアイドルをやるのでよろしくお願いします!”と笑顔を見せた。

卒業時期や卒業コンサートは追って発表される。

©NMB48
ツイート
©NMB48