<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ

【@JAM EXPO 2018レポート】MIGMA SHELTER、2人体制でオレンジステージに異彩<@JAM EXPO 2018>8月26日の「MIGMA SHELTER」オレンジステージの模様をレポート

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月26日のオレンジステージでのMIGMA SHELTERのライブレポートをお届けしよう。

ミミミユとブラジル、2人体制でのお目見えとなったMIGMA SHELTER。自らのステージを“レイヴ”と呼称する彼女たちだが、26日のオレンジステージでは冒頭から容赦ないサイケトランスで異色の存在感を放っていた。ゾンビのように気怠い動きとシャープな動きを織り交ぜ、どこか儚さを感じさせる歌声でオーディエンスを酔わせる。

MIGMA SHELTERは先日7月末にタワーレコードと@JAMが共同運営するレーベル「MUSIC@NOTE」への所属が発表されており、レイヴ後半戦ではMUSIC@ NOTE ショーケースステージでも披露した「Compression:Free」をアクト。今後の活動へ向け鮮烈な印象を残していった。

<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MIGMA SHELTER」オレンジステージ