©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

清原果耶&中川大志、映画『ジョゼと虎と魚たち』でW主演! 特報映像解禁

清原果耶と中川大志が、12月25日(金)公開の映画『ジョゼと虎と魚たち』でW主演を務めることが決定。特報映像も解禁された。

芥川賞作家・田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)。2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化され、高評価を得て話題を集めた。

そんな今も根強い人気を誇る『ジョゼと虎と魚たち』が、2020年に劇場アニメ化されることが決定。

監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を務めたタムラコータロー。満を持してアニメ映画初監督を務める。

また『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が脚本を、『妖狐×僕SS』、『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインを手掛け、アニメーション制作を『鋼の錬金術師』や『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気作を手掛けるボンズが担当する。

留学する夢のためにアルバイトに勤しむ大学生・恒夫には、テレビドラマ『家政婦のミタ』で注目を集め、以後、NHK大河ドラマ『真田丸』をはじめ数々の映画・ドラマに出演する中川大志。

可愛らしい見た目とは裏腹に口が悪い、車椅子のヒロイン・ジョゼには、NHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューを果たし、その魅力と演技力で一躍脚光を浴びた清原果耶。

さらに彼らを取り巻く主要キャラクターには、宮本侑芽、興津和幸、Lynnなどが決定している。

加えて、本作の主題歌はEveの「蒼のワルツ」に。新たな映画公開日は12月25日(金)となる。

解禁となった映像では、前半恒夫に対して“お前は今日から管理人や”と言い放ってさまざまな命令を下すジョゼと、それに対して不満いっぱいの恒夫とのコミカルなやり取りがくり広げられる。

後半は人魚のような姿になって自由に泳ぎ回るジョゼの映像とともに、彼女の“ええなぁ、お前は好きな場所に行けて”という内面を吐露するような台詞が。

恒夫の“欲しいものに手を伸ばすのがどれだけ怖いことか……”という台詞も入り、彼らの関係性や行く先に一抹の不安がよぎる。果たして2人は自分たちの望むものを手に入れることができるのか、気になる特報となっている。

映画メインビジュアル ©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project
ツイート
映画メインビジュアル ©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project
中川大志、清原果耶
ツイート
中川大志、清原果耶
中川大志、清原果耶
ツイート
中川大志、清原果耶

コメント

中川大志(鈴川恒夫 役):
恒夫を演じていけばいくほど、僕はジョゼが愛おしくて堪らなくなりました。
ジョゼと出逢って、見慣れたはずの景色がこんなにもカラフルに見えるなんて。
お客さまにも、ジョゼと恒夫とともに、劇場でその景色を観ていただければ嬉しいです。

清原果耶(ジョゼ 役):
出会うべくして出会ったような、そんな2人が手を取り合って新しい世界へ飛び出すお話です。
ジョゼを演じると聞いた時、とても嬉しく思ったことを覚えています。慣れない演技に足踏みをしたりしましたが、監督が丁寧に指導してくださり、中川さんが雰囲気を引っ張ってくださったお陰で無事に撮り終えることができました。役者が声を吹き込む、ということの意味や、監督・スタッフのみなさまの、この作品に対する情熱を現場で教えていただいた気がします。本当にありがたい経験でした。
ジョゼと恒夫のみならず、観てくださった方々に愛されるような登場人物がたくさん出てきます。
アニメーションでしか描けない映像の美しさを、ぜひスクリーンで感じていただければ幸いです。

宮本侑芽(二ノ宮舞 役):
オーディションを受ける際に原作を読ませていただき、実写映画も観させていただきました。
人間のいろんな魅力がギュギュッと詰まったとっても素敵な作品で、1度観たら、読んだら、忘れられない世界観でした。こんな素敵な作品の新たな表現の世界に携われて、本当に幸せです。
私が声を担当させていただいた舞ちゃんは、健気で、明るくて、とっても人情に熱い女の子です。
台本を読んだ段階から舞への共感度が非常に高く、舞を理解し、たくさん愛せることができたと思います。
みなさまにもこの作品をたくさん愛していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

興津和幸(松浦隼人 役):
『ジョゼと虎と魚たち』知ってるぞ、このタイトル!!?? 昔々に目にしたことがあるぞ!
でも、ジョゼって? 虎? 魚も出てくるの??と思いつつ、気になりながらも触れなかった作品です。
今回改めて田辺聖子さんの御本を拝読しました。短編ながらも、匂い立つような大阪のことば。
締め付けられる胸。素晴らしい……。
この儚く美しく濃厚な物語がどのようにアニメ映画化されるのか、私もとても楽しみです。
精一杯臨ませていただきます。

Lynn(岸本花菜 役):
オーディションを受ける際に見た企画書の中のイメージイラストがとても美しくて、繊細で、どこか儚げで。
アニメーションとしてこの『ジョゼと虎と魚たち』の世界観が描かれることに純粋にワクワクしましたので、それに参加させていただけるというのは大変光栄なことだなと思っています。
私が演じさせていただく花菜は、ジョゼが新しい扉を開けた先で出会うとても柔らかい空気感を持った女性で、作品に寄り添えるよう、自然体なお芝居を意識しました。
長年愛されている作品ですが、またさらにたくさんの方に楽しんでいただければ嬉しいです。

松寺千恵美(山村チヅ 役):
えっ! アニメの声の出演!? 驚きと喜びが湧き上がってきたのを覚えています。ずっと挑戦してみたかったアニメの声!! しかも田辺聖子さん原作。田辺聖子さんとはご縁があって、『姥』シリーズは関西芸術座で舞台化。私も出演しました。久しぶりに田辺作品に触れて、お会いした時のことを思い出しました。
ジョゼのおばあちゃんは、世の中の人を信じず頑なで一見愛想なし。でも……。
お客様がこの映画を観終わって、暖かく優しい気持ちになって帰っていただけたら嬉しいです。

Eve:
『ジョゼと虎と魚たち』の主題歌を担当させていただくこととなりました。

最初に監督からいただいた絵コンテはまるで登場人物が今にも動き出しそうで、映像が飛び込んでくるかのような繊細さと美しさに感動したのを覚えています。
丁寧に楽曲とも向き合ってくださって、時代を超えても色褪せないものとは何か。
人見知りで不器用なジョゼとの共通項を探していきながら、音楽を作っていきました。
この作品の一部分を担えることができて、とても嬉しいです。
映画館で観られる日を今から心待ちにしています。

次ページ

  • 1