吉柳咲良、心が痛くなるほどの表情で切ない恋のストーリーを彩る! 『パピコ』新WEB動画出演

吉柳咲良、心が痛くなるほどの表情で切ない恋のストーリーを彩る! 『パピコ』新WEB動画出演

吉柳咲良、心が痛くなるほどの表情で切ない恋のストーリーを彩る! 『パピコ』新WEB動画出演「“THE青春”というようなシーンをたくさん経験させていただきました」

吉柳咲良が出演する『パピコ』の新WEB動画「青春って、ニコイチだ」特別篇が、パピコの日の8月5月(水)0時からキャンペーンサイト及び YouTube グリコ公式チャンネルで公開された。

本動画には、お笑いコンビ『アインシュタイン』(稲田直樹・河井ゆずる)も出演し、楽曲の歌唱をシンガーソングライターのコレサワが担当。7月22日よりパピコTwitterアカウントで順次公開していたショートムービー(全7タイトル)の本編となり、アインシュタインは今回から初登場となる。

WEB動画では、青春のワンシーンに寄り添う『パピコ』を描き出すというコンセプトのもと、“青春って、ニコイチだ。”というキャッチコピーとともに、“青春”とは切っても切れない関係にある淡く切なく甘酸っぱい“恋”のストーリーと、青春を謳歌する登場人物たちの側にある『パピコ』を表現。

本動画に先駆けて公開中のショートムービーでは、『パピコ』をお供に教室で勉強をしたり、友達と花火をしたり、帰り道に橋の上でたそがれたりするヒロインの女子高生・吉柳咲良の何気ない青春のワンシーンを描いているが、今回の本編ムービーでは、実は彼女はアインシュタインの稲田が高校生の時に密かに想いを寄せていたクラスメートということが発覚。すべての映像は高校生の稲田の視点から捉えた、青春のひとコマだったことが、吉柳と過ごした回想シーンを通じて明らかとなる。

吉柳の明るく弾ける笑顔や天真爛漫な表情、高校生の稲田役を演じる若手俳優・大越晴護との胸キュンシーン、そして、これが演技初挑戦とは思えない稲田の魅力的なお芝居、相方・河井ゆずるとのほっこりする掛け合いなど、見どころ満載の作品に仕上がっている。

また、動画のテーマソングの歌唱は、シンガーソングライターのコレサワが担当。歌詞は、新進気鋭の若手歌人、木下龍也・岡野大嗣・初谷むい・田中ましろが詠んだ短歌でてきており、切ないメロディとコレサワの愛らしい歌声によって、描かれている青春の切なさがグッと引き立てられている。

『パピコ』新WEB動画「青春って、ニコイチだ」特別篇より

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 吉柳咲良、心が痛くなるほどの表情で切ない恋のストーリーを彩る! 『パピコ』新WEB動画出演「“THE青春”というようなシーンをたくさん経験させていただきました」